あだちの再生工房 日記

機械類の修理を楽しんでいます。その日々の活動記録の積りでしたが、最近は修理とは関係のない記事が多くなっています。

R-390A 受信機の点検-11

2017-05-20 20:05:20 | 受信機のメンテナンス
今日はRFデッキを取り外し、re-CAPしました。

RFを取り外したメインフレームです。 


オリジナルの下面の配線です。


C256,C275,C309のBumble-Beeのペーパーコンデンサ、C327のマイカからセラミックへの変更を実施しました。
これはWalter Wilson(KK4DF)さん推奨のメニューです。


Y2K Manual ではC327は下図のようにセラミックになっています。一方、パーツリストではマイカの筈。
取り外したC327を測定してみると5000pFでどうも腑に落ちないです。
詳細に回路図と実体を比較した結果、Y2Kのマニュアルが間違っており、C328(セラミック)とC327(マイカ)が入れ替わったいることが判明しました。


そこでC327とC328を正しい位置に半田付けし直しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-390A 受信機の点検-10 | トップ | 竹やぶ整備 7回目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。