静岡県の遠州掛川らーめん好きずら?2

主に遠州・掛川で食べ歩いてるらーめんの紹介です。

ようやく味わえたマンモス「泪橋」

2017年08月29日 | 神奈川

過去に味わい亭さんで出した「マンモスラーメン」

 

たしか「インスパイア」のお題の時だったかな

むむ、本家は平塚にあるのか、遠いなあと。

でも食べないと本家との比較ができないんですよね。

行きましょう

駅から歩くと結構遠いです。

雨の降る中トボトボと歩いてみました。

 

本当にこんなところにあるのかなと思ってパッと見たら「ラオシャン」が見えました。

おお、ここにあったのか。

しかし両方は行けないや

 

泪橋さんです。

なんともごたごたした感じ。

外に食券販売機がありました。

 

いやあ、気になるものが多いなあ。

カレーマンモスに惹かれていましたが売り切れでした。

麦シャリって珍しい言い方だ

 

お店に入るとカウンターだけで結構小さな店内。

強面の店主が一人でやっていました。

電話していて「今日はみんな帰した」ということを言っていたので雨で暇そうだったので一人でやっていたのかな

食券を渡します。

なぜかめっちゃ可愛いポップが。

 

最初は空いていましたがどんどんお客さんが来はじめました。

なるほど。タイミングよかった

「ニンニクは入れますか」と聞いてもらいお願いしました。

 

マンモスラーメン 800円

おお、盛りがいい

スープを。

ベースは思ったより濃くなく、タレ優先でニンニクや鰹節が効いています。

ちょっと甘ショッパイかな

 

二郎とは違うといわれる「マンモスラーメン」ですがやはりそんな感じ。

ジャンクではありますが。

たしかに味わい亭さんでいただいたものと似ている。

けど、スープ濃度は味わい亭さんが高くて、味の濃さは泪橋さんかな

 

具は鰹節、チャーシュー、キャベツ、太もやし、ニンニク。

鰹節がいい味出していますね。

チャーシューは大判ですがやや豚豚しています。

野菜が多くてスープの熱で食べる感じ。

味の濃いスープに合います。

盛りに関してはやはり泪橋さんの方が盛りがいいですね。

麺を引っ張り出しながらいただきます。

 

麺は丸高製麺さんの麺。

極太のストレート角ばった麺です。

かなりハードな麺で噛みしめながらいただく感じ。

リズミカルにいただきます。

 

麺量もかなりありそうなのでどうなるかなと思いきやリズムよく食べるとスルッといただけました。

やはりクセになりそうな味わい。

スープはさすがに残しましたけど。

味わい亭さんのものはだいぶ似ているけど上品に仕上がっている感じですね

 

まだいけそうでしたが、ラオシャンに後ろ髪を惹かれながらまたも歩いて帰ることに。

18切符でおとなしく帰りました

 

本日の一言

「まだ行ったことがない人はぜひ行ってみてください

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷たいラーメンもいいじゃん... | トップ | 元気で安心しました。「味佳」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神奈川」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL