Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


プレアデス+地球をひらく鍵~第2章 生きた図書館をふたたび夢にみて(2)

2017-07-29 20:58:45 | “プレアデス+地球をひらく鍵”より by バーバラ・マーシニアック

第2章 生きた図書館をふたたび夢にみて

図書館という概念があなたのなかに浸透してくれにつれて、あなたは感情がいかに大切なものであるか、そして、そこに貯蔵されている膨大な知識を開く鍵はあなたであることを理解しはじめるでしょう。

 

あなた方の12のチャクラはいわばエネルギーのポケットで、さまざまな出来事がここを通って出現できます。

チャクラは記憶と自己存在の認識を保持していて、それぞれがDNAの束とつながっています。

7つの主要なチャクラはあなた方の身体のなかにあり、脊髄の基底部に始まって上にあがっていきます。

あなたの身体の外に5つあって、全部で12の渦のセンターになっています。

私たちはそれを12の太陽と呼んだりしています。

酸素と光の意識的な意図によってこれらのセンターは活性化され、いったんスイッチがオンの状態になれば、あなたにとっての課題は、チャクラを通して入ってくるデーターの全てをどうやってDNAの束に翻訳するかということになります。

 

あなたの身体の内部のチャクラは身体の記憶を解放することができます。

その記憶とは、この人生における肉体の体験だけではなく、これまでの輪廻の旅の体験もふくんだものです。

第一番目のチャクラとはあなたのことにかかわっています。

それはあなたを解放して亜あんた自身のなかに入っていく旅に向かわせ、あなたの核心的な信念の基盤に向かう旅に道微意いてくれます。

2番目のチャクラは創造性とセクシュアリティに関係しています。

それは創造性とセクシュアリティの領域におけるあなたの体験や信念の記憶を開いてくれます。

最初の2つのチャクラはDNAの2ツの束に呼応し、あなたが従来もっている知識と呼応しています。

自己存在、生存、セクシュアリティにかかわる問題は何千年ものあいだ、あなた方にとって難問でありつづけてきました。

 

3番目のチャクラはいわゆる太陽神経叢で内臓と関係しています。

3番目のチャクラが開いていると、感情と直感によって人生を生きてゆくことが容易になります。

女性においては、月経による出血と出産の体験があるために、この領域は男性よりも活動的であることが多く、非常に尊重されています。

あなたの意思、力、感情はここに根ざしています。

4番目のチャクラはあなたの心臓と一致しています。

このチャクラが開いていると、あなたはすべての生命体とつながります。

共感の思いがこのセンターから流れ出て、あなたが知覚することがなぜおきているのかを理解できるようにしてくれます。

深い共感の思いの流れによって、あなたは価値判断を超越することができます。

価値判断はあなた方を分断させるための罠にほかなりません。

5番目のチャクラはあなたののどにあり、言葉による表現というすばらしい贈り物を提供してくれるもので、これによってあなたは真実を語ることができます。

6番目のチャクラはあなたの第3の目〔額の中央部、眉間)を活性化し、3次元の限界の向こうを見る能力を刺激します。

7番目のチャクラは頭の頂に位置しています。

このチャクラが開いていると、霊的なエネルギーを循環させ、頭蓋骨の部分に接続してくれます。

このチャクラがいったん刺激を受ければ、松果体と脳下垂体、そして視床下部も、あなたを霊的なエネルギーと接触するうえで活発な役目を果たすようになります。

 

8番目のチャクラはあなたの肉体のきわめて近いところに位置しています。

頭上10cmから1mのところにあります。

このチャクラはあなたの身体の外の、目に見えない領域と関係しています。

9番目のチャクラは地球の大気圏の外側に位置しており、おそらくは月のあたりまでのびていて、地球の番人および監視者としてあなたと接続しています。

10番目のチャクラは太陽系にまでのびていて、そこにあるすべてのものにアクセスさせてくれます。

11番目のチャクラは銀河系のチャクラで、銀河系の外側にまでのびていて、銀河系における星の影響力についての情報を提供してくれます。

12番目のチャクラはあなた方銀河系の外側にまでのびていて、あなた方の宇宙全体の情報にアクセスさせてくれます。

一般的にいえば、現在の時点ではあなた方の肉体はそれに対処できるだけの進化をしていないため、あなた方の宇宙の外側の情報にはアクセスすることはできません。

いつかそこで進化することになるかもしれません。

しかし、いまはこの地球で意識の進化をとげることに同意したのです。

ひとつのラジオ局になって、だれもが扱える周波数で放送することに同意したのです。

 

これらの12のエネルギーのセンターは体内からアクセスしなければなりません。

体内においては、データがチャクラと呼応しているのを感じることができ、その体験をあなたの頭脳の文脈のなかで解釈することができるのです。

これこそあなたです。

多次元の存在へと進化をとげ、たくさんいるあなた自身のうち現在のあなたがだれであるかを思いだしているあなた、銀河系、いや、そのずっと向こうまで続いているあなたなのです。

 

あなた方は輪廻転生を通じて進化し、数多くのヴァージョンがある魂をもっていると教えられてきました。

これは全体のごく小さな一部にすぎません。

あなた方は人間というかたちで輪廻転生する自分を理解しています。

しかしながら、あなたという存在は人間であるだけではありません。

さまざまなかたちで、さまざまな大きさで、さまざまなものに変装して、すべてのものは全体の一部であることを示すために存在しているのです。

 

あなた方は現在人間なので、ここ数千年のあいだは、魂の肉体化が常に人間になってあらわれる輪廻の周期で進化してきたと信じるのが1番安全なやり方でした。

しかし、人間であるという部分は生命のほんのひとつの表現であって、あなたという本来の存在の一側面にすぎないのです。

あなた方は数多くの場所で、半分人間、半分動物というかたちで存在しているのです。

現在進行しつつあるドラマの一部は、数多くの次元がこの惑星で融合しようとするときに、あなたの他のヴァージョンがみずからの進化を求めていることと関係があります。

多次元に存在するあなたの自我の出会いが起ころうとしているのです。

あなたが通過儀礼としてヤラなければならないことは、自我のすべてを統合することです。

 

創造主はあなた方の惑星に存在するすべての生物の結合体と考えることもできます。

創造主は昆虫の家族、動物の家族、そしてこの地球という局面に存在するすべての意識存在の家族によって表現されているのです。

あなた方を創造したこれらの存在の多くは、人間と動物を組み合わせたかたちをしています。

この惑星が形成されたとき、さまざまな聡明な種の富がプールされ、生きた図書館に配分され、すべての石、植物、動物、昆虫、その他の生き物のなかに貯蔵されたのです。

すべてのものは生きていて意識があるので、生きた図書館は一粒の砂にも、炭のかけらにも見いだされるのです。

 

地球の番人である人間は、図書館のカードのようなものです。

図書館という概念があなた方のなかに染みこんでくるにつれて、感情の重要性と、そしてあなたがここに貯蔵されている膨大な知識の鍵であるということがわかるようになるでしょう。

やがてあなたは徐々にこれを発見することでしょう。

 

あなた方とであることを望んでいるさまざまなエネルギーは、この図書館の人間以外の形態と融合します。

ですから、動物の家族が自分自身の目を他のエネルギー体に貸してやり、観察させ、情報を収集させてやるということは十分ありうることです。

生きた図書館への鍵はあなた方自身なのです。

というのは、あなた方はこの図書館を開け、アクセスすることができる存在だからです。

しかし、他の存在が、樹木やその他の植物になってあなた方の現実をのぞき見て、あなた方の現実についての理解ができないということではありません。

あなた方が和解して、そもそも人間が誤って設定した境界線を越えて侵入してきた生命体に暴虐を尽くしたりすることを止めれば、あなた方の想像をはるかに超えた壮大な文明との遭遇が可能となるでしょう。

 

この50万年にわたり宇宙のエネルギーの一部が目的としてきたことは、地球のさまざまな文明と接触をはかり、彼らの理解に大きな転換を提供することでした。

これらの文明は目立たないところに隠されました。

面積からすればせまい場所に、だれにも邪魔されないようにそっと配置されました。

地球の所有者たちが、愛を主要な要素とするさまざまな実験(文明は一種の実験です)よりも優勢な勢力を持つようになったとき、これらの文明は破壊され、ちりぢりばらばらにされたのです。

 

あなた方の惑星を所有し、自由に操作していると思っていた存在たちは、権力に夢中になっていて、恐怖と混乱の周波数をつくり出すことによって権力にしがみついているのです。

それが彼らのやり方であり、そうすることによって力にもとづいた存在のあり方について学んでいるだけのことです。

何度も繰り返していいますが、すべての存在は根本創造主に他なりません。

あなた方がさまざまな勢力に遭遇するということは、根本創造主が自分自身に出会うということであり、根本創造主が自分自身を理解しようとしている行為なのです。

根本創造主は調和をいかにして達成するかを探求し、同一のエネルギーの相反する力がどのような目的を達成することになるかを発見しようとしているのです。

これを心に銘記しておくと大変役立つでしょう。

すべてのものはひとつであり、自我のさまざまな側面によって方向づけられ選択されていて、すべてのものはみずからを理解し進化させようとする思いの結果である、という概念を常に心にとめておくことができるようになれば、あなた方は観客席ではなく、球場に入って野球を楽しむことができるでしょう。

私たちは、あなた方がみな野球場に飛び出し、貴重なプレーヤーとして人生というゲームを楽しむことを願っています。

 

地球が宇宙の計画のなかで、現在よりもずっと壮大な役割を果たすためには、生きた図書館としてみずからを活性化することが必要になってきました。

この活性化はまずあなた自身から始まります。

あなた自身が活性化され、それから、あなたがその周波数を地球全体に広めていくのです。

20年以内(1995年時点)にいくつかの大きな変化がおきることになるでしょう。

 

生きた図書館は歴史的な記録を保持しているだけではありません。

いかなるものも創造できる、知識のすべてが貯蔵されている図書館なのです。

地球上の生命体には、発達可能なあらゆる種類のための公式や青写真が貯蔵されています。

宇宙のさまざまな場所に位置する他の図書館には、あなた方には認識することもできないような光や分子のかたちで知識が貯蔵されています。

創造神たちはそれぞれのセンターに独特な知識蓄積の方法をデザインしました。

その意図は、それぞれの図書館の本来の機能を守り、それぞれが独自のやり方で生き生きと機能することができるようにすることにありました。

未来の時点からこれを見ると、これらの図書館が失われてしまったのです。

これらの図書館を発見し、ふたたび開館する必要があります。

いまこそそれをするべきときです。

理想をいうならば、12の図書館のそれぞれが協力しあって、意識の大きな転換を包含する電磁波をつくり出せれば最善です。

12の図書館が協力すれば、すべての存在がまったく新しいかたちで調和のとれた状態を達成するための機会をつくりだすことができるでしょう。

 

これを想像してみてください。

あなた方がその一部である12の図書館のすべてが、100%の力を発揮するまでに活性化されれば、それは宇宙にひとつの巨大な道具をつくり出すことになり、意識をもったエネルギーの光線によってみずからを結合することができるでしょう。

この道具は、時間の回廊のたどるコースを変更し、未来の宇宙が開始された場所からその宇宙の存在そのものを消し去ることによって何も破壊せず未来の宇宙を完全に変えることが可能なのです。

続く・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界最後の謎を解き明かす(ム... | トップ | 大天使ガブリエル : 忍耐力が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

“プレアデス+地球をひらく鍵”より by バーバラ・マーシニアック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL