お役に立てれば 〜日日是好日のアダチマ日記〜

日々の暮らしでの小さな工夫や発見、お気に入りのものたちの記録。
見知らぬあなたの、お役に立てれば。

中途半端な育児書、ビジネス書より有益かも。今更ながら『ラッセル 幸福論』(訳:安藤貞雄)

2017-06-09 15:31:54 | 勝手に書店員
こんにちは。アダチマです。

今日も本の話。

先日、書棚を整理していて、久々に手に取ったラッセルの『幸福論』

遙か昔の学生時代、多分、大学生協かどこかで買った文庫本だ。

学生時代に読んだ本も、保管スペースの関係で随分手放して来たけど、
これは勝ち残り組ですね。
そんなに本の内容はおぼえてないんだけどなぁ…(笑)

岩波文庫の中に挟んであったしおりも、何だか味がありますね。


一気に読める本ではないので、電車での移動中とかちょこちょこ
読んでいます。
結構、刺さります。ノートに書き出したいフレーズ、山盛りです。
今、改めて読んでみるとフムフムと思う箇所は多いけど、
学生時代の私は果たしてこの本のどの箇所に感銘を受けていたのでしょう。
多分、小難しい本を読んでいる自分に満足していたのかな(笑)

気になった箇所にはすぐに付箋を貼るので、天の部分(上端)がでこぼこしています。
当時は定価570円(税込み)だったのね。

しかも、消費税は3%!

今こそラッセル、日々是好日

アダチマ

ラッセル幸福論 (岩波文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店
『クラフト・ハンドメイド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界卓球のハイライトを見て... | トップ | 注目のコロンビア映画『彷徨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

勝手に書店員」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL