Mutual Aid Japan

道(真理)の実践


【希望や喜びにつながらない予算配分主義】 年金開始70歳以降も可 高齢者就業は32年に67% 大綱案の全容判明

2018-01-17 11:01:49 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

Ray:旧態の国家構造は分断・分断で本来の機能を失い崩壊に向かっています。医療や介護の予算配分は無駄・無駄・無駄がつまったマニュアル主義、正しい政策はシンプルで大幅に予算を削減することができます。

1/17(水) 7:55配信

産経新聞

 政府がまとめた中長期的な高齢者施策の指針となる「高齢社会対策大綱案」の全容が16日、分かった。年金の受給開始年齢について70歳以降を選択可能とすることを盛り込んだ。高齢者の就業促進と年金の給付改善が狙い。数値目標も設定し、平成28年時点で63・6%だった60~64歳の就業率を32年に67%まで引き上げる目標を掲げた。大綱案は17日の自民党内閣第1部会と厚生労働部会の合同会議で議論する。

 大綱案は「65歳以上を一律に『高齢者』と見る一般的な傾向は、現状に照らせばもはや、現実的なものではなくなりつつある」と指摘した。その上で「年齢による画一化を見直し、全ての年代の人々が希望に応じて意欲、能力を生かして活躍できるエイジレス社会を目指す」とした。

 年金の受給開始年齢については、原則65歳で60~70歳の間で自由に選べる現行制度を見直し、「70歳以降の受給開始を選択可能とするなど、年金受給者にとってより柔軟で使いやすいものとなるよう制度の改善に向けた検討を行う」と明記した。

 また、副業、兼業に関し「労働者の健康確保に留意しつつ、普及促進を図る」とした。「起業の意欲を有する高齢者に対して日本政策金融公庫の融資を含めた資金調達などの支援を行う」とも記した。

 いずれの政策も高齢化社会の到来をにらんだ措置といえる。

 このほか医療に関し、「QOL(Quality of Life=生活の質)の観点を含めた高齢のがん患者に適した治療法などを確立する研究を進める」と書き込んだ。高齢者にとって抗がん剤治療は吐き気などの副作用でQOLを低下させる可能性があり、手術をする場合も一定の体力が必要となる。こうしたことを踏まえて記した。

 数値目標では、健康上の問題がない状態で日常生活を送られる期間を指す「健康寿命」について、25年時点で男性71・19歳、女性74・21歳だったのを32年に1歳以上、37年に2歳以上延ばすことも盛り込んだ。

 介護職員数は27年度183・1万人だったのを32年度以降に231万人に増やす目標も掲げた。研究開発では、ロボット介護機器の市場規模を27年が24・7億円だったのを32年には500億円に拡大させる方針を明記した。

 高齢社会大綱は原則5年ごとに見直しており、24年度の前回は11年ぶりに改定した。

最終更新:1/17(水) 10:08
産経新聞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前ホワイトハット諜報員の告白/NESARAの歴史と真の物語 

2017-12-11 13:27:43 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

Ray:NESARAが法的に保証されるレベルで、土地の所有問題があり、GESERAレベルに波及する要素がすでに歴史的に地域的に内在しています。米軍の駐留地や国家の土地政策によって銀行の担保流れした膨大土地などの問題があり、これらの補償問題に発生することで、歴史的な土地の所有に関する概念が「略奪」であることが証明されてゆきます。沖縄基地問題もこの問題です。

2012年4月27日

http://formerwhitehat.wordpress.com/2012/04/27/the-saga-of-nesara-a-romanic-adventure-of-the-white-knights/
Confessions of a Former White Hat Operative
ACCEPT NO CLONES!
The Saga of NESARA 〓 A Romantic Adventure of the White Knights
by Former White Hat, 27 April 2012

NESARAの歴史と真の物語

この変化は1970年代の中頃から、連邦土地銀行が不法に農民の抵当権を中西部全体で流したことから始まった。個々のケースにおいて、農民たちは連邦準備銀行(FRB)の承認の下に銀行詐欺に遭った。これについての裁判は後に農業者損害賠償請求プログラムとして知られるようになった。1978年にコロラド州のある一人の年老いた農民が連邦土地銀行とローンを組んで農場を購入した。この農民が死亡した後、この資産は息子の退役将校であるロイ・シュワシンガー・ジュニアに相続された。その直後に連邦土地銀行の職員と連邦保安官が彼の農場に現れ、銀行は彼の農場の抵当権を流すので、30日以内に退去するようにと告知した。知識を欠いていたので、彼の父親は、借用者死亡の場合には、連邦土地銀行に資産を返却することという条件に署名したのだった。

怒ったロイ・シュワーシンガーは、デンバーの連邦裁判システムに集団訴訟を起こした。しかしこの裁判は提訴の手順の問題で取り下げられた。これからロイ・シュワーシンガーの心に火が付けられ、彼によって銀行システムの調査が開始された。1982年に彼は米国の上院と、後に最高裁と契約を結び銀行詐欺の調査を実施した。しかし、彼は厳しい非開示命令に従わなければならなかったので、メディアに発見したことを知らせられなかった。1980年代の終わりに、彼は連邦政府に対する集団訴訟を助けてくれた軍隊の高級将校を含む者たちに彼の持つ知識を分け与えた。これらの法廷闘争の最初のシリーズは1980年代の半ばにフォートコリンズのウィリアム、及びシャーリー・バスカービルが彼等の農場を差し押さえようとしたフォートコリンズの第一インターステート銀行との間に生じた破産問題において始まった。あるレストランで、弁護士はこれ以上助けられないと宣言した。この会話を聞いたロイ・シュワーシンガーは破産裁判所に提訴する方法を教示した。1987年に彼等はコロラド州の米国地方裁判所に提訴した。1988年の3月に、デンバーの連邦裁判システムは銀行が実際にバスカービルをだましたので、破産宣告を無効と裁定した。しかし抵当物件が戻されなかったので、彼等は新しい提訴を起こした。そのうちに、他の23人の農民、牧場主、インディアンが同じようにして銀行にだまされ、裁判に参加したいと言ってきた。

これらのケースでは、銀行は法外な金利を課し、不法な抵当流しを行い、あるいは口座に貸与金を繰り入れずに、支払うべきお金を盗み、資産の抵当流しを行うなどをした。お金がなくなっても、彼等は弁護士の助けを借りずに法廷闘争を継続した。ファーマーユニオンの助けも借りて、新しい訴訟が連邦土地銀行と農業信託システムに対して提起された。

地方裁判所は農民の勝訴の判決を下し、銀行に盗んだ資産を連邦保安官、又はナショナルガードの助けを借りて取り戻すように命じた。しかし、支払いは行われず、農民は連邦土地銀行と農業信託システムに対して非故意のチャプターセブン破産宣告をした。銀行はこのケースについて、自分たちは私企業ではなく、連邦機関なので損害を補償する立場にはないとの訴訟を起こした。

そこで、農民の法律チームは、新しい戦略を立てた、連邦土地銀行の1933年の憲章によれば、彼等は直接申請者にローンを組んではならず、破綻の場合の保証人としてのみローンを組めるのである。連邦土地銀行はこのルールに違反したので、農民の法律チームは銀行に対して損害を賠償させることに成功した。

この判決が広がり始めた。法律チームは他者に対する抵当流しに対してどのように対処すべきかを教え、同じように彼等の訴訟を支援した。セレブのウイリー・ネルソンも参加し、資金を提供した。

政府は問題を解決しようとしたが既に多くの訴訟で負けてしまっていた。より多くの証拠が集められた。国家銀行法によれば、全ての銀行は定款を登録する必要があったが、どの銀行もこれに従わず、法律チームは農業信託システムを提訴した。農業信託システムだけが米国銀行協会とのビジネス協定に従わなかっただけでなく、連邦住宅建設協会、住宅・地方開拓協会やFRBのような他の準政府組織さえも従っていなかった。

農民達の訴訟についてはそれぞれのレベルで意図的に記録が破棄され、法廷から排除された。そこで、1990年代の初頭に、ロイ・シュワーシンガーはこの案件を米国の最高裁に持ち込んだ。この案件のあるものは大衆の目から遠ざけられたが、ほとんどは今でも閲覧が可能である。

ほとんど全員一致で米国最高裁の判事達は農業ユニオンの勝訴を決定した。それ故に、農業信託システムによる全ての資産の抵当流し行為は違法とされ、当事者は損害賠償を勝ち取った。それに加えて、彼等は連邦政府と銀行は農民と、膨大な額のお金と財産を米国市民からだまし取ったのだ。

さらに、裁判所はアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)がプエルトリコ信託であり、FRBは違法であり、修正所得税法は四つの州でのみ制定されているだけなので、合法な修正ではなく、IRS法は正当な法ではないと裁定された。

退職したCIAエージェントから否定すべくもない証拠が提示された。このエージェントは、銀行の証言や記録が違法なものであり、農業ユニオンの主張は正当であると証言し、記録を提出した。この裁定の意味は深刻だった。FRBとIRSが得た全ての金、銀、タイトルは人々に返還されなければならなくなった。

法律チームは1950年代から秘密裏に憲法への回帰のために動いてきた政治家、将軍、ビジネスマンからなる善意の者たちのグループの支援を求めた。これらの者の中には、1933年の米国破産以前のタイトルを授けられた四つ星の将軍も含まれていた。

この案件が米国の最高裁に持ち込まれた時、彼等はこの者の肩を持って、United States Inc.の陸軍の将軍のタイトルを与えた。その後法的な行動は上院の金融委員会と、ロイ・シュワーシンガーと協力していたサム・ナン上院議員の手に渡った。隠密の議会及び政治的な圧力の助けを借りて、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は行政命令を発し、連邦に対する請求をした者には支払いを行うことを認めた。

1913年の連邦準備銀行法によると、現在の全ての、及びそれに引き続く米国財務省の負債はFRBによるものである。従って農民は法的チームが行政命令を利用して、FRBに金の裏付けがある通貨で損害賠償金の支払いを強制するだけでなく、United States, Inc.の破産時の法的所有権を主張出来る、と主張している。

損害賠償金を支払わせるために農民の法律チームは、ほとんどの人達が知らない、修正第14条の曖昧な付属条項を利用した。内戦の後に、政府は市民に損害を受けた者全てに、連邦政府の外国政府によって受けた障害や損害から市民を保護する義務の失敗に対する支払いの請求を許した。グラント大統領はこの付属条項を市民の目から隠したが、農民の法律チームの誰かが、これを持っていた。

これに注意深く見ると、それは外国政府によって受けた損害について規定している。この外交政府は憲法上の政府として大衆を欺いてきた企業体である連邦政府なのである。これは、United Statesとして知られている連邦システムの下の敵戦闘員として全ての市民を定義している1881年の基本法、1933年の敵との交易禁止法にさかのぼる。判事達と農民の法律チームは、米国の連邦政府が如何に悪で腐敗しているかを認識し、これに対抗するために、政府の制御を取り戻すための解決策を考えた。

A   第一に、彼等は、憲法が規定する金、銀の裏付けのある合法的な通貨で支払いを受けたらどうかと考えた。これならインフレを防ぎ、連邦準備システムが創り出す経済のサイクルから身をかわす事が出来るだろう。

B  第二に、金縁旗の下の海事法の代わりにコモンローへの回帰が必要である。コモンローの下では、損害は発生せず、法違反は行われなかった。これによれば、大衆を支配し、腐敗した政治家達を保護するために利用された数百万の法律を排除出来る。

C  最後に、IRSを解体し、国家販売税に置き換える。これがNESARA法の基礎である。

法律チームが最終的な解決を得た時には、各人は訴訟一件あたり平均2000万ドルを受け取ることになる。これに336000件をかけると、米国連邦政府に対する合計支払い請求額は、6.6兆ドルに達する。

米国最高裁はこの案件を秘密保持令の下に置き、連邦記録保管所から全ての情報を抜き出して、最高裁のファイルの中に格納した。その時点までは、上院議員のサム・ナンがバスカービルの案件を自分のオフィスに収納していた。判決が下され、この判決はジャネット・レオが封印した。この案件が封印されたので、提訴者たちは判決に違反せずには裁判記録をメディアに提示出来なくなった。しかし、彼等はそれでも他の人達にこの訴訟について話しをした。これがこの案件についての報道を目にすることがなかった理由なのである。

1991年にロイ・シュワーシンガーは上院委員会に出席して銀行と政府の犯罪行為の証拠を提示した。彼は、如何に企業体であるUnited Statesが国際銀行家達が支配するファシストの統一世界政府新世界秩序(New World Order:NWO)の実現と如何に結びついているかについて、議員達に知らせた。そこで、1992年に、300人の退役軍人と、35人の憲法を強く支持する米軍士官からなるタスクフォースが形成された。このタスクフォースは政府の役人、議会の役人、判事、及びFRBの職員の調査を担当した。

タスクフォースの主な構成員は、
*海軍作戦本部長、ジェレミー・ブールダ提督
*デービッド・マクラウド将軍
*前CIA長官ウイリアム・コルビー、である。

彼等は賄賂と強要行為が議員と判事の間で普通のやり方になっていることを明らかにした。この不正行為はひどく激しかったので、535人の議員の内でたったの2人だけが実直だった。しかし、さらに重要な事は彼等がFRBの初めての監査を行ったことだった。

FRBは、政治家に命令を下しており、監査を受ける意向はなかった。しかしFRBの職員たちは、必要な場合には、銃口を向けられると通告されて、調査に応じた。彼等のファイルを監査した結果、士官達は国の負債であるべき金額として、帳簿上800兆ドルが記録されていることを発見した。連邦政府の宣伝とは裏腹に、彼等は又、ほとんどの国がUnited Statesに借金を背負っていることを発見した。

これらの隠蔽された数百兆ドルの金額は押収されて、農民の大規模訴訟の結果に対する支払いに充てるためにヨーロッパの銀行口座に振り込まれた。これが後の繁栄プログラムの基礎になるのである。

これらの致命的な打撃にも関わらず、ジョージ・H・W・ブッシュとイルミナティは世界の奴隷化プランを続行した。

1992年の8月に、軍隊の士官達はブッシュ大統領と対決し、United Statesを憲法に回帰させるように署名を求め、彼にNWOという言葉を二度と口にしないように命令した。ブッシュは協力する振りをしたが、秘密裏にNWOの実施を計画し、1992年12月25日に銀行を無期限に閉鎖し、戒厳令を施行出来るとする行政命令に署名をしようとした。

ブッシュは、戒厳令の混乱の中で、現在の行政府にいる者を25年間釘付けにし、新しい役人の任命権を剥奪するという新しい憲法を設定しようとした。軍隊が介入して、ブッシュのこの行政命令への署名を阻止した。

1993年には最高裁のメンバーと、議会のある者たちと、クリントン政権からの代表者が、憲法への回帰、銀行の改革、及び財政の矯正を要求する米軍の高位の者と会合を持った。彼等は法律チームに国中で草の根レベルでの他の者たちの訴訟を助け、教育する会合を設定させる農場訴訟プロセスの創設に合意した。

損害賠償請求は金融機関によって貸与された全てのローンの金利について行う事が出来る。これは抵当流し、弁護士費用、裁判用、IRSの税金又は先取特権、リアルエステート、及び資産課税、及び資産喪失に関する心理的、感情的なストレス、ストレスに関係する自殺や離婚などの病気、保証、投獄、保護観察などについて請求出来る。

しかしクリントン政府は、農業者の請求には政府が作った特別な形式を用いることを要求することによって、彼等の努力を害した。この形式には、請求一件毎に行政費用300ドルを要し、後の1994年にロイ・シュワーシンガーを含む法律チームの逮捕費用に充当された。

政府は案件の真の性状を隠すために特別ステップが取られたミシガンにおける裁判の間に彼等が主張した事を非常に恐れた。州の裁判所はの要員は月曜日から木曜日まで裁判中の労働を禁じられた。裁判所の外側では、FBIのエージェントが周辺に群れ、メディアと訪問者に起きていることを知らせまいとした。

政府による収監中の嫌がらせと報復は増し、あるいは殺害が行われた。軍事要員による保護にも関わらず、1933年のUnited States破産の元の肩書きを得た将軍達は収監され、殺害され、あるいはクローンに置き換えられた。このクローンはその後更なる請求が行われないように防止するためのおとりとして利用された。

クリントンの一次政権の間、軍部は多くのクリントンによる連邦要員の指名を遅らせ、これらの者たちが憲法への回帰を支援するかどうかを確認した。必要な変化をもたらすと約束した者たちの中には、司法長官ジャネット・レノが含まれていた。

最高裁の1993年6月3日の裁定の下に、ジャネット・レノは、デルタフォースと海軍特殊部隊をスイス、英国、イスラエルに派遣して、連邦準備システムが戦略的金保管所から盗んだ数兆ドルの金の回収を命じた。これらの国々は、負っている負債のキャンセルを米国が約束し、米国からお金を盗んだ者たちがこれらの国からもお金を盗んだので、この急襲に協力した。

この金塊は、貴金属の裏付けがある新通貨のために用いられる予定だった。これは今、コロラド州コロラドスプリングスのノラッドコンプレックス、及び他の四カ所に安全に保管されている。ジャネット・レノの行動は権力者を大きく憤らしたので、彼女は殺害された。彼女はクローンに置き換えられ、この生物が種々のクリントンのスキャンダルの隠蔽の責任者だったのだ。

米国財務省のロバート・ルービンを味方に付けておくために、彼もクローンに置き換えられた。クリントンの残りの在任期間の間、レノとルービンの給与は、国際通貨基金(IMF)から外国エージェントに対するものとして支払われ、米国財務省からは支払われなかった。これらの活動にも関わらず、法律チームは、流血と大革命を避けながら、戦いを続けた。

1993年以降、農業者の賠償請求プロセスの名称は、銀行請求に変更された。1993年から、1996年の間は、米国最高裁は米国市民に米国財務省が支払う損害賠償請求には、”銀行請求”と称するように要求した。このプロセスは1996年に終了した。この期間に米国の最高裁は、二、三の判事に裁定の進歩を監視させた。彼等は経済、通貨システム、銀行、憲法政府、法律、及び他の多くの関連分野の専門家の支援を得た。これらの判事達は、支持連合を構成し、世界的な人々の支援網を形成した。これは”ホワイトナイト”と呼ばれた。”ホワイトナイト”という用語は、ビジネスの世界からの借用である。それは敵の買収から企業又は金持ちにより救済される脆弱な会社を意味する。

必要な変化を起こすために、五人の判事が長年かかって、改革を起こす方法についての交渉を行った。やがて、彼等はある合意に達したが、これは米国政府、FRBの所有者、IMF、世界銀行、英国その他のユーロゾーンの多くの国の内部では”協定(アコード)”として知られている。この米国の銀行改革は全世界に衝撃を与える。IMF,世界銀行、世及び他の国々も関係しなければならなかった。この改革ではFRBの米国財務省による吸収の必要があり、銀行の詐欺的な活動は停止され、過去の損害に対する支払いの必要もある。

1998年には当初から農民の訴訟プロセスに加わっていた将軍たちが、最高裁の裁定には協定の実行の意図がない事に気が付いた。そこで、彼等は改革を実行する唯一の方法は、議会が承認した法を通じる事であるとの判断をした。1999年には、75ページのNESARA(国家経済保証及び改革法:National Economic Security and Reformation Act)が議会に提出され、一年近く議論が交わされた。

2000年3月9日の夜遅くに、文書による定足数招集がデルターフォースと海軍特殊部隊によって15人のNESARA担当の上、下院議員に配布された。彼等はただちにデルタフォースと海軍特殊部隊に守られてそれぞれの投票室に入り、NESARAを成立させた。

これらの15人の議員達は当初の修正第13条に従ったオフィスを持つことが法的に許された唯一の人々だった。1812年の戦争時に、英国兵が英国王に関係する者は誰も公的なオフィスを保有する事が許されないという修正貴族称号法(TONA)のコピーを破棄したことを思い起こしてほしい。NESARAはこの国だけでなく、この惑星の全歴史を書き換える最も目覚ましい改革なのである。この法律はFRB、IRS,影の政府その他多くのものから離れるものである。

NESARAが実施されると以下のような変化が起きる。
1  全てのクレジットカード、住宅金融、他の銀行債務は不法な銀行業務と政府の活動の結果ゼロに解消される。これはFRBの最悪の悪夢となり、負債解消の祭りとなる。
2  所得税の廃止。
3  国内収入庁(IRS)の廃止。IRSの祖hくいんは米国財務省の消費税担当に転勤になる。
4  14%の均一な物品の売り上げ税。生活必需品を対象とせず、新しい項目のみを対象とする売り上げ税が政府の収入になる。別の言い方をすれば、食品や薬品には課税されず、中古のような一旦使用された物には課税されない。
5  年長者への年金額の増加。
6  全ての裁判所と法的な事項についての憲法への回帰。
7  貴族称号に関する修正憲法の復帰。数十万の外国勢力の支配下にある米国人は市民権を失い、他の国に追放され、生涯再入国出来なくなる。数百万の大学卒業の学位記は価値のない紙切れになる。
8  NESARA宣言の後、120日以内に大統領及び議会議員選挙が行われる。暫定政府は全ての戒厳令をキャンセルし、当初の憲法に回帰する。
9  選挙は監視され、特定の利益団体の不法な占拠活動を防止する。
10 新しい米国財務省を設立し、金、銀、プラチナなどの貴金属の裏付けがある、レインボウ通貨が発行され、フランクリンルーズベルトが1933年に開始したUnited Statesの破産は終了する。
11 米国人の誕生証明書の売買は禁止され、米国運輸省による動産証券としての記録が禁じられる。
12 憲法に沿った新しい米国財務省銀行システムが開始される。
13 FRBは排除される。遷移期間の間、FRBは、全ての連邦準備紙幣を通貨供給ルートから排除するために、米国財務省と平行に一年間だけ運用が許される
14 財政のプライバシーを復帰させる。
15 全ての判事及び弁護士は憲法に従うように再訓練する。
16 世界中であらゆる攻撃的な米国政府による軍事活動を止める。
17 世界中で平和を確立する。
18 人間性確保の目的で膨大な額のお金を放出する。
19 国家の安全という口実で公衆から隠蔽されていたフリーエネルギー技術、反重力技術、音波ヒーリング装置を含む、6000件以上の特許技術を公開する。

クリントン大統領のクローンは2000年10月10日に議会を通過したNESARA法への署名に一向に関心を示さなかった。米軍の将軍からの命令の下に、エリートの化軍特殊部隊とデルタフォースがホワイトハウスを襲い、銃口を向けてビル・クリントンにNESARA法への署名をさせた。この間、シークレットサービスとホワイトハウスの保安要員は降伏を命ぜられ、武装を解除され、このイベントの秘密保持を命令された。このイベント発端から、ブッシュ・シニア、企業体政府、大銀行、カーらいるグループは、NESARAに反対であった。秘密を保持するために、この事件の詳細と事件整理番号は封印され、議会の公式記録所で改訂され、さらに最近再改訂された。これは公的な議会議事録が見あたらない理由であり、改革が行われるまでは、この法律を探索しても正しい詳細が得られなかった理由なのだ。

政治家、メディア、銀行員に課せられた極度に厳しい秘密保持令のためにこの法律についておそらく誰も聞いた事がないはずである。アレックス・ジョーンズやロン・ポールさえもがそれついて語ろうとしないが、この法律は依然として有効なのである。議会の銀は最高裁の判事達からNESARAの存在について否定するようにとの命令を受けているので、これについて語ろうとしない。さもないと、国家反逆罪で死刑を科せられるからだ。議会の議員のうちのある者は、実際に議事妨害の罪を着せられた。ミネソタ州の上院議員、ポール・ウェルストーンは秘密保持命令を破ろうとしたがそうする前に彼の小型飛行機が衝突して妻、娘、彼自身が死亡した。

恐れが議会を従わせるのに十分でなければ、お金が役に立つ。CIAは定常的に上院議員に銀行ロールプログラムで得た不正利得を用いて贈賄している。全ての上院議員んいは最低2億ドルの賄賂が送られ、カナダにあるバンクオブアメリカの口座に預金されている。メディアネットワークのNESARAに関する報道を見聞きした事はないはずである。沈黙を守らせるためにCNNのような大きいニュースネットワークには年間200万ドルが支払われる。この不正利得は、ユタ州のモルモン教会から、上院銀のオリン・ハッチの事務所とバンクオブアメリカを通じて支払われる

議会だけが賄賂を受けているだけでなく、統合参謀本部全体と大統領を含む政府高官全てもこの支払いを受けている。憲兵司令官のみがこれらの者たちを逮捕する権限を持っているが、悲しむべき事に、彼もこの仕事を実行しようとはしない。

驚くことではないが、NESARAについては多くの偽情報がインターネット上に見られる有名なネイサイヤーには quatloos.comがあり、CIAの手先だと言われている。 nesara.orgはブッシュファミリーが運営している。シェリー・シュライナーや種々のインターネットチャネラーはテレパシー諜報員からメッセージを受け、混乱を増している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TETSQUA IKACHI(私の命を大地に)』長老たちのメッセージ:β版 (前半)

2017-10-12 21:51:44 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

人類の模範的生活観・・・ポピの文化は世界を支える

 記録映画:http://uhnungdalawva.com/tetsquaikachi.html をご覧ください。

私たちは、ホピの文化と、その生き方を記録した映画を、全ての未来の子どもたちに、そして友人のために制作しました。何故、私たちの長老達が、本来のホピの文化や生き方を保とうとしたのか、また他国の支配から逃れようとしたのか、数人しか理解しないかもしれません。長老達が、外からの圧力や規律に抵抗したのは、私たちが従っている秩序こそが、神聖であり、普遍的だったからです。

私達は、ホピという生き方が、良きものだと信じています。しかし、多くの人たちが、私たちの指導者による叡智に耳を傾けようとしなかったため、ホピという生き方が、もう失われようとしています。私たちの亡きチーフ、カチョンバが、この映画が制作されることを望みました。ようやく、私たちは、彼の願いを果たすことができます。

この映像を通して、私たちの村の長老達は、予言について、起きようとしている事に対する警告を含め、伝承されたことを語っています。特に、ホピ族の歴史において、何故、ホテビラという村が創設され、そして「バハナ」と呼ばれる白い人たちの干渉に対して、未だ私たちが抵抗しているのか、長老達が伝えています。

この影響は明らかで、すぐに、私たちの生き方が滅ぼされました。次第に、私たちは、私たちの言葉も喋らなくなりました。私たちは、儀式が持つ意味も忘れてしまっています。私たちの世界観は、異邦人の文化に基づいた考えとやみくもに混ざっていき、やがて私たちが誰であるかという事さえも分からなくなっています。私たちは、指導者による警告や叡智に対して、聞く耳を持ちませんでした。私たちは、自ら、この不幸や衰退を造りだし、招いたのです。今、私たちは幸せでなく、子ども達には、どのような人生が待ち受けているでしょうか?

大地も、どのようになってしまうのでしょうか?あなた方の、それぞれの経験が、指導者が正しかったか、そうでなかったか、物語ってくれるでしょう。よく考えてみてください。もともと、私たちは、このひとつの世界の下で、美しい生き方をしていました。しかし、私たちは、次第に注意を無くしてしまい、台無しにしてしまいました。

この世界を守る賢者マーサウは、オライビに住み、既にこの事を知っていました。彼らは、マーサウがいる地上の世界に上がって行って良いかどうか、許しを乞うため、使者である鳥に託します。マーサウは、もし彼と同じように謙虚な生き方を我々がすれば、来ても良いと言いました。私たちの長老達は、いくつかの時代を超えて、この物語を伝えてきました。私たちは、生命の維持ができないほど崩壊が起きていた地下の世界からやって来ました。私たちは、もともと従っていた秩序を、保つ事ができませんでした。自分勝手な欲望が、私たちのこのような行動へと導いたのです。私たちは、女性や指導者に対する敬意と尊重を失いました。全ての生命が、調和から投げ出されました。賢さを保った僅かな人たちが集まり、崩壊した世界から抜け出す事を決めました。彼らには、頭上で誰かが歩く音が聞こえていました。

彼らの使者である鳥は、この足音がマーサウである事を知りました。そして、私たちが行って良いか聞いたのです。マーサウは、こう答えました。「彼らが来る事は構いませんが、私は簡素に暮らしています。私が持っているのは、耕す棒と種だけです。もし彼らが、私と同じような生き方をしたいのならば、ここに来る事を歓迎します。」私たちは、草をつたって、グランドキャニオンの底から現れました。シパプニ(聖なる穴)を通じて、この地球の上にやって来たのです。マーサウは、そこで私たちの事を待っていました。私たちの叡智と真意を確かめるため、マーサウはいくつかのトウモロコシの実を前に並べ、ひとつ選ぶよう問いました。ほとんどの欲多き者が、長いトウモロコシの実を選びました。最後まで待つ事を選択した、私たちの指導者には、短いトウモロコシの実しか残されていませんでした。

指導者と、彼に従った人たちは、ホピと名付けられました。そしてマーサウは、私たちに対して、あらゆる方向に移住し、家を建てるよう指示しました。
そして彼はこう言いました。「次の旅立ちまで、必要な分だけ食料を育て、貯蓄し、そこに居なさい。去るときは、あなた方の陶器を壊しなさい。また、証として、岩々に目印となるものを残しなさい。そして、聖なる社を建築しなさい。これにより、地球に霊的な根が与えられ、あなた方は大地と共に、調和とバランスを保つことができます。これらを実践する事によって、真の秩序を認識し続けるでしょう。」私たちは、最終的に、オライビで、移住の旅を終えました。

そこでまた、マーサウに出会いました。マーサウは、ホピとしての生き方について、私たちに警告や予言、そしてその教えを授けました。様々な氏族が、あらゆる方向からたどり着きました。それぞれが、村に受け入れてもらうために、既にいた人々が幸せに育むことができるよう、彼らが貢献できる事を説明する必要がありました。もし、威張りながら話すような人がいれば、彼らは受け入れてもらえず、「あなた方と同じような生き方をしている人たちがいる、次のメサ(高台)に行きなさい」と言われました。謙虚な人たちだけが、オライビに定住する事を許されたのです。そして、彼らは、様々な氏族に属し、独自の知恵と叡智を保有していました。私たちは一緒に、母なる村、オライビを設立しました。

そして、聖なる社の中で、年間を通じて、儀式を開始させました。儀式の周期は、全ての生命がこの大地で育まれるよう祈りを捧げ、そのための羽根を作るところから始まります。これが人生を豊かにするのです。私たちは、充分な食糧を蓄え、協力しながら、幸せに暮らしていました。その時は、全てにバランスと調和が保たれていました。私たちは、雨、そして花に恵まれました。私たちは、お互いを愛し、平和の中で暮らしていました。大地を失うことに対して、懸念を抱いている者はいませんでした。バハナ達が、まだ渡来していなかったため、誰も彼らが問題を持ち込むとは考えていませんでした。しかし、スペインの宣教師が来た時、状況が一変しました。宣教師は、オライビに落ち着き、私たちを入信させようとしました。彼は、私たちを支配し、奴隷のように扱いました。そして、周期的に行われていた儀式を禁じたのです。

すると、雨が降らなくなりました。飢餓が、私たちに、もともとあった生き方について考えさせました。私たちは、このスペイン人たちを排除することに決めました。ある氏族が、彼を殺す役割を引き受けました。そして私たちの祈りと共に、雨がまた降り始めました。これで、ホピの生き方に対する信仰を取り戻せたのです。そして、私たちは、二度と道に迷うことがないよう願いました。しかし、またバハナ達が、アメリカ合衆国政府として、私たちの平和を壊しにやって来ました。政府は、洗脳するために、彼らの学校に通うことを私たちの子供達に望みました。最初は、全ての村が協力しあい、「私たちには、私たちの子供達への教育の仕方がある」と拒否しました。すると、政府は、私たちの男の人を逮捕するため、警察を送りこみました。オライビのチーフ、ロロマを含む、全ての村のチーフが、この圧力に屈服しました。

彼らと、従っていた人たちは、「親善者」という名前がつけられました。
そして、拒んだ私たちは、「敵者」と呼ばれました。私たちが、創造主に与えられた秩序の放棄を|拒む生き方を選択した結果、私たちの人々の間に、深刻な対立を生み出し、調和を破壊したのです。1906年に私たちが、オライビを追放された時、私の身長はこのくらいでした。私は、自分自身の経験を語っています。私たちは、政府と協力関係にあった私たちの人々によって、立ち退きを強いられたのです。彼らは、私たちの村の人たちでありましたが、家に入り込み、私たちを外へ投げ出したのです。彼らは、私たちの指導者を既に知っていたため、最初に捉えました。彼らには、全く敬意や尊重はなく、とても乱暴でした。

私たちの仲間の一人は、地面にべったりはりつくように、横たわっていました。彼らは、彼を動かす事ができませんでした。彼らは、私たちを村の北側に追いこんだのです。チーフのカチョンバを、気絶させた戦いもありました。彼らは、指導者であった、ユキウマのお父さんのような老人でさえ殴り、衣服を引き裂きました。「敵者」として認知されていた全ての人が、追いやられたのです。彼らは、私たちの髪を掴み、道の土埃を立てながら、村の端まで引きずりました。そして、「親善者」なる女性にバカにされました。「ざまあみなさい!ここから出て行きなさい!西のほうに向かい、定住しないナバホ族と同じように居なさい。そして、二度と戻って来ないでくださいね!バハナの物を何も望まないなら、このショールを着る必要もないでしょう。」そして、彼女達は、白人が持ち込んだ服を、我々から取り上げました。



全ての私たちの女性、そして子供達も家から追い出され、ドアにかんぬきをかけられました。私たちが、食べ物を摂る事さえ、許してくれませんでした。物資がない事を懸念し、私たちが何か確保しようとすると、追いやられたのです。いつのまにか、私たち全ての人が、村の端に余儀なく追いやられていました。指導者であったユキウマは、彼の足で、砂の上に線を引きました。そして、彼はこう言いました。「この時点から、全ての大地は私の保護にあります。あなた方、オライビにいる人たちは、村しか持つことができないでしょう。」さらに、ユキウマは線をまたがり、言いました。「ありがとうございます。私たちは今から、恐れを抱かずに済みます。この大地が、私たちに食料を与えてくれます。」彼らは、私たちを羊のように、丘の向こう側に追いやりました。

そこで、私たちの指導者達は、集まりました。「どこに、私たちの新しい村を見つけようか?」「すぐそこにある、フッコビはどうだろう?」「いや駄目だ。これは報復を意味してしまう。」なので、私たちはより遠く、まだ何もなかったホテビラに移動することにしました。杉の木しかなく、食料も家も何もありませんでした。時期は9月で、次第に寒くなっていました。指導者達は、そこに留まる事を決め、私たちは寒さを凌ぐための家を造り始めました。ホテビラに、定住することにしたのです。私たちは、地盤が強かった場所に穴を掘りました。そして、杉の木を、壁や屋根のために使用し、これを冬を凌ぐための家としました。扉はなく、ブランケットしかありませんでした。その年の冬は、大変厳しいものでした。この時の私たちの経験を、この歌を通じて覚えています。「悲しき可愛そうな私たちは、村の家から追い出されました。私たちは、ここで何もなく、歌を唄っています。オライビにいる人たちは、とても明るく陽気でいます。私たちを取り除くことが、彼らを幸せにするのです。

十字架を選択する事で、これが彼らの支えの根源となり、私たちの事をバカにしたのです。私たちは、起きたことの真実しか唄っていません。彼らが、この話しをするときは、ねじ曲げて語るでしょう。彼らは、私たちをのけ者にして、笑ったのです。」今もなお、オライビにいる人たちは、自分達「親善者」が、ホピの生き方を裏切ったと、認める者は誰一人いません。私たちは、ホピの生き方として、大地や私たちの生命が守られることを願った、ユキウマに従いました。しかし、彼は「敵者」のリーダーとして見なされました。ホテビラの村が設立されたときに、ユキウマは私たちの村のチーフとして認識されました。彼は、本当にホピの生き方とその秩序について、忠実でした。他の全ての村々はバハナの文化を受け入れ、私たちをオライビから迫害することに関係しました。その時、私は12才だったので、全てがどのように起こったか、よく覚えています。

ここでも、軍隊がやって来て、私たちは追いやられました。彼らは、私たちの父親を逮捕し、どこか遠くに連れていきました。政府は、私たちの抵抗を蹴散らそうとしました。彼らは、私たちの指導者を、インディアンの政府機関が存在したキームズキャニオンの刑務所、フォートウィンゲイトやフォートファッチュカ、最も遠い所では、カルフォルニアにあるアルカトラズ刑務所に入れました。ある者は、カーリスルにある学校に通わされ、バハナの考え方になるよう洗脳され、彼らのシステムとしての価値観を叩き込まれました。私たちは、皆とても苦しみました。私自身、この出来事の目撃者であり、経験者でもあります。私の父親は、アイロンを押し当てられたのです!そこにいた、ナシウィシマは、このように語っています。

「私たちがキームズキャニオンに到着するなり、彼らは、6人いた我々を地下に投げ出し、鎖でつなぎました。彼らは5日もの間、食糧を分け与えてくれませんでした。私たちは、とても衰弱し、次第に幻覚が現れました。最終的に、彼らは、食糧を私たちに、分け与えてくれました。しかし、私たちは、病にかかり、誰かが外に急いで出なくてはならない事があれば、私たち6人全員が付き合わなければいけませんでした。私たちが、活力を取り戻すと、彼らは、高速道路建設のために、岩を砕く重労働を我々に強いました。誰も怪我をしなかったのが、不幸中の幸いでした。彼らは、毎日契約書を持ってきて「署名をすれば家に帰してやる」と言ってきました。しかし、私たちは、彼らに我々の子どもを奪われるような事はさせませんでした。

私の父は、学校そのものに反対でした。「あなたは、異なった意味合いを持つ言語を学ぶ事になります。彼らの生き方や習慣を、しつけられ、次第に、あなたにとって、私たちの文化が変に映るようになるでしょう。そして、あなたは、ホピを二度と理解する事なく、あなたが何者であるか分からなくなるのです。」ある朝、兵士が私を捕まえました。彼らは、私の逃げ道であった、裏の扉を封鎖しました。このように、私は誘拐されたのです。私は、どこに連れられて行くのか、分かりませんでした。そこは、フェニックスにあった全寮制の学校でした。私は、英語を知りませんでした。私たちが、独自の言語を喋った時は、彼らによって、罰が与えられました。全てこれらの出来事は、政府が仕組んだ事で、私たちは大変な苦難を強いられました。彼らは、色々な意味で、私たちを、崩壊させようとしたのです。

バハナは、私たちに、返すべき借りがあります。私たちを抑えようと、暴力的に制圧しなければ、問題ありませんでした。私たちは、大地と生命のために立ち上がったので、収監されていた期間、苦しみが伴いました。しかし、今となっては、全てが変わり果ててしまいました。我々の人たちは、バハナのような考えのもとに生活しています。彼らは、ホピ的生き方を、良きものとして、見ているのでしょうか?この大地は、私たちに託されたのです。バハナが所有するものではありません。私たちは、家を建てるため、お金は必要ありません。
誰でも、畑を世話し、家族を養って良いのです。私たちは、既に自給出来ていて、経済的支援は、必要ありません。バッカビを設立した人々は、始めは私たちと共に、ホテビラに来ました。きっと彼らは、より政府の圧力を恐れたのでしょう。

一度、彼らは、オライビに戻ろうとしましたが、拒まれました。なので、彼らは、定住できる場所を探しました。最初に、ナバホ族が侵入していた、グレースプリングに行きました。しかし、オニオンスプリングとも呼ばれる場所で、同じ事が起きました。最終的には、私たちの村に程近かったレッドスプリング、または、バッカビと呼ばれる場所に落ち着きました。彼らは、コウモリのように、キームズキャニオンの政府機関であるBIAに飛び込んで行き、ミラー管理人に、自分たちの村を設立するための助けを求めました。管理人は、こう言いました。「ホテビラは、あなた方がそんなに近く暮らす事について、賛成しているのでしょうか?つい最近、あなた方は、彼らを見捨てました。なぜ、あなた方は、彼らと、目と鼻の先にある場所で暮らしたいのですか?もし、ユキウマが、この事に反対であれば、これがきっかけで、問題に発展してしまいます。」

バッカビの指導者であった、ケワニンプテワは、こう答えました。「なぜ私が、彼らに聞く必要があるのでしょうか?どこで村を構えたいか、私の一存で決まります。」ミラー氏はそれに対し、「近すぎますし、このやり方は正しくありません。あなたは、あえて問題を引き起こし、それに対して、私の後ろだてが欲しいと言うのですか?私は、協力しません。」「私は、ただ材料と道具が欲しいだけで、学校を建設しても、構いません。また、私たちの人々が、私の事を尊敬するよう、拳銃と制服をください。」「これは、私にとって、問題以外、何にもなりません。」とミラー氏は言いました。「私は、あなたの権力に対する欲望に、協力しません。」しかし、ミラー氏の上司、クレーン氏は、彼に、学校を含む、全てを与えました。さらに、ケワニンプテワは、カスティーリャ(キリスト教勢力)が大好きな、教会が建設されることを望みました。

学校と教会が、彼の権力の基盤となりました。政府機関と同盟関係を作ることで、彼の村の人々に、近代的な発展をもたらしました。教会は、彼の計画上、特に重要な位置付けにありました。彼は、建設が終わった際に、屋根の上からこう訴えかけると、約束しました。「さぁ、私の人たちよ、準備は良いでしょうか?着替えを済ませ、私に従いなさい。私たちは皆、教会に参加し、洗礼を受け、天に祈りたいはずです。」しかし建設が終わっても、彼は教会に参加しませんでした。ある日、女性が彼にこう言いました。「ケワニンプテワさんよ。教会を持つ事で、全てが成る、という考え方は、あなたのものであったはずです。私はあなたを信じ、洗礼を受けました。今度はあなたの番である事を、私は期待します。」彼が、洗礼を受けるような事は、あったでしょうか?いいえ。誰も従わない事を、既に彼は知っていたからです。宗教的指導者は、キバ(地下の祈祷施設)を建設し、再びホピのサイクルを祀りました。ケワニンプテワは、バッカビが大地を失った事を、認めざるを得ませんでした。それは、彼を含む全てのホピが知っていた事でした。彼らは、大地と繋がることなく、近代文明の建物が建設される事を許しました。

前半

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<小池知事>国政新党「希望の党」代表に

2017-09-25 15:50:12 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

9/25(月) 14:40配信

毎日新聞

 東京都の小池百合子知事は25日、臨時記者会見を開き、知事職にとどまったまま、自らが中心となって国政新党「希望の党」を設立すると発表し、新党の代表に就任する考えを示した。

【図解】衆院解散をめぐる各党の思惑

 小池氏は「(新党は)私自身が立ち上げる。国政に直接、絡んでいきたい。都政はしっかりと行う。都政に磨きを掛ける上で、(国政に関与することは)都政にとってもプラス」と述べた。【円谷美晶】

最終更新:9/25(月) 14:56
毎日新聞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【道州制への道】民進・松原氏が離党届、新党入り表明 末松氏も検討

2017-09-25 13:10:02 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

9/25(月) 11:47配信

朝日新聞デジタル

 民進党の松原仁・元国家公安委員長(衆院比例東京、当選6回)は25日、同党に離党届を提出し、東京都の小池百合子知事が支援する若狭勝衆院議員らが設立する新党入りを表明した。28日の衆院解散を前に、低迷する民進から新党へ離党する流れが強まっている。

 松原氏は25日午前、離党届を党本部に提出後、記者団に「小池さんがつくる新党に加わる決意をした。今の政治を変えるには新党のダイナミズムが必要だ」と語った。

 また、民進の元衆院議員で衆院東京19区から立候補を予定している末松義規・元復興副大臣も25日、離党を検討していることがわかった。関係者によると、一両日中に表明する意向で、新党への参加を希望しているとみられる。

朝日新聞社

最終更新:9/25(月) 12:33
朝日新聞デジタル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【道州制への道】きょう解散表明 小池新党、150人擁立目指す

2017-09-25 10:54:30 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

9/25(月) 7:55配信

産経新聞

 ■こころ・中山代表合流へ 現職副大臣も

 安倍晋三首相は25日午後、首相官邸で記者会見を開き、28日の臨時国会冒頭での衆院解散を表明する。衆院選は10月10日公示-22日投開票となる。そんな中、東京都の小池百合子知事が、側近の若狭勝衆院議員が結成する新党「希望の党(仮称)」から候補者150人の擁立を目指し、急ピッチで準備を進めていることが分かった。小池氏らは首都圏選出の民進党議員を中心に次々と新党参画を持ちかけており、衆院選を目前に政界は一気に流動化する公算が大きい。

 自民党の福田峰之内閣府副大臣(53)=衆院比例南関東=は24日、若狭氏と都内で記者会見し、新党から出馬する考えを表明した。若狭氏は「考え方が一致するなら自民党の人が今後も新党に加わる可能性がある」と述べた。

 日本のこころの中山恭子代表(77)=参院比例代表=は24日、小池氏と都内で新党入りに向け協議し、憲法改正や拉致問題などの理念・政策の一致を条件に掲げた。小池氏は回答を留保したが、若狭氏は記者団に前向きな考えを示した。

 日本のこころでは、中山成彬元文部科学相ら前回選挙で落選したメンバーや地方議員ら約10人が新党から出馬の意向を示している。参院議員の中野正志幹事長は合流を拒否したという。

 ◆民進・松原氏ら検討

 民進党の松原仁元拉致問題担当相(61)=衆院比例東京=は24日、新党参加を検討していると周囲に明らかにし、柿沢未途衆院議員(46)=東京15区=も25日の後援会会合で離党するかどうかを表明する。

 複数の関係者によると、小池氏は9月中旬から新党構想を一気に加速させた。周囲に「150~160人を擁立させる」と語ったという。小池氏が切り崩しを狙っているのは、(1)日本維新の会から分裂した旧次世代の党(2)首都圏を中心にした民進党(3)旧みんなの党-の国会議員や元国会議員、地方議員ら。首都圏だけでなく関西や九州でも幅広く候補者を擁立する。

 切り崩し工作は、民進党出身の細野豪志元環境相や長島昭久衆院議員、旧みんなの党代表の渡辺喜美参院議員が担っている。ある民進党議員は、細野氏に「新党に入らないなら選挙区に対抗馬を立てる」と脅されたという。

最終更新:9/25(月) 8:16
産経新聞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【道州制への道】福田内閣府副大臣、新党合流へ=自民議員初、政権に打撃

2017-09-24 17:41:50 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

9/24(日) 12:15配信

時事通信

 自民党の福田峰之内閣府副大臣(衆院比例南関東)は24日、同党を離党し、小池百合子東京都知事と近い無所属の若狭勝衆院議員が結成する新党に加わる意向を表明した。

【国会議員情報】福田 峰之(ふくだ みねゆき)

 自民党議員で新党に合流する動きが明らかになったのは初めてで、安倍政権にとって打撃だ。一方、若狭氏や細野豪志元環境相は同日、都内のホテルに集まり、新党旗揚げに向けた準備を加速させる。

 福田氏は衆院当選3回で麻生派所属。前回衆院選では、神奈川8区で江田憲司民進党前代表代行に敗れ、比例代表で復活当選した。

 福田氏は都内で若狭氏と会談し、新党に参加する考えを伝えた。この後、若狭氏は記者団に「考え方が一致しており非常に心強い」と歓迎した。自民党から後に続く動きが出る可能性については「あり得る」との見方を示した。 

最終更新:9/24(日) 16:04
時事通信

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【道州制への道】日本のこころ・中山恭子代表が「小池新党」参加へ 夫の中山成彬元文科相も

2017-09-24 17:26:14 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

9/24(日) 14:22配信

産経新聞

 日本のこころの中山恭子代表(77)=参院比例代表=が、小池百合子東京都知事の側近らが結成する国政新党に参加する意向を周辺に伝えていたことが24日、分かった。中山氏は同日午後、東京都内で小池氏と会談する。

 関係者によると、中山氏の夫の中山成彬元文部科学相も新党に加わり、10月の衆院選に出馬する意思を示している。

最終更新:9/24(日) 17:16
産経新聞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【道州制への道】小池都知事、新党名は「希望の党」党首固辞もお気に入りワードで衆院選

2017-09-24 06:57:49 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

9/24(日) 6:03配信

スポーツ報知

 東京都の小池百合子知事(65)に近い若狭勝衆院議員(60)と細野豪志元環境相(46)が、近く結成する新党の名称を「希望の党」とする方向で最終調整に入ったことが23日、分かった。

 小池氏は昨年、自身が主宰する「希望の塾」を発足させている。「希望」は昔から小池氏のお気に入りワードで、自身が党名に入れることを要望したという。小池氏が新党に関与していることを明確にアピールする狙いがあるとみられるが、一時候補に挙がっていた「ファースト」を党名に組み込むことは断念。小池氏の知名度頼りの党だけに、7月の都議選を経て定着した「ファースト」抜きで小池色をどれほど前面に打ち出せるかは不透明だ。

 また、新党が神奈川県の全18選挙区全てに候補者を立てる方向で調整していることも分かった。ほぼ全25選挙区での候補者擁立を目指している東京に続き、強気の大量出馬方針。若狭氏は同日放送のBSジャパン番組で「(野党との選挙協力について)非自民・非民進の政党を作るというのが始まりなので、選挙だから何が何でも勝つという近視眼的な対応は基本的にしない」と強調し、民進らほかの野党すらなぎ倒す勢いで大勝を狙う意向を示した。

 さらに若狭氏は候補者数については「50人は下回らない。将来的には政権交代可能な大きな政党を目指している」と自信満々。党首に関して「少なくとも国会議員がなることはほぼ決まっている」とも述べた。だが、突然の解散風ゆえの準備不足がたたってか、各所で調整は難航。新党は若狭氏の政治塾の塾生を中心に全国で70~80人ほどを立てることで調整しているが、準備不足から二の足を踏む候補者も続出状態だという。

 関係者によると、若狭氏は小池氏に対しては単独党首の就任を依頼したが、本人からは固辞。説得できなかったとなれば今後、新党内での立場に関わるため、同番組で「小池氏に党首就任したことはない」と言わざるを得なかったという。今後は共同代表や顧問など要職就任を打診する。大急ぎで体裁を整えている新党が、無党派層の受け皿になれるかは不透明だ。

最終更新:9/24(日) 6:03
スポーツ報知

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菜食主義の偉大な人々 ニコラ・テスラ、アインシュタイン、レオナルド・ダビンチ

2017-09-23 20:20:32 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

ベトナム料理のレストランですが、月1回だけ、動物性たんぱく質を全く使わない料理を提供してくれるビュッフェを開催していると聞き、今日、さっそく行って来ました。

長男が完全ベジタリアンのヴィーガンになり、毎日、果物と野菜類しか食べなくなったので、少し栄養不足かと思い連れて行きました。彼のヴィーガンぶりは徹底しており、例えば、納豆のソースに魚のエキスが少しでも入っていれば、その納豆は食べないという感じ。そばつゆにも魚のエキスが入っているので食べない。卵やチーズが入っているものも、一切食べない。そのため、最近は、卵もあまり減らないし、チーズも減らない。だから、あまり卵とかチーズも買わなくなりました。
 
日本人にとって、完全ヴィーガンになる難しさはシーフードを止める事。日本人にとって、肉を食べるのを止めるのは、比較的、簡単にできる。日本人は以前、肉を一切食べなかった。西洋の爬虫類文化が入ってきた明治時代から、肉やら乳製品を食べ始めたのだ。しかし難関は、魚介類を食べるのを止める事。日本人の食生活文化はシーフード文化と言っていい。特に、寿司というものは、日本人の魂のフードと言っていい。寿司が嫌いという人はめったに居ないだろう。あの口にとろける味。油の乗った魚の身。最高の味だ。寿司を食べるのを止めるというのは、日本人にとって、かなりの高いハードルを越えるという事だ。
 
私自身も、一番の人生の楽しみは、日本食レストラン、または中華ビュッフェに行って、寿司を頬張る事だった。日本に帰りたくても帰れない私にとったら、その瞬間は天国に居る様なものだった。
 
しかし本当に次元上昇(アセンション)したいのだったら、食生活も5次元まで上げなくてはならない。長男が完全ヴィーガンになったのを良い機会に、私とあと2人の息子達も完全ヴィーガンにするべきだ…と最近考えている。殺傷は禁止。もちろん殺傷された食べ物を口に入れる事により、カルマが増える。それは豚にしろ、アサリにしろ同じ事だ。アサリにさえ、可愛い2つの目ん玉があるのをご存知だろうか?
 
アガルタを含む5次元に住む宇宙人達のマスター達は、動物性の物は、一切口にしない。それは殺傷をしない卵やチーズも含めてだ。卵を産む鶏達が、どの様に飼われているか?チーズの原料となるミルクを絞られる牛達が、どの様に飼育されているのか?を知れば、動物達の犠牲の元で作られた食品を口にする事自体が、低い次元のものだと分かるだろう。
 
まず人間は、自分達が中心の世界を考える。動物達は人間達に食べられるために生まれてきた…、家畜は人間達のために存在する…、動物達は人間達に食べられて幸せ…などなど。人間が世界のトップに存在していて、あとの動物達は、人間に尽くすために存在しているなどと考えている人々が多いだろう。。
 
でも神様は本当に、動物達を人間が食べたり、利用するために創造したのだろうか?本当に人間は動物達よりも、上の存在なのか?人間が動物達を殺し、利用する権利を、神様が人々に与えたのか?
 
 
すべてのものは平等という5次元の感覚を持てば、人間が動物達よりも上の存在という考え自体が間違いだと分かってくるだろう。そして、その事に気づいた著名人達が何人か居る。その人々は、覚醒した人々であり、有名な歴史上の人物達だ。彼等は人間達に何かを教えるために、未来からやって来たスペースピープルと言っていいだろう。
 
 
 
まずは、人々に「電気というエネルギーは、どこにでも存在している」と、フリーエネルギーの存在を教えに来てくれた未来からの訪問者のニコラ・テスラ。彼のすべての発見と、フリーエネルギーに関する情報は、悪徳レプティリアンのトーマス・エジソンに盗まれ、レプティリアン組織に悪用されてしまったが、彼の真の目的は、フリーエネルギーにより、人類を爬虫類組織から解放する事だった。しかし惨めにも、彼は貧困、そして孤独のままこの世を去った。そして彼の持っていた情報は、爬虫類組織のイルミナティにより、現在も隠蔽されている。もし、ニコラ・テスラ技術が人類に開放されていたならば、あなたは今頃、電気会社に月々の支払いをしなくて済んだのだ。
 
彼は5次元からやって来たスピリチュアルなマスターでもあった。彼は「動物に対する残虐な屠殺はモラルに反するものであり、どんな事をしてでも止めさせなければいけない」と語った。
 
 

次はアインシュタイン博士。彼の最後の方の人生はヴィーガンだったという。彼は「俺の人生の大半は、肉を食べてきた野蛮人だった」と述べている。そして「人類は、動物達まで同情の輪を広げ、すべての生き物、そして自然を、愛情を持って受け入れるべきだ。それが私達を自由へと解き放つべく仕事になる」と述べている。
 
レオナルド・ダビンチもヴィーガンだった。彼は、鳥が鳥かごに入れられて売られているのを見る度に、その鳥を買っては、空に放してやっていたという。彼は「もし人間達が自由がほしいならば、なぜ、動物達を檻に入れているのか?人間こそが野蛮な獣の王であり、その残虐さは類を見ない。私達の生活は他の者達(動物達も含む)の死の上に成り立っている。この世は葬儀場だ。だから私は肉を食べるのを、若い時に既に止めている。」と述べたという。
 
以上の偉大な者と呼ばれた5次元からの訪問者達は、皆、ヴィーガンだった。あなたも動物にまで同情ができる様になり、完全ヴィーガンになれたら、歴史に残る偉大な人物になれるかもしれない。
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の縮図日本の道勢は世界再生のモデル~道州制とは?

2017-09-23 20:15:38 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

転載:道州制推進連盟:http://www.dohshusei.org/

[1] 道州制って一体何のこと?

☆全国47の都道府県を、地域ごとに「道」又は「州」に再編成する事です。

(例)

*市町村を合併して人口15万人~40万人程度の効率的な基礎的自治体とした上で、北海道はそのままとして、その他の都府県を地域毎にまとめて、全国を10前後の広域自治体の○○州(例えば東北州)に再編成することです。

[2] 道州制の狙いは何なの?

☆将来、「創造的で生き生きとした安心できる社会」を実現することです。

*現在、少子高齢化の大津波が押し寄せ、国の体制が世界大競争時代の経済に対応できなくなっています。これを地域の自立で地域の活性化をはかることにより、創造的で活力ある体制に変革します。その結果経済も活性化して、破綻に近い国家財政と地方財政を立て直し、日本国の再生をはかろうとするのが道州制の狙いです。

[3] 道州制と地方自治との関係は?

☆道州制では、完全自治を実現します。

*現在の市町村では自治体とは名ばかりの自治が行われています。道州制では市町村を合併して自立可能な基礎的自治体として住民の身近な所で福祉関連、消防、保健衛生、教育文化、公共事業など、住民と一体となって地域主権型の完全自治を目指します。更に道州が広域自治体として新しい地域産業を生み出したり、河川、道路、空港などの管理運営をします。

[4] 道州制で国の形はどう変わるの?

☆国は権限と税源を移譲して地域でやるべきことは地域で行えるように地域主権の国にします。

*現在は中央集権制度ですが、時代環境の変化から極めて能率が悪く、又国・地方とも公務員の税金の無駄遣いが多くの納税者の非難の的になっています。この為民間で出来ることは民営化し地方自治体でやるべきことへは権限と税源を移譲します。

*住民に対する行政は原則として全部身近な市町村を主体とする基礎的自治体で行います。ただし自立のために効率的経営を必要とします。

*インフラ整備や産業振興など広域自治行政は都道府県を廃止して道州で行います。

*国は外交、安全保障、通貨など、国としてどうしても必要なことだけ行います。

[5] 道州制は私たちとどういう関係があるの?

☆自分たちの生活を守るためには、道州制による地域の自立が最善です。

*地方には、宝の山が沢山あります。それらを生かして、各々の地域で独自の発展策を講じるのが今後の賢明な生き方です。時代遅れの中央集権制による補助金や交付税をあてにしていては、とんでもない悲劇を招くことになってしまうでしょう。

細胞分裂型道州制とは

☆細胞分裂型道州とは

『細胞分裂型道州制』とは、日本の政治システムを一度に地域主権型道州制に変えるのではなく、地域の自主性を尊重しながら、改革を段階的に行い、道州も2から6へ、さらには9へと段階的に増やしていく、≪【地域主権型道州制】を段階的に実現する道州制≫です。

ですから、その最終的な姿は、地域主権型道州制とほぼ同じになります。

☆まず「東日本州」「西日本州」の2つの州を新たにつくる(第一段階)

第一段階では、「中央集権・東京一極集中の是正」と「国と地方の役割分担の明確化」に力点を置いて改革します。

まず、現在の「国」と「都道府県」の間に、『新たな大きな地方自治体』として「東日本州」「西日本州」の2つの州をつくり、そこに内政に関連する国の権限・財源・人材の多くを移行します。

つまり、いま国が担っている役割を、国が本来行うべきものとそれ以外に分け、「国」の役割を国が本来行うべきものに限定し、それ以外の役割は、権限・財源・人材ごと「東日本州」と「西日本州」に移すわけです。

東日本州と西日本州は、電気の周波数の違いを境にして分けます。

(州境)東日本州 新潟県・群馬県・山梨県・神奈川県

    西日本州 富山県・長野県・静岡県

そして、それぞれの州都を新たにつくり、州が担当することになった国の権限・財源・人材を東京からそこに移し、州長と州議会議員を選出して、新たな州政治を開始します。

(州都候補地)東日本州 ⇒ 仙台市  西日本州 ⇒ 大阪市・岡山市

同時に、新たな国政も始まります。

この段階では、現在の都道府県や市町村の仕組みは変更しません。

これまで長く続いた中央集権制を変えるわけですから、当初はそれなりの混乱が予想されます。そこでまずはそれに集中することにし、当面は、現在の都道府県・市町村の仕組みは変更しません。都道府県と市町村のしくみがそのままであれば、通常の市民生活が大きく混乱することはありません。

補助金等の決定は、国に代わって州が行うことになります。

「都府県の改廃」や「基礎自治体の強化」は、第二段階以降に、州のシステムが安定してから行うことになります。

なお、国と州はこれまでの国の役割を分けて分担するので、新たな行政の重複を生み出すわけではありませんが、形式的には、日本の政治システムは一時的に4層構造になります。

☆「東日本州」「西日本州」の制度を充実させる(第二段階)

現在の国の制度を権限・財源・人材ごと3分割し、その内の2つを国から州へ、東京から各州都に移すわけですから、権限の所在や官僚の数は大きく東京から動きますが、業務内容は当面ほぼ同じ内容で維持され、各州都で行われることになります。ですから、それらに関する混乱は少なく抑えられるはずです。

しかしその最高責任者は、総理大臣1人から、総理大臣と東日本州州長・西日本州州長の3人になりますので、指示系統等が安定するには一定の時間が必要となります。

そこで第二段階では、まず各州の政治システム及び国の新たなシステムを安定させることに力を注ぎます。そしてそれが安定したら、それらをさらに充実させるために、3人のリーダーシップによりそれぞれをさらに改革していきます。

★「基礎自治体の強化」や「都道府県の権限・財源・人材を道州と基礎自治体に移行し、都道府県を廃止する」ことなどは、東西の州が制度的に安定した後に、州長のリーダーシップの下に、それぞれの州民の意思を反映させたかたちで行います。

ですから、基礎自治体のあり方や、都府県のあり方・再編のされ方が、東西で違うこともあります。都道府県が残るという選択肢の可能性も完全否定はしませんので、場合によっては、都道府県が残る州があるかもしれません。

☆「道州」は段階的に増やす(第三段階)

各州の州政治が安定・改善したら、より地域が独自性を発揮できるように、さらに「道州」を増やしていきます。

すでに「東日本州」「西日本州」では州の政治システムが機能しているので、それを分けることで、つまり、新しい道州の担当する地域に関する権限・財源・人材を東日本州・西日本州から「新しい道州」に移すことで、あまり混乱することなく道州を増やすことができます。

細胞分裂型道州制では、東日本州から「北海道」を、西日本州から「中部州」「九州」「沖縄特別州」を分離独立させて6つの州に分け、それがうまく機能したら、さらに西日本州を「関西州」「中国州」「四国州」に、東日本州を「東北州」「関東州」に分けることを想定していますが、細胞が自律的に分裂するように、あくまで地域の自主性を尊重し、各州が主体的に分かれていくことを前提としています。ですから、道州がどのように独立していくかも最終的には州民の意思によって決定されます。

★「東日本州」からの「北海道」独立や、西日本州からの「中部州」「九州」「沖縄特別州」の独立、及びその先の独立等も、それぞれの州民の意思を反映させたかたちで、州長のリーダーシップの下で実行されることになります。

★なお、基礎自治体の強化等の道州の政治システムの改革は、第三段階でも当然継続されます。

☆国主導は、第一段階まで

日本を2つの州に分け、国の権限等を移行し、州政治を開始するところまでは国主導で制度設計を行いますが、その後の州内の制度改革、あるいは新たな道州の分離独立については、それぞれの州が「州主導」で行うことになります。当然、道州の制度には違いが発生することが考えられますが、道州の競争により、より良い制度になると考えます。

☆最終的には【地域主権型道州制】に(第四段階)

第二段階以降は、各道州が主体となって制度を整備していきますが、各道州がより良い制度を実現していけば、現在の都道府県の役割は「道州」及び「基礎自治体」に移行し、都道府県はなくなり、政治システムも3層構造に戻るはずです。

最終的には、これらの改革のよって、日本は【地域主権型道州制】に限りなく近い政治システムに変わっているはずです。

★『細胞分裂型道州制』は、一時的に日本の政治システムを4層構造にすることによって、【地域主権型道州制】を段階的に実現する道州制とも言えます。

※道州制推進連盟では現在、この『細胞分裂型道州制』の実現を推進しています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【道州制に向けて】おとぎ話のはじまりはじまり~小泉元総理はアトランティス沈没最後の王

2017-09-16 01:09:47 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

トランプどころではない、舞台は日本、古代の魂が蘇る、日本のおとぎ話のほうがずっーと重要・・・

小泉純一郎元総理は、国民の年金資金などを闇のファンドに投資目的で引き渡す役割をしました。

闇は倒産状態ですから債権者の胴元にお金を返済するために躍起になって税金など流動性のある市場資金の略奪を企てます。

その胴元を管理し新しい時代を先導するOPPT的な計画主宰者の考えは、闇に汚染された日本に余分な資金があればどんな悪企みに利用されるかわからないので、ブッシュ・小泉ラインの政治ラインを使い闇の本筋を通して資金回収させているわけです。

この話はほんの一部ですが、日本および国際社会(統治・金融経済)が新しいシステムに向けて合意形成される条件で人類のためにストックされています。

人類のための黄金や資金には誰も手を出せないように逆に闇の仕組みが機能しています。

かつてこれらの余剰資金に手を出した総理大臣など多くの自民党の重鎮は政治生命をなくしています。(韓国も・・・)

小泉元総理はこれの実行者として証人あるいは条件付保釈中のような立場になりました。

その条件が原発反対のキャンペーンなどを行うなどでした。

しかし、この流れもすべて闇の内部改革と証する一環です。

闇の内部改革のなかで、時代の担いてとして目星をつけている政治家のひとりに小池百合子東京都知事もいます。

小泉新次郎を若手の頭にしてインドのサスーン財団などから多額の政治資金を導入し、いわゆる小泉チュルドレンを大量に当選させ自民党の再生もはかりました。

その時の後遺症(金の力で人才を吟味しない)が今の一連の2回生議員の不祥事です。

国民中心ではなく闇(政党を取り込んだ)中心の保身策略です。

一人ひとりの命と人生がかかっている社会生活に歌舞伎役者の”追っかけ”のようなファンが政治を支えているかのような風潮があります。

政治も突然あらわれる一人の力で闇を脱することができるかもしれません!

刹那的な人気取りに見える市民も、「知らぬが仏」で意外な役割を果たしているのかもしれません!

小泉元総理はアトランティス沈没最後の王だったと霊的な話を聞いたことがあります。

その息子小泉進次郎、そして小池知事も意外なエジプトに留学などで過去世を露呈し、いよいよ日本に転生してきた古代の魂が蘇り、実質的なアトランティス再現が始まります。

道州制は「地域の時代」を象徴するものです。

ピラミッドの地底に隠されてきた四次元世界の逆ピラミッド(陰・陽の陰の世界、女性性の世界、世界を変えるエネルギーの秘密)がこれからの時代とすれば、「地域の時代」は全体を一人が支える逆ピラミッドの時代を創造する基礎づくりを意味するものです。

日本から世界を変えるモデルを発進するときに彼らの蘇りが亡霊とならないよう、くれぐれも過去の歴史を繰り返さないように、聖なるコミュニティの核に道州制の華を咲かせるため、闇を活かしてことをなす流れを見守ってください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネイティブアメリカンの月の呼び名 生まれ月の意味【バシャール2017】【最新】

2017-09-08 13:35:02 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

ネイティブアメリカンの月の呼び名 生まれ月の意味【バシャール2017】【最新】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑談は「中身がないこと」に意味がある

2017-09-07 09:30:31 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

転載:DIAMOND online http://diamond.jp/articles/-/118596

2017.3.1

なぜ中身のない会話をする必要があるのか?

齋藤 孝(さいとう・たかし)
1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専攻は教育学、身体論、コミュニケーション論。テレビ、ラジオ、講演等、多方面で活躍。
著書は『声に出して読みたい日本語』(草思社)、『読書力』『コミュニケーション力』(岩波新書)、『現代語訳 学問のすすめ』(ちくま新書)、『質問力』(ちくま文庫)、『語彙力こそが教養である 』(角川新書)、『雑談力が上がる話し方』『雑談力が上がる大事典』(ダイヤモンド社)など多数ある。
撮影/佐久間ナオヒト

人間関係において日々の会話が大事なことは理解している。けれど、仕事や業務連絡以外でいったい何を話せばいいのだろう?悩む人も多いでしょう。また、雑談に何の意味があるのか、時間のムダじゃないかと疑念を抱く人も。改めて、雑談の意味と意義についてお伝えしたいと思います。本当の意味を知っているだけで、もっと気軽に雑談ができるようになり、 相手との距離もグッと縮めることができるでしょう。

「中身がない」ことに意味がある Photo:milatas-Fotolia.com

会話の9割は「意味のない会話」

 実は雑談には3つのルールがあります。

 ルール1 中身がないことに意味がある
 ルール2 結論はいらない
 ルール3 サクッと切り上げる

 まずは、 ルール1の「中身がないことに意味がある」について説明しましょう。

 雑談には中身がなくていい――これは雑談をする上で、もっとも基本となるルールです。
 中身のない会話をなぜするのか、したって時間のムダだろうと考える人もいるかもしれません。

 そもそも「中身のある会話」とはどういうものでしょう。

 ビジネスの現場であれば連絡、報告、商談、会議、面談、相談――。
 自分の側の用件を伝え、相手側の用件を聞く、結論というゴールに向かう、そのために必要なやりとりは正真正銘の中身のある会話といえます。

 しかし、用件だけ伝えればいい会話は、その用件さえ済んでしまえば即、終了です。
 あなたの1日を振り返ってみてください。よくよく考えれば、こうした意味のある会話が私たちの社会生活に占める割合などほんのわずかなもの。
 実際には私たちの生活は、9割方が中身のない、意味のない会話=雑談で占められているのです。

「中身のない会話に何の意味があるのか」とよく聞かれるのですが、生活のほとんどを占めている以上、私たちは周囲の人々と、ほぼ中身のない会話によってつながっているということ。
 中身のない会話は生きていく上でのコミュニケーションのデフォルト(標準仕様)として、大きな存在意義を持っているのです。 

「お出かけですか、どちらまで?」
「ええ、ちょっと新宿まで買い物に」

「今日も寒くなりそうですね」
「こう毎日だと参っちゃいますね」

「お盆だから、ラッシュでも電車が空いてますね」
「いつもこうだと嬉しいんですけど、そうもいかないか」


「選挙が近いから毎日にぎやかですよね」
「叫んでいるほうも大変でしょうね」

「この踏切は本当に開かないな。急いでる人は大変ですよね」
「まったく。でも今さら高架にするってのもねぇ」

――どれも内容だけ見れば「だからどうした」というレベルの話。
 正確に伝えなければいけない情報も、しっかり聞いておかなければいけない報告もない。
 中身など、ほとんどありません。

 でもこの会話があるだけで、お互いに心がフワッと軽くなるはず。
 たわいもない会話を共有したことで、ちょっと相手と打ち解けた気分になるはず。
 もしかしたら、次に会ったときには、「この間はどうも」と気軽に会話ができるかもしれません。
 雑談はそれでいいんです。

 実際に「寒い」「暑い」かどうか、本当に電車が混んでいるかどうか、選挙はどうするか、開かずの踏切をどうするべきかなど、ここではどうでもいいこと。

 重要なのは、相手と言葉を交わすことで、同じ場所、同じ時間の空気を共有すること。そして、その場をほんわかと心地よくすること。
 会話の中身は、あくまでもそのための方便なのです。

 もうひとつ、雑談に中身がないことの大きなメリットとして、「誰にでも通じる」という点があります。

 用件や目的のためにする会話は、おのずと相手が限定されます。
 その用件に関係のある人、その用件を共通のコンテクストとして持っている人とだけしか話せないわけです。

 その点「中身がない(=用件ではない)会話」は相手を選びません。

 社長だろうが上司だろうが、家族だろうが友人だろうが、ほんの顔見知り程度の人だろうが見ず知らずの人だろうが、まんべんなく、どんな人が相手でも話が通じるのです。

 マンションの駐輪場でばったり会った管理人さんに、「わが社の業績低迷」について、何の前触れもなく相談をする人はいないでしょう。
 でも今日明日の空模様の話なら、管理人さんにも隣の奥さんにも、商談相手の担当者にも通じるはず。それは、誰にとっても中身のない会話だからです。

 話す相手を選ばない。いつでも、誰にでも通じる。中身がないからこそ、その会話はものすごく広い守備範囲をカバーできるのです。

 仲のいい友達なら、共通の話題で会話がはずむけれど、ほかの人だと話せない。
→共通の話題がある人としか話せない。

 仕事に必要な会話ならばできるけれど、それ以外になると話せない。
→必要な用件しか話せない。

 このように、中身のある話しかできないというのでは、社会とのつながりも狭くなり、社会との関係性も危うくなってしまうでしょう。

 いかに中身のない話ができるか。
 世の中の9割を占める中身のない雑談にこそ、人と人とのコミュニケーションにおける本当に大事なポイントが存在しています。

 雑談の真の意味を知れば、「時間のムダ」などと思わなくなるはずです。
 それどころか、ほんの数秒で相手との距離を縮めることができ、そこから人と人の信頼関係が構築され、時にはビジネスを成功に導くこともある。
 雑談ほど効果効率の高い手段はないと、実感することでしょう。

 次回はルール2の「雑談に結論はいらない」についてお話したいと思います。
(次の更新は3月2日予定です)

※この記事は書籍『会話がはずむ雑談力』の一部を、編集部にて抜粋・再構成しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「引きこもり女子会」に続々と集まる女性たちのホンネ

2017-09-07 09:14:52 | 健康寿命・教育革命・コミュニティ・菜食〈ベジタリアン〉・道州制・NPO

転載: DIAMOND online http://diamond.jp/articles/-/141318

2017.9.7

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

  • 「引きこもり」するオトナたち

    「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

今、全国の引きこもり状態の女性たちから開催を熱望されているのが、「引きこもり女子会」だ。女子会に続々と集まる女性たちの素顔とホンネに迫る(写真はイメージです)

全国の女性たちが熱望
今なぜ「引きこもり女子会」なのか

 今、全国の引きこもり状態の女性たちから開催を熱望されているのが、「ひきこもり女子会」だ。

 引きこもっているのは、男性だけではない。男性恐怖症のため、これまでの男性参加者の多い自助会や居場所などには怖くて行けなかった人も数多くいる。そんな「引きこもり等の生きづらさを抱える女性(性自認女性を含む)」たちから、安心して話し合ったりつながったりできるような出会いの場として、「ひきこもり女子会」が注目されるようになった。

<こんなにも多くの(女性の)方が苦しみ、高年齢化している中で、なぜ様々な対策や支援があまりに少ないのか、憤りを感じます。>

 このような引きこもる女性からの声が、筆者の元にも毎日メールで届く。「何とかしたいけど、どうしたらいいのかわからない」「相談しても聞いてもらえないし、理解してもらえない」といった女性からの切実な訴えは数多く寄せられてくる。

「ひきこもり支援」という枠組みで見ると、「(若年)就労」の前提となる男性以外、基本的に支援の対象として想定されてこなかったため、「家事手伝い」や「主婦」といった隠れ蓑の下で、彼女たちの存在はなかったことにされ、置き去りにされてきた。

 最近、東京・渋谷の「東京ウィメンズプラザ」と京都・宇治市のNPO「こころのはな(心華寺)」などを会場に女子会を定期的に運営し始めたのは、不登校、ひきこもり、発達障害、性的マイノリティなどの当事者・経験者でつくる一般社団法人「ひきこもりUX会議」だ。

UXとは、ユーザーエクスペリエンス(利用者体験)の略。昨年6月にスタートしてから1年あまり。これまでに21回開催し、延べ700人もの女性たちが集ってきた。

 参加者の人数は毎回、平均50~60人。年齢層も10代から60代と幅広い。地方からの参加者も、北海道から九州まで全国から集まってくる。遠くから夜行バスで駆けつけた20歳の女性もいた。

共感し合えるだけで
変化を起こす女性たち

 参加する女性たちは皆、1人で会場にやって来る。しかし、引きこもってきた人たちだけに、すんなり参加できるわけではない。

「ずっと知っていたけど、4回目で初めて来れました」「今日初めて最初から最後まで会場にいられました」などというように、緊張と不安で震えている人たちや「自分の話ができたのは初めてです」などとホッとして泣き出す人も、数多くいたという。

「これだけ溜め込んで、誰にも言えず、ようやくたどり着いて吐露できたって感じです」

 主催者の1人で自らも経験者である林恭子さん(51歳)は、集まる女性たちにそんな印象を持った。

「女性たちって、共感し合えるだけで変化を起こすんだということを目の当たりにしています。初めて話した気持ちを“わかる”と言ってもらえる。自分と同じような話を皆がしている。私1人だと思っていたのに、こんなにたくさん同じような人がいることをわかるだけで、女性たちは勝手に動き出しちゃうんです」

 不登校から引きこもっていて、働いた経験もなかった20代女性は、女子会に参加して初めて自分の話をしたという。「どんなことでもきっかけが欲しくて、どうしても来なくてはいけない」と女子会に参加した2ヵ月後、女性は「仕事が決まった」と連絡してきた。

仕事を辞めた後、ずっと自宅に引きこもっていた40代の女性は、「将来が不安だから」と参加。複数回参加した後、「復職しようと思っています」との報告を最後に姿を見せなくなった。

 ただ、女子会は就労を目指しているわけではない。

「女性特有なのかもしれませんが、気持ちをわかってもらえるだけでいいのかなって。後はそれぞれの事情に合わせて、それぞれ動き出すようです」(林さん)

情報でもなく就労でもなく
「交流したい」「出会いたい」

 アンケートを見ても、参加理由で最も多かったのは、「交流したい」「出会いたい」で、情報を求めているわけではないこともわかったという。

 会では、第1部で林さんと、同じく経験者でUX会議代表理事の恩田夏絵さんの2人が、どうやって人と交流できるようになったのか、親子関係をどう乗り越えたのかなど、“先輩”としての体験談を披露。第2部では、8~10個(東京)のテーマテーブルに分かれて対話する。テーマは「異性が苦手」「親子関係」など、参加者からのリクエストにも応じて設けられる。

 女子会に行きたいけど不安な人向けに、予約不要で、扉は開けたままにして入退室が自由。「初めての人」テーブルや「非交流スペース」もつくられる。話すのが苦手な人は聞いているだけでもいい。母親が付き添いで娘と一緒に参加することも多いため、1部については、母親や女性の支援者、記者も入れる。

「私たちとしては、少しずつ自分たちで女子会をつくってほしい」
 
 そう思った林さんたちは、今年7月には横浜市で「女子会のつくり方講座」を開いた。「できればいつかつくってみたい」という声が多くあり、予想以上に好評だった。

 「なぜ自分たちが女子会を必要としているのか?」「女子会に何を求めているのか?」など、講座の中で自らを振り返ってもらったことも反応が良かった。

 全国では、この1年の間に、兵庫県宝塚市でも女性の臨床心理士を中心にした主催者が定期的に開くようになったほか、表参道の女子会参加者たちが、皆で動物圏に行ったり花火で遊んだりする「お散歩女子会」や、東京の多摩地区を拠点に会場を借りた「ひきこもり女子会in多摩」を始めるなど、女子会の輪は広がりを見せている。

「もっと早く知りたかった」「うちの地域でも開催してほしい」

 UX会議のアドレスにも、そんな地方の女性からメールやコメントが寄せられてきた。開催するたびに女子会が必要とされることを感じたという。
 
「まだまだ知られていないし、知ってくれれば行きたいと思っている人がたくさんいるんだなと感じました」

助成金を得て始動した
「女子会全国キャラバン」

 そこで、UX会議は日本財団からの助成金を得て、「女子会全国キャラバン」を開くことになった。キャラバンでは、34人の女子会参加者の体験談(漫画あり)などを載せた64ページのブックレットも500円(当事者・経験者は200円)で販売する。

 また、キャラバンにおいて、ひきこもり女性たちの日常の意識や状況、環境などの実態調査も実施。来年2月25日に東京ウィメンズプラザで開催予定の女子フェス(男女問わず参加OK)で公表する。

『ひきこもりUX女子会 全国キャラバン』は、9月22日から12月19日まで、全国10都市で開催される。詳細はこちらで。

※この記事や引きこもり問題に関する情報や感想をお持ちの方、また、「こういうきっかけが欲しい」「こういう情報を知りたい」「こんなことを取材してほしい」といったリクエストがあれば、下記までお寄せください。

otonahiki@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

 なお、毎日、当事者の方を中心に数多くの方からメールをいただいています。本業の合間に返信させていただくことが難しい状況になっておりますが、メールにはすべて目を通させて頂いています。

(ジャーナリスト 池上正樹)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加