阿智胡地亭のShot日乗

日乗は日記。あちこちでShootする写真日記。お遊びもあり。

神戸市御影の「香雪美術館」に「熊井守一展」を観に行きました。

2017年05月06日 | 音楽・絵画・映画・文芸
美術館は灘五郷の一つ御影郷の氏神である「弓弦羽神社」のすぐ隣だ。
朝日新聞社の創立者である「村山龍平氏の蒐集品」をベースにした美術館で村山邸の敷地の一角にある。









「長良川」 観た瞬間、自分が絵の中のこの堤に立っているという感覚の不思議な空間にいた。

「寒山拾得」 古来中国日本の多くの文人が描いているが、わたしのイメージに一番合っている寒山拾得像だった。

見慣れた文字が並んでいると無意識にそこに目が行くのが面白い。「かみさま」














熊井守一という画家は極端な寡作作家で、子育ての時期は極貧の生活だった。子供が病気になっても医者に見せる金もなかったそうだ。
熊井夫妻は5人の子供うち3人の子を失っている。私も熊井という画家のことはその話と共に知った。彼は97歳で亡くなった。Wikipedia






 
『兵庫県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インドのハリヤナ州グルガオ... | トップ | 最近の夕食は魚がメインだが... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。