Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


イエス:事実通り皆さんはすべて賢明で愛に溢れた存在であり、それが皆さんの特質。 [イエス:ヨシュア]

2017-06-02 10:29:56 | きらきら星へようこそ☆

きらきら星へようこそ...☆

イエス

Jesus

事実通り皆さんはすべて賢明で愛に溢れた存在であり、それが皆さんの特質。

Truly, you are all very wise and loving beings, that is your nature.

 

April 11, 2017
ジョン・スモールマン経由
By John Smallman

一度大多数の人類によって、分離は存在しない、すべてはひとつである、という実感が一般的に認められ称賛されるようになれば、そして今これは実際に非常に急速に起こっていますが、その結果、世界中の対立と、激しく破損した少数の人々による神の最愛なる無数の子供達の酷使と虐待は、止むことになるでしょう。

今、皆さんの報道媒体の至る所で、特に代替の消息筋で、これに関する数々の兆しが報告されています。

そしてその報道だけでも、物事は惑星上でほとんどいつも悪化の一途をたどっている、と感じてきた数多くの皆さんの気分を高め、元気付けています。

 

皆さんは、皆さんが幻影という夢からの目覚めに取り掛かる時に、皆さんの注意を払う場所を選択することができます。

数多くの人々に実感されてきたように、皆さんの注意の焦点を合わせる対象は皆さんが経験する物事です。

そして惑星上には、世界規模であれ家族の内部であれ、皆さんの注意を横取りしがちな痛み、苦悩、そして対立の代わりに、皆さんが焦点を合わせるべき良い知らせが豊富にあります。

人類は、悪い知らせに魅了され、引き寄せられます!

皆さんの焦点を変えて、良い知らせを探して、それに焦点を合わせてください。

その一方で、苦悩している人々に愛を送ることを意図してください。

 

もしも対立と苦悩が猛威を振るう領域で生きるまたは働くことが転生に先立つ皆さんの選択になっていたとすれば、その結果皆さんは、そこにいるでしょう。

もしその場にいないならい、その時それは皆さんの道筋ではなく、それならそういった地域に愛と癒しを送ることを意図して、皆さん自身の日々の活動の中で愛情深くなってください。

何故なら、今皆さんがいる場所は、皆さんがいるように意図された場所になるからです。

皆さんの霊の仕事は、非常に強力な皆さんの個人的なエネルギー場が拡大して、その人々の目覚め、人類の目覚めを支援するために、とにかく何らかのやり方で接触を持つすべての人々を、皆さんが包み込むように、そういった日々の生活の中で充分に生き生きとして、充分に愛情深くなることです。

それが地上にいる皆さんが行うべきことであり、皆さんが世界の他の地域の中で起こっていると気付いている恐怖と破滅的状況に対して、自暴自棄と絶望の状態で嘆くことではありません。

 

皆さんは、光の存在達です!

もしも皆さんがそうでなければ、皆さんは今この言葉や、他の交信を読んでいることはありません。

その交信の唯一の目的は、その非常に注文が多い目覚めの中で愛を込めて人類を支援する時に、皆さんを支援することです。

そして光の存在達として、皆さんはただこの目的のためだけに転生しました。

他の人々が行っていることに目を向けて皆さん自身を不適切、怠惰、あるいはほとんど役立たないと判断しないでください。

何故なら、皆さんが行っていること、今回の転生の中の皆さんの神聖にして霊的な仕事である光を維持することは、人類の目覚めの過程の絶対に不可欠な部分になるからです。

皆さんはいつも正確に皆さんがいることを運命付けられた場所にいます。

皆さんが行うべきことは、ただ愛情深くそしてあらゆる瞬間に断定的判断を持たずに生きることによって、その光を高く掲げることだけです。

 

数多くの皆さんが、愛されていない、と感じます。

人間として成長することが難しい理由は、皆さんがその中で個人的な進化を経験する幻影は、分離の経験が体験されることを可能にするために構築されたからであり、そして分離は極端に辛いものになるからです。

人間として、その成長の過程の不可欠な部分は、他の人々からの分離を学ぶことです。

まず皆さんの両親からの分離を学ぶこと、そして次に、世界は皆さんの周りを回転しないという高まる認識を学ぶことです。

皆さんがちっちゃな子供で皆さん自身のために何もできなかった時にそう見えるものとは異なり、しばしば皆さんは、提示されないか差し控えられる愛と容認を探し求めている離ればなれの存在であることを、実感します。

 

それで最初皆さんは、皆さんが非常に虐待される環境に生まれたのではない限り、夜も昼も保護されました。

次に皆さんが成長した時、皆さんと皆さんの両親または介護者との間で自我の対立が生じました。

皆さんの望みとその人々の望みが一致せずに、遠く離れました。

ほとんどの皆さんが愛されないと感じた理由は、皆さんの要求が瞬時に満たされなかったからです。

成人期の中で、皆さんはそうした若い頃に起こった物事を理解することができるようになりました。

それにもかかわらず、情緒的な痛みは、皆さんが理解したように、皆さんの満たされなかった要求が化膿を引き起こして毒性を持つ状態になりした。

 

成人期は、その明らかな愛の欠如やその理解されないか重要ではない、といという感覚と皆さんは折り合いをつけることができ、そしてそうすることが必要な時期です。

世界のより裕福な部分にいる数多くの人々は、心理療法を通してこうした辛い問題を解消しようとしていますが、しばしば大した成功を納めません。

皆さんは霊的な存在であり、幼児期の間に物質的ではない他の領域の気配を体験した数多くの皆さんにとって、その知識はいつも皆さんと伴にあります。

しかしその一方で、ひとりの人間として日々の人生の目移りは、その代わりに、皆さん自身の利己的な要求や言動は言うまでもなく、皆さんが接触を持つこれほど数多くの人々の利己的な言動に焦点を合わせることに皆さんは気付いてしまうため、皆さんが皆さんの注意をその領域に集中する気を鈍らせます。

その結果として、皆さんの霊の起源の記憶は失われるか、忘れ去られる傾向を持ちます。

 

皆さんは今そしてこれからいつも霊的な存在であり、そして人間の人生の心的外傷からの回復は、ただ皆さんの霊的な面、皆さんの本当のさらに高い自己を発達させ進化させることによってのみ達成することができるものです。

数多くの人々が極端に役立つ瞑想に気付く理由は、それがその人々が減速する、または今という瞬間の中で存在しないようにするその人々の精神を通り過ぎる目移りの絶え間ない一連の流れを止めることを、可能にするからです。

それが起こる時、生命はただ日々の生活の中で経験される物質的な身体を持つ人生だけではなく、遙かにそれ以上で、単に活動的で物質的な人生ではできない安らぎ、歓び、そして満足を提供することを意識する空間が存在します。

 

皆さんの霊的な意識が成長するにつれて、皆さんの直観、皆さんの内面の認識もまた進化します。

そして皆さんがそれに注意を向けてそれに耳を傾ける時、気が付くと皆さんは、人間の経験の不可欠な部分として生じるその問題や課題に対処する時に、さらに啓発されたあるいは成熟した意思決定をしています。

次に、皆さんの成長する叡智と人生への対応の結果として、気が付くと皆さんは、以前はひとつの絶え間ない不一致と対立の場所に見えたひとつの世界の中で、安らいだ状態になっています。

人生の霊的な側面に意識を集中することで、その時皆さんは、皆さんは皆さんのためにどれほど遥かに簡単に人生が流れるか、ということを自覚するため、皆さんのさらに多くの時間を取り始めます。

次に人々は、皆さんのエネルギー場の安全と静寂のおかげで、そして皆さんが断定的判断をせずに、その人々がそれを求める時に、皆さんはただ助言を提示しながら耳を傾けて聞く能力を持つ、という理由から、導きを求めて皆さんを探し始めるようになるでしょう。

 

事実通り、皆さんはすべてとても賢明で愛に溢れた存在であり、それが皆さんの特質です。

皆さんはただ、寛いで、日々内面に向かい、神の愛の光が絶え間なく輝く皆さんの聖なる祭壇で皆さん自身を新たにすることだけが必要になります。

皆さんがする必要があるのは、それがすべてです。

それが神に帰順するという言葉が意味することです。

皆さんがそれに慣れるにつれて、気付くと皆さんは、今後そうなるように、皆さんがそれを操作するどのような必要性も持たずに人生が展開することを許すようになるでしょう。

皆さんがそれを行う時、皆さんの人生の中の他のすべての問題や課題は、遙かに効果的かつ円満に解消されるとになるでしょう。

 

皆さんの愛情溢れる兄弟、イエス。

Your loving brother, Jesus.


https://johnsmallman2.wordpress.com/2017/04/11/truly-you-are-all-very-wise-and-loving-beings-that-is-your-nature/

 

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Beneficiary‘s Personal Pens... | トップ | フルフォードレポート英語版(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

きらきら星へようこそ☆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL