陽花日々是好日

病気(慢性腎不全)と付き合いながら、いかに人生を豊かにしていくか試行錯誤の日々です。でも、のんびりいきます。

いろいろ思ったこと~つづき~

2017-06-28 14:27:06 | 思い出

姉が旅だってからの日々は、

ただただ哀しく、淋しく、つらい毎日でした。

7日に1度来られるお寺さんに

お経をあげていただき、

いろいろな話を聞くのが唯一の慰めでした。

毎日母は泣きました。

そんな姿を見ていると

自分が代わればよかったと何度も思いました。

 

大学に行き、

バイトにも行く普通の暮らしにあった

病院通いがなくなりました。

姉さんがいない・・・

心はぼろぼろでした。

たぶん身体も疲れ果てていたんだろうと思います。

姉が他界して半年後に

ワタシは急性腎盂炎を患ったのです。

それが今の病気の原疾患になっていると思います。

就職が待っていた時期でしたから、

無理して退院して治りきってなかったし、

仕事でも無理を続けていましたから・・・。

健康診断でもいつも蛋白尿を指摘されていましたが、

再検査しても「異常なし」。

じわじわ慢性化していったんですね。

だからワタシの病気は、

一生懸命姉の看病をしてきた証であり、

哀しみや喪失感と闘ってきた勲章。

 

姉が生きたかった時間を生きさせてもらい、

見たかっただろう景色を見させてもらい、

やりたかったであろう親孝行も仕事もさせてもらい、

ワタシは今幸せです。

姉はいつもそばにいて、

ワタシと同じ体験をしてくれていた気がします。

弟も父もみおくりましたが、

その時も姉はいてくれました。

嬉しい時も哀しい時もいつも一緒です。

ワタシを守り、励まし、

ひとりではないといつも感じさせてくれます。

そして、姉の魂の一部は姪に移っており、

姉が送るはずだった幸せな人生を

姪が今度は享受するので、

その手助けを仰せつかっているんだなと思います。

 

真央さんのご家族の皆さんの喪失感を思うと、

同じ体験をしてきた者のひとりとしては

とてもやりきれないのですが、

真央さんのKOKOROは永遠。

そして世界中に広まっています。

だから、どうか皆様がお身体を壊されないよう、

と願うばかりです。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろいろ思ったこと | トップ | 歯医者さん報告~6~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思い出」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。