こねたみっくす

映画なしには生きられません。
livedoorブログ「こねたみっくす」のTB専用ブログです。

『エイリアン:コヴェナント』

2017年09月17日 | 映画レビュー【あ行】

「カントリー・ロード」から「ヴァルハラ城への神々の入城」へ。
嗚呼、勿体無い。エイリアンの起源を描くことばかりに注力しちゃって、本当に楽しみにしていた恐怖要素が全然物足りない。『プロメテウス』の続編でありながら、『エイリアン』の前日譚なんだから、描くべきものはきちんと描いてもらわないと!

続きはこちら→こねたみっくす『エイリアン:コヴェナント』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ダンケルク』 | トップ | 『スイス・アーミー・マン』 »
最近の画像もっと見る

映画レビュー【あ行】」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「エイリアン:コヴェナント」@TOHOシネマズ日本橋 (新・辛口映画館)
 公開初日、夜。TCXスクリーンを構えるスクリーン7。劇場が広すぎて全体的にどの位の客入りかは不明だが、私の周りは満席、男性客が多い。
劇場鑑賞「エイリアン:コヴェナント」 (日々“是”精進! ver.F)
創造… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709150000/ エイリアン:コヴェナント (角川文庫) [ アラン・ディーン・フォスター ]
エイリアン:コヴェナント 感想 (源之助の日記)
9/15公開のエイリアン:コヴェナントを先程(9/16午前)鑑賞してきました。 端的に言うと、、、 微妙な出来だった前作プロメテウスを見た上で"わざわざ"映画館まで見に行く(地雷を...
エイリアン : コヴェナント (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 アメリカ  SF&ホラー  監督:リドリー・スコット  出演:マイケル・ファス
エイリアン:コヴェナント  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・ファスベンダー  キャサリン・ウォーターストン  ビリー・クラダップ 【ストーリー】 宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せ......
映画「エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/15)に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら55点にします。 なお、『エイリ......
[映画『エイリアン:コヴェナント』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『エイリアン:コヴェナント』TVCM60秒(サッカー編) ☆・・・まあまあでしょうか?  エイリアンのスペックは、作品を重ねることに付加されていくので、もう、何でもあ......
エイリアン:コヴェナント (ネタバレ映画館)
なぜ「カントリーロード」?
エイリアン:コヴェナント★★★・5 (パピとママ映画のblog)
リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラー。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたち......
『エイリアン:コヴェナント』('17初鑑賞105・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。
エイリアン:コヴェナント (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 最後のアンドロイドがウォルターだったら
エイリアン:コヴェナント (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ『プロメテウス』の続編だったとは。
エイリアン:コヴェナント・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ついに“奴”が生まれる。 リドリー・スコット監督による、「エイリアン」前日譚。 2012年の「プロメテウス」に続く第二弾は、スコット作品としては38年ぶりに「エイリアン」のタ......
映画:エイリアン コヴェナント ダークさ・凶暴さに磨きがかかったBeforeシリーズ第2弾...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
コヴェナント、とは新惑星への移住の旅を続ける宇宙船の名称。 何千人を人口冬眠させつつ、アンドロイドの David が1人で宇宙船を管理している。 ところが予期せぬ事故で冬眠中......
映画:エイリアン コヴェナント 今作の磨きがかかった「ダークさ・凶暴さ」について、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
すでに一度感想をアップしているが、追加で。 前の感想=ダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ このダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ、という感想は何処からきてい......
「エイリアン:コヴェナント」Alien:Covenant (2017 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
オープニングの、ウェイランド社の社主(ガイ・ピアース)とアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)のやりとりにすべてがこめられている。 白い部屋。スタインウェイのピア......
「エイリアン:コヴェナント」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
普通に面白かったけど・・・
エイリアン コヴェナント (ハリウッド映画 LOVE)
「エイリアン:コヴェナント」 (或る日の出来事)
ファスベンダー×ファスベンダー。
エイリアン (もののはじめblog)
コヴェナント<THX方式> 本作のキャッチコピーは「絶望の、産声。」 エイリアンを時系列に並べると、   『プロメテウス』(2089年-2093年)   『エイリアン』 (2122年)   『......