Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


メリー・マグダレン : 2016年10月9日 [メリー・マグダレン]

2016-10-19 20:14:36 | 今日のシンクロニシティメッセージ

きらきら星へようこそ...☆

メリー・マグダレン
Mary Magdalene

2016年10月9日
Sunday, October 9th, 2016

アン・ダールバーグ経由
Channel: Ann Dahlberg

 

わたしはメリー・マグダレン。

そしてわたしは今日、皆さんがわたし達や皆さん自身に与えてきた大いなる信頼、そのため現在まで地上で行われてきたすべての努力が実を結んでいることに対して、単純に地上の皆さんすべてに感謝をしたいと思います。

わたし達は、皆さんが明らかにしてきた途方もない忍耐に感謝しています。

これが今度は皆さんを、大いなる移行の時期の間に現れることがある数々の困難を最小限度に抑えることができる状態に導いてきました。

ひとつの次元から次の次元への移行はいつも扱い難く、そしてその移行が闇から光になる時には、その移行は必要以上に難しいものになります。

考えるべき数多くの要因があり、そして皆さんはこれをとても良いやり方で扱ってきました。

わたし達は皆さんの進歩を誇りに思い、そしてわたし達は、地球が今祝福されていることを確認することができます。

 

この地球上の存在達のための人生が日に日にさらに明るくなっているため、地上で生きているすべての存在達は、安堵の溜め息を吐くことができます。

今後皆さんは、直ぐに地平線に太陽が昇る姿を確認することになるでしょう。

そして今まで皆さんは、決してさらに美しいひとつの太陽を確認したことはありませんでした。

太陽はこの惑星のひとり庇護者と生命の与え手としてのその役割の中で、成長を遂げています。

その光が既に根付いている姿と地球が今すべての傷を癒すその過程の中にいる姿を太陽が確認する時、太陽のこころは今、その胸の中ですこし速く鼓動しています。

太陽からの光は癒しの効果があり、できるだけ外にいて自分自身を癒し養生することは、良いことです。

 

地球のすべての元素の中にいることは良い事ですが、それは皆さんの身体は地球、風、水と同じ元素でできているからです。

わたし達は、大気と光を含めて、地球の組成と同じです。

わたし達はわたし達の周りの自然を理解し、感謝して、そしてこのようにわたし達自身も理解し、感謝することが必要になります。

わたし達は、地球で生きる“存在”であり、太陽と“ひとつ”です。

わたし達はすべてわたし達の周りで光を放つひとつの輝きを持ちます。

それは、皆さんが気付く程度に応じて、多かれ少なかれ目で見ることができます。

大切な地上の子供達、しかしその一方で、皆さんの光の身体は成長を続け、皆さんの高まる意識と伴に成長します。

ですから、その光は今、地球の周りのすべてで光を放ち、輝きます。

その光が輝き、音を立てる姿をわたしが確認する時、それはわたしのこころを温かくします。

新しい光の身体が明るくされて、今皆さんの世界を照らし出す時、それはいつも以上にこころを打ちます。

 

ある人が下を見て多彩な色で輝いているこうしたすべての光を確認する時、それは地上で今、数々の星が散りばめられたひとつの空のように見えます。

その色彩は魅力的です。

皆さんの光の身体の中には信じ難いほど数多くの色彩があり、眺めるとそれほど美しいものです。

歓びのためにひと粒の小さな涙がわたしの目からこぼれ落ちるのは、皆さんが今ようやく皆さんの道の上にいて、そしてわたし達が直ぐに出会うからです。

その光の中でもう一度すべての皆さんの帰りを歓迎する状態になることは、どれほど素晴らしいことでしょうか。

 

わたし達は、出会うことを楽しみにしています。

そしてわたし達は、この日が今までよりも速く近付いている様子を確認することができ、このことを最も感謝しています。

それはひとつの長い待ち時間になっていましたが、しかし皆さんが最後にここにいる時には、その歓びは、遥かに大きなものになります。

 

わたしはここで、わたしのこころの中の沢山の希望と大いなる愛を託します。

 

愛を込めて、

Lovingly,

 

メリー・マグダレン

Mary Magdalene


Translator from Swedish to English: Per Staffan
Source: www.sananda.website

http://sananda.website/mary-magdalene-via-ann-dahlberg-october-9th/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 諏訪の守矢家と物部守屋の関... | トップ | 公共経済:介護支援ボランテ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む