Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


あなたと共に根源まで浄化される~スピリチャルティは、聖なるアメリカから発進され日本で開花する

2017-06-14 23:22:37 | Ray Nitchie Eldred

4月4日:シェルダン・ナイドルニュースでは「あらゆる嫌な病気から解放され、素晴らしい若返りの術もみなさんに与えられます。全ての人にとっての、真にミラクルな時がやってきます!」と言う光のメッセージは、ちょうど同じ時期にベンジャミン氏も話していましたね。

日本は世界の縮図で聖なる地勢を負っています。その意味は、地球の陰(闇)・陽(光)の核が同時に「日本に存在する」ことになります。その核の作用で人類は進化し続けます。当然、今世界で起きている問題の発信地は日本になるということです。つまりシリヤやエジプト、北朝鮮やヨーロッパ、そしてアメリカ合衆国の問題などあらゆる社会の揺さぶりは、日本から発進されていることになります。

この調和を諮っていくのが陰・陽に秘められた日本の役目に他なりません。日本の誰がどのようにしているかに関わらず、アメリカ合衆国はシリヤや北朝鮮に圧力をかけ、新しい貨幣(新米ドル)を発行して世界の覇権は引き続きます。ベンジャミン氏もが言うように中国が経済的にアメリカを支えているというのは意識的な話で、古代のエジプトもローマ帝国もそして古代中国も、そして日本の皇室もナチスもそうであったように彼らは財宝の奪取を目的として支配権を争ってきました。

地球に人口が爆発的に増えた時期の帝国としてのアメリカ合衆国も過去にない膨大な財宝を蓄えています。またアメリカ合衆国はその急速に進歩した科学技術と情報管理技術を馳駆しして金銀財宝など世界の歴史的財宝を管理しています。そして、そしてヨーロッパは金融技術の創出権があり、使用権は世界の債権者としてアジアの日本にあるという仕組みになっています。そのアメリカが崩壊するというのは便法に過ぎません。アメリカも日本が支えているのが歴史事実だからです。その由来は日本は遠くアヌンナキの時代より黄金の集積地として、今日もエジプトとの間で役割を担っています。そのために高度な深海艇が行き来してエジプトとの関係を維持し、そしてアメリカはもちろんヨーロッパの経済を動かしていました。それが本当の日本の姿です。

ベンジャミン氏が広報している世界の情勢は、日本の闇(過去となった時代の仕組み)の動きです。もし、このまま新しい統治と金融経済が進行したら一次的には幻のハッピーに酔わされますが、もしそのようなことが一時的にあったとしたら、アトランティスの崩壊以来、古代に何度も起きたように人々はまた怠慢と頽廃を繰り返すことになります。日本の闇が世界を動かしているため、米国には覇権に執着する輩がいて、日本の闇の出先である北朝鮮を挫くグループがいます。シリアも同じ様に、それが結果的に本体の日本の暗部を照らしてゆくことになります。

ようやく闇の垢が削ぎ落とされようとしている時、人類は賢明でなければなりません。注目していただきたいのはSNNのメッセージには1つの特徴的なことがあります。それはポジティブな流れのときには必ず「ファーストコンタクト」に言及することです。昨年、2017年は流動的なことが起きることを提示してくれましたが、その通り思いもかけないことが次々に起き、瞬く間に日本は戦争に巻き込まれるような風潮さえ起きています。

ちょうど闇夜にフラッシュのように、劇的な人の誠心に反した科学的で機械的な様相を感じます。これが闇と光の攻防が地上の歴史を刻んでいるあらわれでしょうか? 流動性というのは幾何学的・数学的反応現象でしょうか?答えは「ファーストコンタクト」に言及する理由にあります。

天命の転換は、現在の人類の思い一つによります。人々が奴隷状態から一刻も早く抜け出し、本来の姿を取り戻すこと(全体の6%)に他なりません。その結果が天に顕れ「ファーストコンタクト」に言及する必要がなくなる新たなステージが宇宙間に構成されるからです。その時、闇の動きは瞬時に封印され、闇は光に変ります。

このメッセージをご参照いただきたいと思います。

 SNN 2016年7月5日から「目から鱗が落ちる」 http://blog.goo.ne.jp/adachi4176/e/9163efb49371a975a2b760aa2b605661

ファーストコンタクトは天が許した計画ですが、その計画は大きく変ります。新しいステージは光にとっても闇にとってはまったく予想外の仕組みです。全ての生命のためにそれは奇跡的な朗報です。しかし、闇と光は、天が許した計画を全うし続けます。その間7次限の新しい仕組みの準備が進行しているため、理解できないようなことがこれから起こってきます。お楽しみは、海底でぶくぶくと小さな泡になったばかりです。どうか静かに観察を続けてください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SNN 2016年7月12日: 「相互扶... | トップ | 日本列島(台湾を含む)は、”... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む