あだちの再生工房 日記

機械類の修理を楽しんでいます。その日々の活動記録の積りでしたが、最近は修理とは関係のない記事が多くなっています。

R-390A 受信機の点検-9

2017-05-17 17:49:42 | 受信機のメンテナンス
念のためIFユニットの抵抗を全部チェックしました。 おおむね良好だったので抵抗はそのまま使うことにしました。
そのあとペーパーをオレンジドロップに交換し、re-capが完了しました。 
取付けは取り外しに比べて大変楽で、17本の半田付けは3時間ほどで終わりました。

オリジナル状態です。


交換後です。オレンジ色が目立ちちょっと派手という感じ。


オレンジドロップは直径が大きい目なので、BFOオシレーターのベローズカップリングに接触しないように配置しています。
(あまり隙間はありません)。


Bandwidthの切り替えスイッチS501の端子7番がなぜか浮いていたので、接触するように調整しました。
また、S501~S503の端子やローターはDeoxIT G5で掃除しておきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-390A 受信機の点検-8 | トップ | BMW K75Sの車検 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。