Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


4月14日:マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ

2017-04-15 23:42:09 | 今日のシンクロニシティメッセージ

NEW! 2017-04-15 23:25:09

 

http://www.galacticchannelings.com/english/mike14-04-17.html

4月14日:マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ

期待されている変化が起きる事で、バイブレーションは高まっています。更に、みなさんの太陽はより明るく輝いているように見え、色も白っぽくなったとの報告も入りました。もちろんながら、バイブレーションは敏速に上昇しつつあり、それが一定の地点に達すると、瞬時にアセンションが起きるようになっています。以前にも申した通り、準備の出来ていない魂たちは、地球に似た星にてその進化の道を継続します。そして、以前にも既に聞いていると思いますが、高バイブレーションがもたらす変化とは、みなさんをより光と愛へと上昇させてくれるものなので、ありがたく受け取るようにとの事です。そして、低いバイブレーションも転換されつつあり、その証拠は動物の世界で頻繁に現れています。それは、意外な動物の平和的な組み合わせが起きる事で、“ライオンと羊が共に寝そべる”という聖書の予言が実現するような時です。

人類のバイブレーションも上昇しているので、より高いバイブレーションは人類の魂も上昇させます。その証拠として、地球の市民は継続する戦争や暴力に反対を表明し始めています。人々は、人の命の喪失は言うまでもなく、戦争に関連する望まない事の全てに疲れ果てています。もちろん、戦争状態の世の中では自分の身を守る必要がある事は理解できますが、平和的な共存を推奨してくれるはずのリーダーは一体どこにいるのでしょうか?しかしながら、悲観する事はありません。みなさんの中のより多くの方が、愛と平和のポジティブなバイブレーションを送り出してくだされば、相当な変化がもたらされます。光の存在と闇の存在のそれぞれのバイブレーションの違いはどんどん大きくなっていますが、みなさんの地球の状況としては、法や秩序の崩壊と共にカオスや無秩序へと陥っていくかのように見えるでしょう。

しかし、光はより強く成長していて、より多くの方が平和的共存に向けて動いています。これは確実な事ですが、光の為に働いている存在たちには多くの手助けが提供されています。そして、全体的に見た場合みなさんがアセンションの道にうまく乗っている事は明らかです。しかも、みなさんの太陽系にはブルーアビアンが多数入ってきていますが、彼らはとても大きなマントで姿を隠しているので、目には見えません。彼らは、静かに進行具合を見守りながら、みなさんが確実にアセンションする機会を掴めるように、外からの介入をも防いでいます。これはみなさんからすると奇妙な状況かもしれません。何故なら、地球への来客の侵入を防ぐ為に、宇宙で光と闇の存在の間で戦争が起きていて、平和的な意図を持って地球を愛で助けようとやって来る存在たちを闇の存在が妨害しているという事実もあります。あなたは成功の為にご自分を調整する責任がありますが、その為の手助けは与えられますし、その助けによってこの過程はより加速します。

時間が存在しない領域にて、アセンションは既に達成されているとみなされており、それはみなさんの時間上の2024年になります。なお、期待される変化は2018年以降から本格的に始まります。この日程については、プレアデスを含む3つの別の情報源から得たものです。実を言うと、みなさんは今フォトンベルトの中にいて、セントラルサン(中心太陽)アルシオンを通過しながら、プレアデス星へと入りつつあります。これらの事実から、何が起きるかについて、ご自身で判断頂ければと思います。

みなさん全員に大きな利益をもたらすような変化が多数待ち構えています。レプリケーターは、その中でもみなさんの人生を最も大幅に変えるものとなるでしょう。何だか信じられない話に聞こえるかもしれませんが、希望するもののレプリカを何でも作れてしまいます。その他にも多くの変化があなたをあっという間に未来へと連れて行ってくれて、あまりのスピードの速さに、新しいものに慣れ親しんでいる時間もないでしょう。闇の存在たちはというと、当然“牢獄行き‘になる予定で、これ以上みなさんの未来の実現を邪魔したり、ちょっかいを出す事ができなくなります。というわけで、楽しみにすべき事が山積みですが、これらは既に計画済みであって、高い領域の存在たちがしっかりその実現を見守っています。

この様に、未来に何があるかを知ると、多くの方はすぐに自分の家族のメンバーがこの先どうなるのかと心配し始めます。みなさんに知って頂きたいのは、偶然に何かが起きる事はなく、それぞれの魂は自ら計画したプラン通りに進む権利を与えられなければなりません。その為に、全ての魂はその進化を継続させる為に、確実にいるべき場所にいるのです。子供に関しても同じですが、子供の多くはかなり古い魂で、家族を助ける為にその家族の一員として転生したり、その家族から同等に貴重な何かを学ぶ為に転生しているという事がほとんどです。家族というものを、進化を助け合う為に共に集まった魂同士として見てください。家族のつながりは、時にカルマがらみの事もあり、魂同士の間で解決すべき古い問題があるという事もあります。どちらにしても、あなたは確実に居るべきところにいて、その機会を最大限に活用しようとしています。光の存在にとって、とても大変な事もあるかと思いますが、みなさんはその他の人々を上昇させる機会を持って生まれ、人々はあなたの愛や経験から多くを得る事ができるのです。

みなさんの中には、何故神は介入してくれないのかと疑問に思う方がいるかもしれません。でも、思い出してください、みなさんの持つ最も貴重な贈り物とは’自由意志‘です。ですから、自ら選んでその結果を実体験するのです。あなたはそうやって経験を通して学ぶのですから、それに他人が介入するのは間違っていると言えます。同じような事ですが、人によって神は何故戦争を許すのかと疑問に思う方がいるようですが、これも人類の選択であり、学びの道であるので、それを変えたりするとしたら、それはおかしな事なのです。あなたは、ご自分の行動に責任があります;そして、良い行いはバイブレーションを上昇させ、逆にネガティブな行いはバイブレーションを減速させます。遅くなればなるほど、再び上昇するのが難しくなります。とはいえ、一度自分の行動には責任が伴う事を自覚すると、求めれば光へと続く道に再び乗る事ができるように助けが与えられます。みなさんの究極の状態というのは、普遍的な愛をもって、全てと完全なる調和で生きる事ができる状態の事です。

みなさんの宇宙は様々な形態の生命で溢れていますが、人類とはかなり違っていても、おおよそ人間っぽいと認識できる形態が一般的です。例えば、ブルーアビアンは鳥人間でありながら、みなさんとも似たような特徴があります。もちろん、中にはみなさんとほとんど同じで、みなさんの中に紛れ込んでも分からないような存在たちもいます。地球を訪問している、より高次元から来た魂たちは光の存在であり、地球で滞在する為にバイブレーションを落とす際に、彼らは思いの力を使って自分の思うような肉体を創造する事ができます。しかしながら、キリストのような偉大な魂は、人類に教えを授ける為に、処女降誕という形で地球へ転生しました。はい、それは可能ですし、偉大な存在たちが肉体を持つという事はそういう事なのです。

今の時期は、地球の真実が出現する時です。みなさんは人類に対してあくどい計画を持つ存在たちによって、あまりにも長い間情報を隠蔽され、嘘を吹き込まれてきました。しかしながら、彼らの計画は成功しません。むしろ地球と人類を乗っ取る計画は失敗します。神は、未来の道を既に決定しているので、何者もそれを邪魔する事はできません。

妨害する行為が行われつつありますが、どうか幾つかの情報源から発信されている、励ましの情報から勇気を得てください。

このメッセージは私のハイヤーセルフから来ていて、光と愛のエネルギーを含んでいます。

マイク・クインシー
Website: Tree of the Golden Light

 

友人のみなさんへ、

私がサーバーを変更している間、発信できない事に理解を示して下さってありがとうございました。ナンシー・テイト氏のパソコンがハッキングされて、10585名もいた購読者の情報も全て失われるなどの事があり、様々な調整を行う時間が必要でした。サーバーを変えてから分かった事なのですが、一日に4件しかメールが送信できないように、制限が掛かっていて、それは全く使い物になりませんでした。その為に、又別のサーバーに変更しなければならず、それが幸い成功して、今はSKY社を通じて通信を始めました。今のところ非常に調子いいですし効果的かつプロフェッショナルな仕事をしてくれます。今のところの目標は、購読希望者がいたら、購読者の新しいリストを作る事です。

とにかくサポートを頂き本当にありがとうございます。そして、知ってくださいアセンションは本当に近付いていて、ほとんどの方が今世でアセンションを体験するでしょう。

愛と光をもって

マイク・クインシー

 

訳:JUN

 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の闇~【北朝鮮】軍事パ... | トップ | マシュー君のメッセージ  2... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む