Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


故郷への長い路 [イエス:ヨシュア]

2017-05-15 23:06:58 | きらきら星へようこそ☆

きらきら星へようこそ...☆ 

ヨシュア・ベン・ヨセフ(イエス)
Jeshua ben Joseph (Jesus)

故郷への長い路
The Long Road Home

Posted on Nov 7, 2015
ジュディス・コーツ経由
Channeled thru Judith Coates

November 2015

最愛なる者、わたしは今、故郷への長い路について、あなたと話をしたいと思います。

あなたは、数多くの生涯の間、あなたは故郷にいない、あなたはもう一度故郷を見付け出したい、と感じてきました。

あなたは、時に両親や年老いた世代の人々に、“故郷は何処にあるの?わたしは故郷に帰りたい”、と話してきました。

そしてその人々はあなたに、“おや、まさにここがあなたの故郷だ。

わたし達はここにいる:これがあなたの故郷だ”、と話してきました。

そしてあなたは、“違う、この故郷ではなくて、わたしのこころの中で憧れている故郷のこと、わたしが憶えていて、それでも全くそれを目で見ることができない故郷のことなんだけど。

そしてわたしはそれを全く見付け出すことができないけど、でも何処かに自分の故郷があることは分かっている”、と話してきました。

 

今まで皆さんは、故郷への長い路を進むことを選んできました。

これについて何も言うことはなく、今まで皆さんがしてきたことはとても良いことです。

皆さんはあらゆる場所を歩き、あらゆる物事を確認し、すべての仲間達、密度の高い身体とひとつになっているすべての兄弟姉妹達を訪ねることを選択してきました。

皆さんは、あらゆる迂回路を知り、あらゆる詳細を知り、あらゆる場所を歩くことを選んできました。

そして皆さんは、あらゆる物事と皆さんが行くあらゆる場所を選んできました。

何故なら、皆さんはどのような物事も見逃したくなかったからです。

 

時に皆さんは、自己を裁きました。

皆さんがひとつの道を下っていた時、皆さんは、“さて、これは本当に遠回りだ。

そしてわたしはそうすべきではなかった。

わたしはこれを行ってかなりの時間を無駄遣いしていると口にしました。

それでも皆さんは、その長い路を下って行く選択をして、さらに豊かになっています。

それでわたしが既に伝えたように、これについて何も言うことはありません。

実際に、もしも意見があるなら、皆さんが創り出すことができるあらゆる物事を認識し、もしもそれが楽しいと感じないならそこからの皆さんの出口を創り出す方法を認識することは良い選択だ、ということになるでしょう。

 

皆さんは、探究心を持ちます。

皆さんは、“わたしは愛とは異なる何を創り出すことができるのか?”という所まで、他にあるものを認識することを望みます。

 

それで皆さんは、数々の状況を創り出します。

そして皆さんは、それは愛ではない、と直ぐに認識するかもしれません。

それは心地良くない。

次に皆さんは、時には自己を責めて、“さて、わたしは何故これを選んだのか?”と口にし始めます。

その道の先にあるものを知り、再びその路を下る必要がないように、皆さんはそれを選びました。

時に皆さんは、その路を下る選択をして、これは大丈夫だと思います。

何故なら、皆さんは間違いなく実際に同じ選択をして、同じ経験を積むからです。

皆さんが同じように見ける路を下る度に、皆さんは少し違う経験をします。

ここで、一部の皆さんにとって、皆さんが故郷で一緒に成長してきたものはもしかするとすべて愛に溢れていないかもしれないことを、わたしは認識しています。

皆さんがそれを選ぶ理由が分かりますか?

そして皆さんは実際にそれを選択します。

皆さんはひとつの筋書きとひとつの選択を考え合わせます。

皆さんはこれを転生の前に行います。

皆さんは、大まかなやり方で、詳細まで詰めずに大まかなやり方で、今後皆さんはどの種類の筋書きを演じることになるか、ひとりの役者としてどの種類の役割を演じることになるかを選びます。

 

数多くの人々が、生物学的な家族やその生い立ちの中で、ちょっとした困難を選択してきました。

ひとつの育成というよりも、むしろ少し抑圧された状況になってきたものです。

その時皆さんは、皆さん自身に“何故これがわたしに起ったのか”、と話してきました。

 

皆さんは、皆さんが経験してきたものをおそらく皆さんが形作ってきたことを理解しています。

そしてその時皆さんは、“わたしは何故そのようなことを選択しようとするのか?”と疑問に思ってきました。

皆さんは、皆さんがどれほど強いか、そして愛はどれほど強いかを皆さん自身に証明するために、それを選択してきました。

何故なら、皆さんの成長期の中で皆さんに何が起ってきたとしても、皆さんの成人期は、たとえ皆さんに何が起っていたとしても、皆さんは愛の力を感じ、その愛を他の人々に投げ掛けることができるからです。


皆さんは配偶者を見付けてきました。

皆さんは、小さな子孫を見付け出しました。

そこで皆さんはこころを広げて、純粋な愛で子孫たちを愛しました。

その通り、しばらく後で、それは少しそれに関する世界的な判断に染まるかもしれませんが、しかし皆さんが与える皆さんの基本的性質と基本的な贈り物は、愛です。 

 

皆さんがしばしば特定の論文、特定の記述の教師になっている皆さん自身に気付く理由は、皆さんは愛の力を認識しているからです。

人々は、愛を受け入れて、愛の力を感じる方法で癒されることに飢え、渇望していることを、皆さんは認識しています。

皆さんが教師の役割を受け入れるのは、これがその理由です。

何故なら、皆さんは愛の力を認識しているからです。

たとえ過去において皆さんに何か起ってきたとしても、それはただ皆さんに愛の力をさらに確信させただけであることを、皆さんは認識しています。

それで次に、皆さんは深呼吸をして、こう口にすることができます。

 

“さて、ほら、それは素晴らしい;大丈夫、わたしはそれをまったくそのように理解しなかった。

わたしは失敗者だと考えた。

わたしはあらゆる悪い物事を行ったと考えた。

参った、もしもわたしがわたしと一緒に成長して生きてきたこの泥と泥濘のすべてを選んだとすれば、わたしはそれを選択するほど愚かだったのかもしれない、とわたしは考えた。”

 

しかし皆さんは、決して愚かではありません。

皆さんは、愛の力を感じるために、今後皆さん自身や他の人々に目覚めをもたらす皆さんの聖なる自己から選択します。

皆さんが特定の奇術に引き付けられるのは、これがその理由です。

それは、皆さんがそれを経験している時に、皆さんがこう口にする特定の経験を皆さんが選択する理由です。


“わたしはこれに対処する方法が分からない。

わたしはわたしがこれに対処できるとは思わない。

わたしは、微かな光さえ確認できない。

わたしがそれを対処できると、わたしは思わない。”

 

そして次に皆さんは、別の年、5年、10年の間その路を下り、そして皆さんは振り返って、“畜生、しかしわたしは確かにそれを突き抜ける強さを持った。

それは簡単ではなかった”、と口にします。

そう、それは簡単ではありませんでした。

しかし、皆さんの内部の愛の力は、既にそれを通過したところまで皆さんを運び、皆さんの内部の愛の力があらゆる物事を癒します。

それは、人間関係を癒します。

それは、その身体を癒します。

それは、皆さんが経験するあらゆる物事を癒します。

それは、ありのままの皆さんと皆さんの役割の姿です。

何故なら、皆さんは愛だからです。

そして皆さんは、既に許しの力を認識することを選択しています。

 

その中に力があります。

他の個人のための力ではありません。

それは決してどのような許しも感じないかもしれません。

それは実際にかなりの自己や他のあらゆる人に対する判断を含むかもしれません。

そうではなく、皆さんのための力です。

皆さんは許しを与えています。

そして皆さんは、愛の空間、癒す空間の中にいます。

そして、許しにとって遅すぎることは決してありません。


あなたがしなければならないことは、愛の単純さに留まることだけです。

わたしがあなたを聖なる子供と呼ぶことを選んできたのは、これがその理由です。

何故ならあなたは神聖だからであり、何故ならあなたはその子供だからです。

あらゆる物事にとても胸を躍らせる子供として、思い切ってその人生を生きてください。

あらゆる物事は、その無邪気な子供へのひとつのおくりものです。

あらゆる物事はあなたが探索し、理解し、別の個人に与えて共有すべき素晴らしいものです。

 

その小さな子供は、無邪気さの中でとても活き活きとしています。

それは事実通りあなたのありのままの姿であり、あなたの役割です。

わたしがあなたを聖なる子供と呼んできたのは、それがその理由です。

何故なら、あなたの受け継いだもの、あなたの本質は、単純で無邪気なものだからです。

ひとりの小さなこどもとして、あなたは現れて経験によって学びます。

次に後になって、あなたはあなたの選択に疑問をもつかもしれません:“何故わたしはこうした両親を、この経験を選んだのか?”

 

あなたが選んだ理由は、それが愛の力を認識し、あなたの力を愛として認識し、そしてあなたの周りで何が起り続けるとしてもその空間の中に留まり、そして自己を最高に評価するひとつの機会になるからです。

何故なら、既にあなたは実験し、冒険し、経験することを選択しているからです。

 

あなたは知ることが好きで、“わたしは今日、何を発見することができるのか?

わたしは今日、誰を見付け出すことができるのか?

もしかすると、わたしは今日ひとりの新しい友人を作るだろう”、そしてあなたはそうします。


“もしかすると、わたしはわたし自身と仲良くなるでしょう。

嗚呼、自分自身は何処にいるのか?”

そしてあなたは、ひとりの人間の経験を持っている神聖なエネルギーになることが意味することに関して、あなたの理解をさらに深めて行きます。

 

それを最大限に生かしてください。

あなたがあなた自身に人間の経験を授けてきたのは、これがその理由です。

切り離された自我があなたにこう言う時、心配しないでください。


“まあ、ともかく、おまえは心配すべきだ。

おまえは子供達を心配しなければならず、おまえは両親のことを心配しなければならず、おまえはおまえの健康を心配しなければならず、おまえは家計のことを心配しなければならず、おまえは渋滞を心配しなければならない。”

 

あなたが心配を続ける何かがいつもあります。

あるいは、あなたはあなたの今の姿になって、あなたは神聖なる秩序によってここに送り込まれている愛であることをあなた自身で深く知ることを選ぶこともできます。

あなたが生まれる前に、さらに多くの愛のためのひとつの秩序が存在してきました。

そしてあなたは、既に“解った、行くことする”と口にして、そうしてきました。

あなたは、たまに別の人と愛を共有するひとつの場所に現れました。

批判されることがない開かれた簡単な愛です。

それはまさにその通りで、心地良く感じます。

そしてその空間の中には、あらゆる物事の癒しがあります。

身体の癒し、情緒の癒し、おそらくあなたがそれほど健全で癒えているとは判断しないすべての経験の癒しです。

もしかすると、さらにあなたが虐待的で辛辣だったと受け止めた経験のことかもしれません。

真の愛を認識することに中に癒しがあります。

人間の愛だけではありません。

あなたが経験してきたように人間の愛は現れて過ぎ去りますが、しかしあなたの神聖なる自己は時間の前から存在する愛であり、そしてこれからも時間それ自体を超えて存在することになるでしょう。

それがありのままのあなたです。

そして、その通り、それを認識し、それを感じることができます。

意識の奥深くでそれを認識して、大喜びしてください。

 

そうあらしめよ。

So be it.

 

ヨシュア・ベン・ヨセフ(イエス)


ジュディスを通した表現として

– Jeshua ben Joseph (Jesus)

in expression through Judith


http://www.oakbridge.org/articles.php?aid=254
http://cosmicgaia.com/jeshua-ben-joseph-jesus-the-long-road-home/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1章 ゲーム、コード、そし... | トップ | バシャール:  月を活用する »
最近の画像もっと見る

あわせて読む