Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


大阪市では平成27年10月から介護予防ポイント事業がスタート

2016-10-13 02:52:23 | 医療・介護・福祉行政
  • 介護予防ポイント事業

大阪市では平成27年10月から介護予防ポイント事業がスタート

介護予防ポイント事業とは

65歳以上の方が受入登録をされた介護保険施設・事業所において介護支援活動を行うことにより、活動実績に応じてポイントが付与され、蓄積したポイントを換金することができる事業です。 高齢者の外出の機会の増加や社会参加の推進を図り、高齢者自身が社会的な役割を持つことで生きがいや介護予防につなげることを目的にしています。

イメージ図 スキーム図

事業の流れ

1 登録研修の受講及び参加登録をおこなう

やる気のある老人
  • 参加対象者:大阪市在住の65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)

参加を希望される方は、登録研修(3時間程度)を受講していただいたうえで、登録手続きを行い、ポイント手帳の交付を受けます。

2 活動施設を選択する

受入施設として登録された大阪市内の介護保険施設・事業所の中から、活動を希望する施設に連絡し、施設と相談の上、活動日や内容を決めます。

※受入施設・事業所一覧

3 施設で活動を行い、ポイントをためる

施設での活動時間に応じて、施設からポイント手帳にスタンプが押されます。

■ 対象となる活動

  • 施設・事業所内において職員とともに行う軽微かつ補助的な活動が対象となります
  • 1.行事、レクリエーションなどの補助
  • 2.話し相手
  • 3.食事介助の補助(テーブル拭き、配膳、お茶出し等)
  • 4.入浴介助の補助(整髪等)
  • 5.清掃(入所者・利用者が使用する場所)
  • 6.館内移動、外出(散歩等)の補助
  • 7.衣服の繕い、洗濯物の整理、ベッドメーキング
  • 8.その他 1~7に準ずる活動
  • ※参加者が活動中に万が一ケガをされた場合や入所者・利用者の方にケガをさせるなどにより損害賠償責任を負った場合に備え、大阪市市民活動保険に加入しています。
  • 大阪市市民活動保険について
話し相手

■ ポイントについて

  • 30分以上2時間未満の活動……1ポイント
  • 2時間以上の活動……2ポイント
  • ※一日の上限は2ポイント

4 ポイントの換金申請をおこなう

  • 活動によって蓄積したポイントは換金の申請ができます。
  • ポイント交換申請書に必要事項を記入の上、大阪市社会福祉協議会へ申請書を送付してください。
  • 1ポイント 100円換算
  • ※10ポイント(1,000円)から換金が可能
  • ※換金の上限は年間80ポイント(8,000円)
  • ただし、平成27年は20ポイント(2,000円)
  • 1月~12月までに蓄積したポイントは翌年12月まで有効です。

5 入金

  • 指定された金融機関の口座に振込を行います。
  • ※ただし、介護保険料を滞納している場合は換金はできません。
金融機関

受入施設募集中

【登録方法】 次の書類を大阪市社会福祉協議会へ提出してください。 ●提出書類及び提出方法 ①受入施設・事業所届・・・・受付窓口まで郵送又はご持参ください。 ②施設情報提供シート・・・・・・受付窓口のメールアドレスへデータで送信してください。

その他様式はこちら

お問い合わせ・受付窓口

●お問い合わせ 大阪市社会福祉協議会 介護予防ポイント事業担当 〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町12-10 TEL 06(6765)5610 FAX 06(6765)5607 メール kypoint@osaka-sishakyo.jp
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TETSQUA IKACHI(私の命を大地... | トップ | スウェーデンの社会保険制度2... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む