猫親父のチョットそこまで

野山に咲く花に見とれたり、日々の出来事を綴る、ポンコツ猫親父の活動記録です。

杜鵑草(ホトトギス)

2016-10-13 | 日記
渓流沿いの草陰で、ホトトギスが咲いていました。



この花は、林縁や日陰で湿った場所などでよく見られますが、



今回も日陰になった草陰で咲いてるのを見つけました。



咲いてる場所が日陰で湿ってたので、写真を撮る時にひざまずいたら、



ズボンが泥だらけになっちゃいました。(笑)



ユリ科ホトトギス属の日本固有種です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« コムラサキシキブ | トップ | 溝蕎麦(ミゾソバ) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
綺麗ですね! (K_MAX)
2016-10-13 23:29:09
ホトトギスが自生していたのですね。
綺麗ですね~。
タイワンホトトギスでしょうか。
自生しているところを見てみたいです。
見落としそう (ルパン)
2016-10-14 11:14:57
意外に小さいお花かな?
名前がいいですね♪

何かホトトギスと関係が?
ホトトギス (Unknown)
2016-10-14 20:05:11
K_MAXさん
自生のホトトギスは中々見れませんね。
今回は運が良かったと思ってます。




ルパンさん
そうそう、思ったより小さい花ですよ。
名前は、鳥のホトトギスからついたそうです。






コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。