静岡県の遠州掛川らーめん好きずら?2

主に遠州・掛川で食べ歩いてるらーめんの紹介です。

ボサ旨を求めて、浜松市へ「朔軒」

2017年03月30日 | 浜松

浜松では結構昔からある有名なお店。

 

中華料理店として有名だったのでグルメ本やテレビとかにも出ていましたね。

しかしそのお店が、いま裏路地に静かにあるのは最近になって知りました。

隠れた店なので入口の道が相変わらずわかりにくいです

 

朔軒です。

昭和39年創業とあるので歴史の重みを感じます。

外観は新しいですが。

「めしや」と来たらボサ系でもありますね。

 

丼物もあるのでまさにめしや。

左下の五目シリーズがまたいい感じ

やはり場所柄飲み系つまみのメニューも多いです。

厨房は結構狭いんですが、その中に大柄な方が。

近所に合ったら常連になりそうです

 

てことでビールを。

旨い

 

餃子

もやしがつくのが浜松餃子っぽい。

でも皮がもっちり肉っぽさもある餃子でさすが美味しいです

 

チャーシュー

からしが付いてまさにつまみですねえ。

 

塩ラーメン 700円

いい感じですね。

まさに中華のお店らしい一杯。

ここの売りは「エビソバ」でしょうが、こちらもいいんです。

スープはあっさりしながら同時に懐かしさを感じます。

塩加減が絶妙でちょうどいい

 

具はメンマ、ねぎ、チャーシュー、なるとちゃん

白ネギのシャキシャキした感じがよく合いますね。

メンマもしっかりと塩抜きされて美味しいです。

 

麺は細麺のやや縮れ。

合っています。

美味しくいただきました。

 

街中はチェーンのお店ばかりで寂しさを覚えますが、一頃よりは人が増えていました。

こうしたお店が末永く残ってほしいですね。

 

本日の一言

「まさに隠れた裏路地系です

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煮干しマイスターはやはりす... | トップ | 日曜日よりの使者?「麺屋 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浜松」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL