静岡県の遠州掛川らーめん好きずら?2

主に遠州・掛川で食べ歩いてるらーめんの紹介です。

すごい足し算だなあ。「麺屋菜花奈」

2017年08月04日 | 菊川

今日は菊川へ。

 

久しぶりに奥さんに会いに来ました

菜花奈さんです。

実は先日も来たのですが大混雑だったので勇気ある撤退。

奥さんはというと、おおいましたよ

久しぶりです。

お子ちゃまをおんぶした相変わらずの昭和な感じがいいなあ。

 

ちょっと見ないうちにいろいろ増えています。

朝なのでメニューは絞られているようです。

 

おお、これが傾奇者というイベントのラーメンですね。

いただきましょう。

そういえば、開店当初の「担々麺 トマト 壱式」は期間が短くて食べられなかったな。

幻の一杯です

 

よく見ずに買って食券を渡すと、なんと追い飯付きとありました。

ちゃんと見ないといけませんね。

こちらをいただきました。

スタンプラリーに参加しているわけではないんですが。

「うちのカラーと違うけどねえ」なんて言っていましたが、きっと菊川のお茶のイメージかと。

ちゃっちゃと調理して来たようです。

トマト担々麺 弐式 ~つけ麺ver~ 1000円

いやあ、すごい凝りようですね。

昔の「伊駄天」を思い出します。

 

こちらがつけダレ。

胡麻ペーストにラー油と山椒が入り、ベースは豚骨でしょうか。

温かいつけダレです。

上にのっているのは芽ネギみたいですが、チャイブかなあ

 

こちらが麺。

麺の方にトマトが入り、和え麺スタイルになっています。

トマトは酸味を効かせた感じで、その上にベビーリーフと鶏肉、チーズとバジルかな。

さらに得意のレモンが付いていて、まさに菜花奈スタイル。

 

こんな感じでトマトのソースが入っています。

麺は平打ちの麺。

冷たいソースとの相性がまたいいですね

食べてみると酸味があるさっぱりした味わいでまさに冷製パスタ。

 

鶏肉がまた美味しいです。

サラダっぽい感じもまたいいじゃないですか

 

で、これをつけダレにつけていただきます。

冷たい麺が温かくなり、また独特な感じ。

トマトの味がだんだんと担々スープになじんでいく不思議な味わいですねえ。

そこにチーズが溶け込んだりして、足し算の味です

一体化するといったいどの味かという感じで頭の中がパニックに。

個人的には凝りすぎかなと思いました。

それぞれ美味しいんですけどね。

 

〆のライスがこちら。

なんとチーズと山椒がかかっています。

こちらを残ったつけダレにIN。

なんでしょうね、よくあることですが、この〆のほうが美味しい

 

完食です。

中華とパスタが融合したような不思議なつけめんでしたね。

その不思議さを狙ったんでしょうか。

さすが、面白い限定を出す店主です

 

本日の一言

「平日に行くのがいいんでしょうね。」

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椎茸嫌いの方ご遠慮ください... | トップ | いやあ、行くのが遅いですね... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

菊川」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL