Activated Sludge ブログ ~日々読学~

資料保存用書庫の状況やその他の情報を提供します。

●「自主規制、政権を忖度、報道の萎縮」なテレビ業界で…東海テレビ『ヤクザと憲法』の意味が、今、分かる

2017年06月10日 00時00分11秒 | Weblog

[※ 東京新聞(2017年3月8日)↑]



琉球新報のコラム【<金口木舌>「ヤクザと憲法」に見る共謀罪】(http://ryukyushimpo.jp/column/entry-503963.html)。

 《東海テレビが半年間、ヤクザに密着したドキュメンタリー映画「ヤクザと憲法」…▼暴排条例人ごとと思っていたが、別の法律がブーメランのように自分の身に降りかかろうとしている… ▼…金田勝年法相のあいまいな答弁の理由の一つが鮮明になった》。

   『●「官憲が内心に踏み込んで処罰して、
     人権を著しく侵害した戦前、戦中の治安維持法」が亡霊のように…
   『●戦争で唯一得た平和憲法を壊憲…「日本は
      自由と民主主義を失うだけで、代わりに得るものは何もない」
   『●アベ様や「政府のアシスト」に努める「メディアの欺瞞」と
               「メディアが三流ならば、政治も社会も三流」

 「自主規制、政権を忖度、報道の萎縮」なテレビ業界で…、東海テレビによるドキュメンタリー映画『ヤクザと憲法』の意味が、今、分かる。《暴排条例人ごとと思っていたが、別の法律がブーメランのように自分の身に降りかかろうとしている》し、まさに、《金田勝年法相のあいまいな答弁の理由の一つが鮮明になった》。

   『●「自主規制、政権を忖度、報道の萎縮」なテレビ業界で、
              「『よく撮って、知らせてくれた』…お褒めの声」
    「『LITERA 本と雑誌の知を再発見』(…)の編集部による
     インタビュー記事【東海テレビ・阿武野プロデューサーを直撃! 
     ヤクザの人権、犯罪弁護団、安保批判…萎縮状況の中で
     なぜ東海テレビだけが踏み込んだドキュメンタリーをつくれるのか】」
    「「圧力、自主規制、政権を忖度、報道の萎縮…テレビ業界」で
     「異彩を放つ刺激的なドキュメンタリー」を放ち続ける東海テレビ。
     阿武野勝彦氏は「ど真ん中の仕事…ドキュメンタリーの真ん中」であり、
     そんな仕事には「『よく撮って、知らせてくれた』…
     お褒めの声のほうが多い」そうだ」

==================================================================================
http://ryukyushimpo.jp/column/entry-503963.html

<金口木舌>「ヤクザと憲法」に見る共謀罪
2017年5月28日 06:00

 銀行口座を解約される。宅配便や出前の配達を拒否される。幼稚園の登園を断られる-。これらは反社会的勢力と言われるヤクザとその家族が置かれた状況である

東海テレビが半年間、ヤクザに密着したドキュメンタリー映画「ヤクザと憲法」の一場面だ。組の幹部が全国から集めた暴力団排除条例(暴排条例)の“実害”を説明する。「ヤクザとその家族は人権侵害を受けている

▼次のシーンで法の下の平等をうたう憲法14条が映し出される。見方によっては憲法違反ともとれる暴排条例。ヤクザに人権はあるのか。家族には?

▼暴排条例を人ごとと思っていたが、別の法律がブーメランのように自分の身に降りかかろうとしている。衆院で可決された「共謀罪」の趣旨を含んだ「組織犯罪処罰法改正案」である

犯罪の実行前に逮捕可能な共謀罪。どんな思想を持ち行動しているのか、監視が強まる懸念がある。憲法が保障する思想・良心、表現の自由を侵害しかねない。監視対象とするか否かは当局次第。暴排条例同様、自分には関係ないと言いきれるのか

▼監督は、暴排条例が暴力団の存続危機となるほど効果を上げたのはアウトかセーフの不明確な『線引き』あいまいな規則の方が効果的だと条例は教えてくれる」と著書で指摘する。金田勝年法相のあいまいな答弁の理由の一つが鮮明になった。
==================================================================================

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●「そういう政権を選んだ国民... | トップ | ●アベ様の秋と『官僚たちの夏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL