あだちの再生工房 日記

機械類の修理を楽しんでいます。その日々の活動記録の積りでしたが、最近は修理とは関係のない記事が多くなっています。

R-390A 受信機の点検-2

2017-05-03 16:12:03 | 受信機のメンテナンス
昨日、今日と回路のチェック(抵抗値)を行っています。 横河のマルチメーター 7555で測定です。
マニュアル(Y2K)のトラブルシューティング(5章)の真空管ソケットでの抵抗値の確認です。
抵抗値が大きく異なる場合には、先ず、Field changeやProduction Modifications
によるものかを確認するとともに、古い回路図も見ながら、異常か否か確認する必要があります。


RFユニットです。 ここはOKのようです。


Crystal OscillatorユニットもOKです。


IFユニットです。概ねOKですが、V506のPin8はグランドに落ちている筈にしては抵抗が0.1Ωと若干大きいので
確認が必要です。 また、V505のPin5,6がBFOスイッチをON-OFFにしても変化がないのでBFO SWの確認が必要なようです。 何れにしてもここまでは大きな問題はなさそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-390A 受信機の点検-1 | トップ | R-390A 受信機の点検ー3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。