Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


バシャール:自信の行方

2017-06-18 01:18:33 | パシャール
2017-06-18 00:59:28 NEW !
テーマ:

自信を持って信じられる事が貴方の”現実”として表現されてゆく事を知ってくださいと、バシャールは話しています。しかし貴方の中にちょっとでも”疑い”があれば、その想いに”ブレーキ”がかけられている事を意味しています。そうなると前進スピードは途端にスローになります。また、望みが実る時間が非常に長くかかってしまう事も手伝って、貴方は途中で諦めてしまうかもしれません。自分にはやっぱりふさわしくないんだ、自分には無理なんだ、という具合に”疑う”気持ちをもっと強くしていってしまいます。

しかしここで理解して欲しい事は、『疑う』事も自信をもって疑っているという事です。物事にはコインの裏と表があるように、自信を持つ対象も裏と表の2極の選択が存在しています。自信を持って”望みの実現化”を信じるのか、または自信を持って”実らない”側を信じるのか、この二つを意味しています。

どちらを自信を持って信じてゆくのか、それは貴方次第というわけなのです。また『疑い』の気持ちがどうしても拭えないのであれば、それは貴方の中にあるネガティブな信念をきちんと”把握”できていない事にあります。この部分をしっかり洗い流して”新しい”ポジティブの信念とすり替えてゆきましょう。そして自信を持って臨みに向かって進んでゆきましょう!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲移転で小池知事がついに... | トップ | 最近のマスコミの切り口~<... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む