静岡県の遠州掛川らーめん好きずら?2

主に遠州・掛川で食べ歩いてるらーめんの紹介です。

いやあ、行くのが遅いですね。「池めん浜松店」

2017年08月05日 | 浜松

3月に浜松にできた池めんさん。

 

ようやっと行ってきました。

常に混んでいるとの情報で、浜松、当たりましたねえ。

やはり浜松は豚骨系が強いなあ

さすがイケメン、ドヤがおがまた素敵です

たしかにこんなの見ると一度行ってみたいと思うでしょうね。

店内は待ち客がたくさん。

一杯なのでお店の外で待っていると、アレレ、後ろの人が抜いて食券を買いだしましたよ

まだそのあたりのルールが浸透していないようです。

 

ということで食券を。

メニュー構成はほぼ本店と同じかな。

チャーハンがないのが違うところでしょうか。

食券を渡します。

店員さんが先ほどの様子をするどく見ていて、案内は自分を先にしてくれました

 

こちらにもこれが貼ってあります。

食券を受け取る時点で確認しないといけませんね。

席へ。

バイキングコーナーに漬物やライスがあり、毎回店員さんが案内しています。

先日の岡部の店に比べて活気がすごいです

みんな元気ですね

 

さて、カウンターを見るとなんと本店店長と岡部の店長の豪華ラインナップじゃないですか

これはすごいです。

この二人がいなくても他の二店を廻すことができるというのは、さすがチーム池めん。

ここでも台湾まぜそばが人気のようでした。

 

さて、来ましたか。

みそとんこつ 830円

浜松という場所柄、愛知県からも人が来る立地。

ということでオススメな一杯がこちらです

一口飲むとど濃厚な豚骨はトロミがありますねえ。

豚骨の旨みが凝縮されていて、まさに県内一濃厚なラーメン。

 

そこに味噌が合わさるんですが八丁味噌主体の味噌は、これまた濃い味に。

味噌と豚骨、強い物同士でかなりの味わいに。

でもね、これがまた愛知の人には絶対にうける味わい

 

具はレアチャーシュー、ねぎ、海苔。

やや寂しい感じもありますが、キムチや高菜が用意されているのでそれを入れたら十分です。

レアチャーシューはさすがの味わいですね。

しっとりとして美味しいです

濃厚なスープに飽きがきたら高菜を入れましょう

 

麺は本店と違い中細のストレート。

ちょっともちっとした食感の麺です。

あえて浜松ではこうしたのでしょうかね。

替玉がなくてその分大盛りがあるという感じにしてあるのかな

美味しくいただきました。

 

本当に勢いのある池めんさん。

このまま県境を超えて、愛知まで突入するなんて展開もありそうですね

 

本日の一言

「遅ばせながら、開店おめでとうございます

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すごい足し算だなあ。「麺屋... | トップ | 冷やし中華、始めました~。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浜松」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL