Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


第1章 ゲーム、コード、そしてマスターナンバー(13)

2017-05-15 22:52:37 | “プレアデス+地球をひらく鍵”より by バーバラ・マーシニアック

 

5/15

ゲームや、コード、マスターナンバーが何を意味するかということについて、さらに深く説明していきます。

すべての存在は一つのゲームと見なすことが出来ます。

実際、ゲームとは、それを適切にプレーしなければ終わってしまう可能性があるゲームなのです。

ただし「終わり」はあるレベルにおいてだけあらわれるもので、他のレベルでは終わりはありません。

しかしながら、あるレベルであらわれる終わりでも相当に恐ろしいものです。

プレアデスのシステムにおいて私たちはいま終焉の危機に直面しています。

その終焉の危機は、私たちのカルマが私たちのところに戻ってきたことと関係しています。

私たちが私たちの進化の道をさらに遠くまで進んでいくためには、そしてエネルギーと、意味と、生命の新しい形態を探し求める旅を歩み続けるためには、私たちが創造し、始動させ他すべての生命形態に、私たちが享受したいと思っているのと同じだけの自由を保証してやらなければならないのです。

プレアデスの実験の苦しみは、母なる女神をなだめる方法を発見することにかかっています。

というのは、私たちはすべて母なる女神とつながっているからです。

 

どういうわけか、最近、爬虫類のエネルギーがよく出てきています。

いろいろなことが起きています。

彗星、流星、宇宙からやってくる遊星、自分勝手に動く惑星、そのさまざまな現象が、世界にいったい何が起こっているのだろうかという思いを人々に抱かせ、地球の人々による現実についての把握が揺らいでいます。

みなさんにはわかってほしいのですが、すべては神聖な秩序のなかで動いています。

 

時代は変りつつありますが、これからやってくることについてパニックにいたる必要はありません。

あなた方の存在の奥深いところで喜びを感じるべき時です。

あなた方が待っていたその時が、いままさに訪れようとしているのであり、あなた方の目的がまさに実現しようとしているのです。

思い出してほしいのですが、あなたがたは光の家族の一員です。

そしていま、何百人というあなたがこの地球で任務についています。

光の家族であるあなた方は、光の周波数を自分の体内に引き入れて、それを地球に拡散する能力をもっています。

あなたがそうすることによって、成長する生きものである地球も別なレベルへと成長をとげ、古い自分を捨てることが可能となります。

あなた方のなかには地球が死ぬというので、すくみ上がっている人たちがいます。

地球の死をストップし、環境の破壊に待ったをかけるために大きな壁を築こうとしています。

実は、一見したところ不快で、困難で、悪いことのように見える出来事のすべてが、地球上の60億人(1995年時点)の人々を動かして、活性化して、変化させるのに必要な起動力をつくり出しているのです。

 

あなた方はエネルギーの変換者です。

私たちが一つのシステムからあなた方のシステムにエネルギーを変換しているのと同じように、また、私たちの師およびその他の存在がエネルギーを変換して私たちに送ってくれるのと同じように、あなた方は自分の知っていることを非常に優しく変換するのです。

その際、楽しく遊ぶ気持ちを忘れないことが大切で、地球の住民のために恐れたりたりする必要もありません。

他の存在たちはあなた方が安定し、地にしっかり足がついていて、愛情に道て平和の名のもとに仕事をしてイルことを理解するでしょう。

このことに常に明確であってください。

自分にとってまだみちの何かに到達しようとするときには、常に平和という概念に忠実であってください。

そして、他の人々は恐れをなしてしまうような外見のエネルギーとも友達になってください。

あなた方はきわめて強力な仕事をしているのです。

 

光の家族の一員として、あなたは総合思考伝達の時代、すなわち、光の時代を導き入れているのです。

あなた方がこれらの光の波を受け入れ、保持することができるようになるにつれ、この惑星の転換はあなた方の心の力にもとづいているとわかるでしょう。

この心の革命はすべての文化のなかに、急速に根をおろしつつあります。

私たちは文化的な境界線を横断しています。

あなた方は銀河系の境界線を横断することになるでしょう。

私たちを知っているあなた方、私たちのエネルギーをよく知っているあなた方は、この惑星をより軽い足取りで歩くことが出来るため、私たちが分かち合う鍵そのものを生きることができます。

私たちはあなた方にごく率直に鍵を与えたかと思うと、次の瞬間にあなた方をだましたりします。

私たちはいつもあなた方をだまします。

私たちのことを少し疑いの目をもって見たほうが賢明というものです。

相しないとすれば、あなた方は愚かものです。

あらゆることについて、疑いの気持ちをもつようにしてください。

そして、かりに私たちがあなた方をだましたとしたら、それには何かすばらしい理由があるのだということを知ってください。

そのときには、それがあなたにとって明らかではなかったとしてもです。

 

あなた方のためになることをすること、あなた方が本来のあり方に目覚めること、あなた方の安全を確保すること、あなた方に滋養を与えること、こうしたことが私たちの最大の関心事であることは絶対の真実です。

私たちはあなた方を失いたくありません。

あなた方は私たちの鍵なのです。

これが理解できますか。

あなた方の存在の奥深いところでこれを感じることができますか。

いまこの瞬間に私たちがあなた方に伝えていることを理解できれば、あなた方のこれからの年月の展開は非常に異なったものとなるでしょう。

私たちはあなた方を必要としていること、あなた方に私たちのチームの一員になってほしいということ、あなた方は貴重な存在であることを理解し、エゴをちょっとわきにどけて心を開いて未知の領域を歩いていくならば、あなた方のこれからの日々はすばらしい輝きに満ちたものになるでしょう。

 

あなたがだれであるかの物語をあなたが進化させ、あなたの体験がますます加速していくなかで、宇宙的なレベルではその物語がどう展開しているのか、そしてあなたがその物語のなかでどんな役割を演ずる存在なのかについての理解を手伝ってあげましょう。

たくさんの手がかりをあげますが、教えるにあたっては、あなた方が自分自身の師となり、自分自身が知識の源と成るようなエネルギーで教えるのが私たちの意図であることを思いださせるでしょう。

あなた方が知的な存在として活性化することに成功すれば、そのときあなた方は、自分自身の内部においてある種のコードとマスターナンバーに火をつける資格を得て、それによりあなた方が現在知っているようなこの局面における存在のスペクトル全体が転換されることになるのです。

あなた方は文字通り解放された図書館をふたたび開館することになるでしょう。

 

そしてあなた自身の答えを発見することによって、つまり私たちが手がかりを与えることで手伝い、あなた方がその手がかりを繋ぎ合わせて答えを見つけ出すことによって、必要なのはあなた自身にほかならないということがわかるでしょう。

それはあなただけで仕事をするとか、私たちと一緒に仕事をしないとかということではありません。

すべての種の間には調和と協力体制があります。

光の分かち合いがあり、すべてはひとつであるという知識を分かち合っているのです。

 

私たちがやることは、あなた方の進化の出発点となるイメージを創造することだけです。

あらゆる人たちの話に耳を傾けてください。

そしてそれらの話を自分で統合するのです。

自分で考えて答えを出してください。

地球の局面にいるすべての教師が、いまあなた方に答えの糸口を提供しています。

私たちもひとつの糸口を提供します。

ただ、私たちはそれをしゃれたやり方でやるのが特徴です。

私たちには特有の個性がありますし、私たちなりの予定もあり、あなた方にどうすれば刺激を与えることが出来るかも知っています。

つまりあなた方を現状から移動させ、上昇させる方法を知っています。

私たちはどうすればあなた方を自由にできるかを知っています。

私たちはどうすればあなた方を自由にできるかを知っています。

そのために地球にきているのです。

人間という存在の価値を生命創造の最前線に戻すこと、それが私たちの意図することです。

第1章 終わり

第2章へ続く・・・

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベンジャミン・フルフォード... | トップ | 故郷への長い路 [イエス:ヨ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む