北海道東部の屈斜路(くっしゃろ)湖(弟子屈〈てしかが〉町)で、結氷した湖面が道のように隆起する「御神渡(おみわた)り」が現れた。

 御神渡りは、寒暖差で湖面に張った氷が膨張と収縮を繰り返し、亀裂した氷がぶつかり合って盛り上がる自然現象屈斜路湖では観光名所の「砂湯」の北側で見られ、隆起した道筋が湖岸から沖合に向かって稲妻のように続いている。この場所では昨年は見られなかったという。

 隆起の高さは1メートルほどで、断続しているところもあるが、太陽光でペパーミントグリーン色に透ける氷が神秘的だ。弟子屈町の自然体験施設「川湯エコミュージアムセンター」によると、大きな寒暖差が続き、雪に埋まらなければ、さらに隆起する可能性があるという。(奈良山雅俊)