重陽の節句

だんだんと秋の気配がうかがえるようになりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、間もなく来たる9月9日は「重陽の節句」という、一年で最後の節句です。
五節句のうち、他のものと較べて非常に存在感が薄いので、ちょっとご説明致します。

まず「重陽」とは、陰陽思想では奇数を陽、偶数を陰に分けるのですが、その最たる陽の重なることを吉祥と考え、祝賀をする風習です。

季節の花である菊の花びらを浮かべたお酒を飲み、邪気払い・また長寿を願ったといわれており、別名「菊の節句」とも謂われてゐます。

『古事類苑』によれば、「朝廷にては天皇紫宸殿に出御して、菊花宴を臣下に賜ふ、之を『小儀』と為」し、もし諸事情で宴会が出来ない場合は「上卿宜陽殿の平敷座に著して、菊酒を侍臣に賜ふ、之を『平座』と云ふ」とあり、どちらにせよ、お酒はつきものだったようです。

民間では親戚や朋友に栗子を贈答し、やはり菊酒を飲んでお祝いをしたとあります。

また、『菊のきせわた』といって、菊に綿を置いて露で湿らせ、それで身を拭うと寿命が延びる・若返るといったおまじないもあったようです。

今年の9月9日は満月、十六夜(いざよい)です。是非月を眺めながら、菊酒を飲んで長寿を願いつつ、季節の変わり目を健やかに過ごして頂けたらと思います。

ただし、くれぐれもお酒は適量をお楽しみくださいませ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )