あだちの再生工房 日記

機械類の修理を楽しんでいます。その日々の活動記録の積りでしたが、最近は修理とは関係のない記事が多くなっています。

R-390A 受信機の点検-6

2017-05-12 18:33:19 | 受信機のメンテナンス
IF ユニットの抵抗チェックにはユニットを取り外す必要があります。
J512のプラグP112を外すことになるので点検用の延長ケーブルが必要かも知れません。(今回は不要かも知れないが、今後の各種点検に作っておいた方がいいかも知れない)。

マニュアルはY2K(Rev1.0)を利用しているのですが、そこに記載の点検用の延長ケーブルの一覧です。


昔、Fair Radioからジャック、プラグの中古を一式購入し永らく保管していましたが、今回製作することにします。
先ずは P112-J512のケーブルを作ります。


中古なので先ずケーブルの半田を外し、端子をきれいにすることから始めます。結構面倒です。


きれいにした端子です。20ピンです。


J512側がやっとできました。 15φの熱収縮チューブで2重に結束しました。


P112側も同様に仕上げ、やっと完成です。 2日かかりました。(実時間6時間。 面倒でした。)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-390A 受信機の点検ー5 | トップ | R-390A 受信機の点検-7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。