静岡県の遠州掛川らーめん好きずら?2

主に遠州・掛川で食べ歩いてるらーめんの紹介です。

ラーメン ル・デッサン3

2016年10月27日 | 島田

今日は島田市へ。

 

新店のル・デッサンに再度来てみました。

あれ、上の看板が出てないや。

 

このリングに向かう通路は緊張します。

いやそんなことないか

 

さすがまだメニューは変わっていませんが、ボタンの紙がちゃんとしたようです。

前回は価格を直前で変更した分が仮の紙になっていましたが直したようですね。

あ、よく見たらほろほろ鳥と書いてあるボタンもあるねえ。

でも一番でかいのがほろほろ鶏。

一黒シャモも変わってないですね。

一刻も早く変えないとこれが言いたいだけ

 

お店に入ると結構なお客さん。

食券を店員さんに渡します。

ん、また新たな女性

相変わらず贈られた花がたくさん飾ってあるので華やかですね。

今日も店主はラフな格好です。

良いですねえ

お茶のサービス

相変わらずキレイで美味しいですが、いつまでやってくれるんでしょうか。

よく見ていたらラーメンは3杯一度に提供したりしていました。

あ、ちょっとアクシデントもありましたけどね。

 

鴨・鶏 50:50 塩 850円

この組み合わせが自分の好みかなと前回思ったので。

まずはスープを。

「お、良いねえ

前回食べたとき特に醤油については甘味がすごく感じられましたが、今回は抑えられています。

油も前回より少なくなっています。

鴨と鶏のベースも重たくなくスッキリと。

塩も尖りがありそうで、ギリギリそこまでいかない感じ。

岩塩使っているような気がしますが、丸みまではなく、上手く押さえつけている感じです

 

具は豚チャーシュー、スプラウト、味玉。

 

別皿でねぎ。

すぐに丼へ入れちゃうので別皿はあまり自分には意味がないです。

メンマを使わないのはこだわりでしょうか。

チャーシューは前回より脂身が少なく、燻製ではないですがローストの風味があります。

オーブンで仕上げているのかな

脂身の質も良くてやはり良い豚肉使っていると思います。

前回より美味しいです。

スプラウトはやはり匂いと味が強いです。

えんどう豆の芽独特な青臭さがありますね。

一口食べて、あ、沈めておけば良いんだと理解。

軽くスープで熱を通したら良い感じになりました。

味玉もやはりまだ中が冷たいですね。

あ、これも沈めておけば良いのかな

チャーシューは逆にレアっぽさが無くなるので早く食べた方が良いです。

てことはチャーシューを最初に食べつつ、スプラウトと味玉は沈めておけば良いということでしょう。

 

麺は中細のやや縮れ自家製麺。

こちらは麺の魅せ方がやはりもったいないかなあ。

前回ととくに印象は変わっていなく、噛むとやはりちょっとモサッとした食感がもったいない。

加水率を色々と調整したらグッと変わると思います。

 

ゆず胡椒を試そうと思って忘れました

完食です。

まだ開店したばかりなのであまり大きくは変わっていませんでしたが、好みはやはりこの「鴨鶏の塩」でした。

スープが麺や具に勝っているのでそのあたりのバランスが変わってきたら、でら変わるでしょうね。

 

本日の一言

「やはり帆立やカレーが気になります

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 味わい亭88 | トップ | ラーメンABE’s(アベズ)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

島田」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL