自由なLife style✨💰✨

時間に縛られないLife styleを提供致します❗

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【労働基準法が変わる】

2017-01-30 12:29:18 | 日記

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS27H5S_X20C17A1MM8000/
.
労働基準法変わります
.
.
現在でも、労働基準法では1日の労働時間を8時間まで、1週間で40時間までと定めているのですが、同法36条にもとづき労働協定を結べば残業や休日労働が認められます。
.
これは条文の数字をとって「36(さぶろく)協定」と呼ばれています。
.
.
さらにこの協定に「特別条項」を付ければ残業時間を制限なく延ばせることから、事実上は無制限での時間外労働が可能となり、これが、長時間労働や過労死などを引き起こしている元凶だとの指摘があります。
.
.
そこで政府は特別条項の締結企業に法律上、強制力のある上限規制を設けるための労基法の改正を目指し、働き方改革実現会議で2月1日から議論を始める予定です。
.
.
上限時間については、月60時間から80時間を軸に、半年や1年単位での制限も設ける方向です。
.
.
こうした規制については「命を守る」として賛成する意見がある一方で、「仕事量が減らなければ持ち帰りの仕事が増えるだけ」といった懸念や、民間企業での働き方を政府が規制することへの反発の声がないわけではありません。
.
.
あなたは、残業時間に上限を設け、法律で規定することが必要だと思いますか?
.

前出の上限規制への懸念の声にありますように、長時間労働をしているビジネスパーソンの中には「仕事量が多すぎるために残業をせざるをえない」という方が少なくありません。
.
.
この場合、残業時間だけを制限しても、抜本的な働き方の改革につながるとは言いがたいです。
.
.
また、海外、特に欧州に赴任した日本のビジネスパーソンからはよく「日本にいたときと違って、ほとんど残業をしなかった」といった声を聞きます。
.
.
もちろん本社が日本にある場合、業務内容の負荷は日本でのほうが海外よりも大きいとは思いますが、諸外国と比較しても一般的に日本では長時間労働になりがちな傾向にあります。
.
.
たとえば、日本の働き手は週に49時間以上働く比率は2割を超え、米国の16%やドイツの10%を上回っているというデータがあります!
.
.
🔴お問い合わせは下記のLINE@にてお願いします🔴
.
【井上敦志公式LINE@】
.
圧倒的な人気のLINE@
.
大人気です!!
.
登録者限定に
私がパソコン・スマホ1つで
自由なライフスタイルを作り、
稼ぐための最新の有益な情報や、
セミナー情報などを配信しています。
.
是非あなたが、
何か変わるキッカケとなればと思い配信しています。
.
今パソコンもしくはスマホの方はLINEを開いて
『@cmi2914r』でID検索をして下さい。
@をお忘れなく!
.
http://goo.gl/QD42QI
↑↑↑
上記でも簡単に登録出来ます😊
.
.
#副業#稼ぎたい#稼ぐ#稼ぎ方#サイドビジネス#副収入#片手間#スマホ#すまほ#スキマ時間#主婦#専業主婦#空き時間#給料#芸人#在宅ワーク#在宅#フォロー#フォローミー#ゲーム#不労所得#収入#派遣#不労収入#アフィリエイト#インターネットビジネス#起業#井上#夢#集客
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【あがり症の克服に大切なの... | トップ | 【成功者に共通するのは、たく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。