夜光

心療内科主治医との会話

2017-08-10 13:55:57 | ブログ
私が心療内科に通い出したのは

まったく眠れなくなったからだ


理由は有りすぎて

その当時は主治医に何も話す事は有りません❗

そう話したが主治医は睡眠薬を出してくれた


1年・2年・・・と過ぎて行き

それでも主治医は私に無理矢理

話しをさせる事はしなかった


何年かが過ぎたころ

私は拒食症になり

食したものを全て吐き出すようになった

それと同じに円形脱毛症になり

髪の毛は頭のてっぺんが全て無くなった

酷い有り様だった

1年中帽子をかぶり周りには変に思われた

何処へ行くにも同じ帽子をかぶり続け

常識はずれもいい加減にしろ‼

と怒鳴られたりもした


そんな時は帽子を脱いで頭を下げた


すると周りの人達は

私の頭をみて帽子かぶっていて下さいと言う

でも私は何かを恥じる事も無いので

帽子はかぶらなかった


最初に理由を聞かれたなら理由も話すが

帽子を無理矢理脱がせ

笑いながら帽子をかぶれ状態の人達の為に

何故帽子をかぶる必要が有る


だからワザトかぶる事をせず

笑いの中で真剣な話しをするなら

私に遠慮せず話しを進めて下さいと言った


でも結局話しが出来る状態では無く

話しは他の人に任せ

私はその場を離れた


いろんな事が有りすぎて

もう何十年もマトモな睡眠はとれていない

睡眠薬はただの気休め程度


私は今も変わらず寝不足状態

そんな感じで付き合い出した

心療内科の医師とはもう30年の付き合いだ


30年の月日は長いよね

それでも私の中に有る闇は解き放されず1番肝心な部分は

いまだ何も私からは話しをしていない

医師は何も聞かす

ただいつも他愛ない話しを繰り返す


だがそれで良かった

だから30年間も通い続ける事が出来たのだから


何も言わずとも私が病んでいる事を理解しここまで生きてこれた

主治医には感謝してる


今は乳ガンの治療があり

薬がキレれば行くようにしている


そんな心療内科の主治医が

私に質問をした


今その病気になり

家にひとりで居て

不安になりませんか?

とね


だから私は本当の気持ちを話した

「不安等ありませんよ、むしろ安定してる、すごく不思議なくらい、気持ちに苛立ちが無く、心のバランスが保たれています、私は昨年自分で乳ガンらしきものを見つけた時、全てを受け入れましたから、その時に自分の行き先を見つけた気がして、それか私の最後なら悪くないと、覚悟を決めました、だから何も怖くはないんです、全て自分の意志だから、笑顔になりました」


主治医は

「〇〇さんらしいね、でも僕は最後まで諦めず生きて欲しいと願いますからね」

そう言って笑った


私「大丈夫ですよ、そのための治療ですから、私はまだ何も諦めたりしていませんからまた来ます」

そう言って診察室を出た



ではまたね(^.^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心療内科通院日 | トップ | 優しい物語り »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。