Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


人は食べるから、死ぬ!

2017-04-23 21:17:25 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO
 
2013-09-30 06:39:51
テーマ:

英国ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの
研究者たちが遺伝子とライフスタイルが
老化に与える影響を研究・検証しました。

その結果、ラットの食事の量を40%減らすと、
20~30%のラットよりも長く生きることが判明
しました。

また、同研究チームによりますと、
心臓血管の病気、がん、アルツハイマー病といった
神経変性疾患など、加齢に伴ってかかりやすい
病気のリスクも減る
可能性があると指摘きました。

すでにこのような小食による効果は、以前からも研究
されており、1935年のマッケイ博士の研究でも、
30~40%のカロリー制限をした動物は、自由に摂取
した動物よりも寿命が長くなり、ガンなどの加齢関連
疾患に発症する確率が低くなった
とされます。

さらにフランスのド・ヴリーズ博士は、断食すると
皮膚の若返りが著しく、シワ・シミ・そばかす・
発疹・吹き出物が消えていく
と述べており、
スペインの老人ホームでは、通常の食事と水断食
1日おきにやったグループと、毎日通常の食事をした
グループを比較したところ、前者の老人たちが圧倒
的に長生き
したとのことです。

そして1975年、米国ミネソタ大学のM・J・マレイ博士の
研究では、サハラ砂漠の飢餓の遊牧民たちに食料を
与えた
ところ、突然にマラリアや結核などの感染症が
増えた
そうで、栄養過多が感染症を誘発し、我々が
食べる食物中の栄養素は、実は、体の維持よりも、
病原菌の分裂・増殖に利用される
のではないかと
いう仮説も立て
られました。

摂食=健康の維持ではなかったのです。
むしろ食べない方が、免疫抵抗力が上がり、
長寿、老化防止を促し、ガンさえも縮減すると
いう成果も実際あるのです。

元来、人類は、空腹=飢餓の状態の中で生き抜き、
獲得してきた体内のメカニズムがあるわけです。

貴方は、ガン細胞さえ命を守るために存在している
ということが信じられますか?・・・
(つづく)

 
【桜井貴明 公式ブログ】

 http://hadou21.com/ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天と地の女神イナンナから人... | トップ | 日本列島は、”約束の地カナン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL