Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


「上」の意識が監視する~ハワイにおけるベーシックインカムの現状【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 ベーシックインカム 2017/06/28

2017-06-29 12:03:24 | 金融経済・BI・公共経済

B・Iは多くの国民が経済をもっと真剣に意識するためには効果的ですが、国際金融という枠の中では実現不可能です。

つまり闇の輩が資金を確保する手段のプロジェクトとして「上」に提案しているものです。

輩にとってはビットコインと同じレベルの思いつきです。

「上」はその輩の動きを監視しています。

ハワイの原住民が主体の計画は、いかにもそれらしい体裁をとっていますが、アメリカのインデイアン、あるいは日本のアイヌも長い迫害の歴史の中で汚染され本物はもうそこにはいません。

むしろ政府の重要なポストなどで原住民としてではなく現実の社会で戦っています。 

彼らは自分が原住民だという意識はないかも知れませんが、そのために活躍しています。

むしろ社会から原住民と言われる人たちは政府の迫害やわずかな補償でもうその志を失っています。

それを知っている闇の輩に利用されています。

日本の新しい福祉プロジェクトは、そういう過去の歴史問題を越え、現実の問題から実績を挙げ合意形成をしながら改革を進め本来の目的を達成する手法です。

闇を監視する「上」の立場からすれば、国も国家間もそして地域もそして家族も理解できるようなWin・Winの関係が社会の受け皿になってこそ本格的な金融再生を稼動させることが出来ます。

波動が低いところには波動の低い者が集まり、波動の高い環境を維持するために「上」の意識つまりあなたの理解が必要です。

ハワイにおけるベーシックインカムの現状【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 ベーシックインカム 2017/06/28

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道州制への道のり、当たり前... | トップ | 人類の夢、日本が世界を救う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

金融経済・BI・公共経済」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL