Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


アルクトゥルスの集団 : 2017年7月9日 [アルクトゥルスの主、集団、存在達]

2017-08-13 20:44:53 | きらきら星へようこそ☆

きらきら星へようこそ...☆

 

アルクトゥルスの集団

The Arcturian Group

 

2017年7月9日

JULY 9, 2017

 

July 9th, 2017

 

マリリン・ラッファエーレ経由

Via Marilyn Raffaele

 

JULY 9, 2017

 

親愛なる皆さん、わたし達はもう一度、愛の中で手を差し出して、それを望むすべての人々を祝福し、癒し、そして情報を伝えます。

この奮闘と混乱の時の中で、皆さんは、皆さんの意識の最も高い水準から、その中で憩い、そこを出て生きる方法を学ぶことが必要になります。

数多くの皆さんが、自分自身の無限の完全性を認識する神ではなく、皆さん自身によっていわゆる“試されて”います。

皆さんは、ひとつの選択に直面しています;“わたしは実際にわたしが真実について認識しているものを信じているのか、あるいは信じていないのか?

印象や報道に基づくと、わたしは怖れているはずだが、しかしわたしが内部で認識する真実に基づくと、もしも外部の状況が幻影だとすれば、何故わたしはその状況に反応すべきなのか?

今までも、またいつでも、実質的な死は存在しない”。

こうした言葉は一部の人々には衝撃的に響くことになりますが、しかし、自分達の霊的な進化に真剣なあらゆる人が、考える必要があることです。

神は存在するのか、あるいは存在しないのか、そのどちらかです。

 

わたし達は、愛を情緒として話そうと思います。

一体性は、人間の水準では、ひとつの結び付きの形として経験されます。

それは、時間と伴に、個人の意識状態に応じて、異なる数百のやり方で解釈されるようになってきました。

分離への信念のせいで、この結び付いているエネルギーは、選択的で、ただ特定の人々だけと存在するようになってしまっています。

 

その興味または反感という人間の状況の中で、ひとりの個人は、別の人に向けて、普通は、過去のお互いの人生経験や、無意識ながら活発な(細胞の記憶の)幾つかの交流のエネルギーまたは別の時代に起因するひとりの個人の知識に対処しなければならない、と感じるかもしれません。

これが、カルマと呼ばれるものの源泉です。

カルマは、数多くの人々が考えるような、過去の幾つかの行いに対する撤回できない罰ではなく、むしろ、依然として活発で浄化されることが必要な古い数々のエネルギーの存在感です。

 

エネルギーは同じエネルギーと一致することを模索するため、数多くの人々が、カルマをある種の“返済”と考えます。

今後それは、今起こっているもののように見えることになるでしょう。

2人の人々の間のカルマの解消は、一方または両方が進化して、もはや比較的低い共鳴エネルギーが存在しないさらに高い意識状態から生き始める時に、機械的に起こります。

ただそれへの信念を持ち、それを支える法則を持たずに、そのエネルギーはもはや単純に存在することはできません。

 

しかしその一方で、このさらに高い水準でも、まだ解消し一掃することができない数多くの古いエネルギーが残っています。

3次元の信念体系の中で充分に生きている人々は、エネルギーとカルマを理解せず、そのため、自分達の概念や信念に応じて-しばしば暴力的な行動または険悪な敵対を通して、カルマの個人間の諸問題を解決しようと模索します。

これは、ただ、ある生涯のある時点で解消することが必要になるひとつのカルマ的な状況を続けて活性化するのに役立つだけです。

 

これは、世界的な混沌として簡単に観察されるものです。

霊的に目覚めていようといまいと、あらゆる人が、現時点で地球上に降り注いでいるその光の周波数の強さを経験しています。

共鳴しているこうした高いエネルギーは、意識的な自覚に、さらに高い数々の周波数を統合するためには」浄化されなければならない個人的そして集団的なエネルギーを顕在化させ、そしてそのエネルギーを、意識的な自覚に運びます。

 

強力かつ聖なるエネルギーは今、すべての水準で経験されています;物質的に、情緒的に、精神的に、そして霊的に、自己強化への目覚めに向けて準備が整っているすべての人々を引き寄せるために、役立っています。

他の人々への無視の無知の上に栄える者達は、これを好むことはなく、そのため、その幻影を広め、促進します。

親愛なる皆さん、目覚めてください。

 

今後霊的な旅は、人々を、その人々が実際に好まない人間関係や状況に頻繁に引き寄せることになるでしょう(引き寄せの法則)。

その人々は、疑問を持ち始めます;“わたし達は何を考えていたのか?”

ほとんどの人々は、その状況を創り出した“類似したエネルギー”は、過去に起因する細胞の記憶の中で蓄えられて活性化しているエネルギーだったことに、気付きません。

 

しかしその一方で、むしろカルマ的なこの強力な移行の時期の中で、数多くの不愉快な状況は、残っている何らかの課題を完了させて、次元上昇の準備として古い全ての問題点を解消するという目的のために、関与するすべての存在達によって創り出され、同意された、誕生前の契約の完璧な展開です。

 

深く埋め込まれた特定の古いエネルギーの解消をもたらすことを目的にして、今後ひとつの魂は、しばしばその問題を反映するひとつの家族へと生まれることを選択することになるでしょう。

これは、個人が以前の数々の生涯の中で行ってきたようにそれを無視するか深く埋め込むことを認めることなく、それを活性化するために役立ちます。

例えば;生涯から生涯へと何度もある信念体系または宗教に深く関与してきたものの、自分達はそれを克服する準備が整っていると感じる誰かは、自分達がそれを訓練して、次にそれを評価して、最終的にそこから離れることができるように、今後も依然としてその特殊な信念体系の中で活動しているひとつの家族を選択することになるでしょう。

 

他の数々の生涯の中で低く評価され虐待されてきたひとりの個人は、この低い自己強化を活性化して最終的に自分自身を強化しながらそれを乗り越えるために、今後頻繁に、ある虐待的な家族へと転生することを選択することになるでしょう。

こうした意思決定の型は、今ではその個人が数々の生涯を通して持ち運んだ物事に対処してそれを一掃することができるほど強く進化していることを確認しながら、誕生前にそして指導霊達の援助を受けて、行われます。

 

あらゆる人が、転生の前に、今後自分達が解き放つ準備ができているあらゆる古い概念や信念を解消するために必要となるその状況にとって適切な人々を適切な時に寄せ集めることになる、ひとつの課題に関する契約を創り出します。

そのさらに高い自己が、選択したその課題を活性化することを目的にして、適切な時期にあらゆる物事を寄せ集めながら、そのパズルの必要な部分を編成します。

 

誕生前の計画に気付いていない個人は、役に立つあらゆる手段を通して、さらに高いひとつの水準でその特定の状況を満たす方法に気付くことなく、避難場所を探し求めることになるでしょう。

こうした状況は、親と子供、兄弟姉妹、夫と妻、親族、隣人達、友人達、そして知り合いやさらには地域性の間にさえ存在することがあります。

存在することの真実に関する自覚は、苦闘している人々を助けることができない、あるいはしないことを意味するのではなく、皆さんがそれを行う時には、皆さんが外見を超えて理解し、同情ではなく起こいやりの水準から援助することを意味します。

 

そのためご存知のように、現実性の中では、偶然はなく、犠牲者も存在しませんが、それでもそれは、人間の目に、特にその経験を持つ人々には、確かにそのように見えます。

ありとあらゆる魂は、全体的に気付かずにこの事実に無関心な人々でさえ、自己としての自己の真実に目覚めることに向けたひとつの霊的な旅の途上にいます。

例外が何もない理由は、あらゆる人は、神の顕在化であり、他に何も存在しないからです。

 

皆さんは霊的な存在であり、さらに高いひとつの水準で何かを解消していることを信じながら、ある危険な状況に留まらないことが、重要になります。

関与する他の人々は、単純に何らかのやり方でもさらに高い解決の方法に同調できないのかもしれません。

いつも皆さんの直観を信頼してください。

 

ただ一方の個人だけが意欲的な時でも、皆さんは、カルマ的な結び付きを一掃することができ、両方が必要な訳ではありません。

その意欲的な参加者がもはや関与しないことを選択する時(それほど怒っている訳ではなく、愛の感覚の中で)、彼は自分自身をその古い共鳴から引き上げて、もはやそれと同調していません。

これはしばしば、深い霊的な真実を意識的に自覚せずに行われますが、ひとつの意識状態を達成し終えた者が、人々を新しくさらに高い水準の状況を満たした状態に導きます。

 

カルマ的な状況が続くのは、ただ一部の偽りの信念に留まり、それを養うことを選択することによって行われるだけです。

それを所定の位置に維持するエネルギーを持たなければ、そのエネルギーは単純に解消します。

もしも別の個人または個人達がその信念の中で進み続けることを選択するなら、その当事者が再び関与しない限り、既に進み続けることを選択している者に影響を与えることはありません。

 

重要になるのは、その人々の間に強力な善と悪の経験を形成するエネルギーの符号を一掃することです。

数多くの人々が、数々の生涯の中で繰り返し、特定の人々に対して、結果としてその個人にはある種の束縛になる符号を運びます。

それはしばしば、ひとりの親と子供、愛する人々、家族の人々、そして友人達と同時に敵達の間で起こります。

 

皆さんの指導霊に支援を求めながら、そうするという皆さんの意図を口に出すことによって、そして静かで干渉されない時間の中で、皆さんの太陽神経叢のチャクラに入って行き、穏やかにどのような符号をも取り除く光で満たされた皆さんの手を視覚化することによって、皆さんは数々のエネルギーの符号を簡単に取り除くことができます。

その時、その光を他の個人に愛を込めて手渡しで返し、その隙間を黄金の光で満たしてください。

 

霊的に進化したひとりのエネルギーの活動家もまた、皆さんのために符号の除去を行うことができますが、しかし、エネルギーの働きためにひとりの個人を捜し出す時には、いつも皆さんの直観を利用してください。

数々の技巧を学び終えた人ではなく、まだその人々の背後の真実に関する充分な理解と意識を持ない人を除いて、進化した自覚の水準から働く高い共鳴を持つ人を、選択してください。

 

情緒は、3次元のエネルギーの中で経験される人生の、ひとつの大きくそして紛らわしい部分です。

既に性的な誘因が愛を意味するようになっています。

嫌悪は、相手が何か劣っていることを意味するようになっています。

否定的な情緒に関する困惑は、しばしば人々を療法士達の所に送ります。

そこではその療法士達は、人々を頻繁に分析し、その人々を、むしろどのような信念でもそれを創り出してきたその核心部分に連れて行く状況により一層深く陥れます。

 

これは、もしも皆さんがそれに導かれるとすれば皆さんがこの種の支援を探すことができないこと、療法士達が誠実に人々を支援しようとしていることを、意味する訳ではありません。

支援は、すべての意識状態に対して、すべての水準で提供されますが、しかし、皆さんはもはやその人々が用いる3次元の沢山の発想や技巧と同調していないため、霊的にさらに深い働きの準備が整っている人々にとって、それが霊的な遅延を創り出すことがあります。

ひとりの療法士の支援を求めるように導かれる人々のために、進化した意識を持つ者に導かれることを求めてください。

世の中には数多くの人々がいますが、しかしその人々は、それを告げ広めることはありません。

 

情緒を管理するために薬を服用することは、それが理解され一層されることを許すというよりも、むしろただ単に、その原因を覆い隠して、それをさらに深い内部に押し遣るために役立つだけです。

3次元の信念体系の中で頻繁に起こっている状況のようにではなく、実際に必要にならない限り、薬物は回避されるべきです。

摂取されるすべての化学物質がそのエネルギー場に影響を与え、そして薬物に関する大量の情報は、拝金主義と正規性に関する偽りの概念に基づいています。

 

選択によって摂取された薬物は、霊性と完全性に関する偽りの感覚を促進し、結果として、中毒、霊的な遅延、そして頻繁にひとつの生涯と計画された数々の課題の浪費になります。

真実に目覚めている人々にとっては、さらに高い周波数の統合のために適切な器官を創り出しながら、身体を清潔で澄んだ状態に保つことが重要になります。

 

抵抗し、憎み、あるいは当惑することなく、情緒がそれを表現し、経験することを、許してください。

情緒が、皆さんの信念体系や今は澄んだ状態になる準備が整っている蓄えられた細胞の記憶に対して皆さんに警告を発するために役立つことを認める時に、皆さんのありのままの姿の刻面として、その情緒を愛してください。

もしも皆さんがこうしたメッセージを読んでいるなら、もはや皆さんは、目覚めていない人間ではありません。

そのため、皆さん自身をそのように考えるのは、止めてください。

皆さんは、順調にさらに高い次元の周波数に向かう皆さんの道の上にいて、もはや真実の探求者ではありません。

 

皆さんの意識状態が、外部に向けて反映します。

もしも皆さんが、誰か、何か、あるいは何処かとのひとつの困難な状況を経験しているなら、それを、依然として皆さんが維持する一部の偽りの信念を一掃しようとしているひとつの合図として、認識してください。

皆さん自身にこう尋ねてください;“わたしは、わたしをこのように感じさせる何を信じているのだろうか?”。

今後これが、さらに深い調査を必要とする現状を、皆さんに指し示します。

 

既にわたし達が何度も話しているように、愛は一体性のエネルギーですが、しかし、人の個人的な意識状態に応じて解釈されます。

一度ただひとつのものだけが存在するということが理解されてしまえば、皆さんは、日々の生活のあらゆる問題点を解消することができます。

その時これが、新しくより進化した意識状態が展開する余地を作りながら、皆さんが依然として維持する何らかの分離の概念を理解して一掃することを、皆さんに許します。

 

今後皆さんは決して再び皆さんを傷付けてきた誰かに対するひとつの反応を経験しないというようなことを、あるいは皆さんは今そのせいで霊的な失敗者だということを、予期しないでください。

浄化と癒しは、皆さんがあらゆる人の神性についての真実にこころを開く時に起こりますが、しかし物性の密度の内部では、その癒しが充分に統合するには、時間が掛かります。

 

皆さんの無条件の愛の内部と外部への活動は、決して相手の行動と信念に影響を与える可能性はなく、そのため皆さんの人生の中の“問題となる人々”が変わることに目を向けないでください。

その人々の目覚めは、その人々の仕事であり、皆さんの仕事ではありません。

 

皆さんが真実と自覚の中で成長するにつれて、今後皆さんは、特定の人々や状況が単純に皆さんの人生から消え去ることに気付くことになるでしょう。

この理由は、もはや皆さんが、関与する人々の皆さんを傷付けることを許すより低く共鳴する言葉や行動に同調しないからです。

皆さんは今、皆さんがさらに高い愛と真実の数々の現実性の中で生きて移動する一方で、“その異教徒の憤怒を妨げる”ことができます。

わたし達は、アルクトゥルスの集団

 

2017年7月9日

We are the Arcturian Group

 

7/9/17

http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-july-9th-2017/

翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

転載される場合には、出典を明記してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Beneficiary‘s Personal Pens... | トップ | シリウスのティアランからの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

きらきら星へようこそ☆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL