鶴形山一日自然観察


鶴形山一日自然観察が24日(日)に行われました。

午前中に、自然観察や神話の紙芝居と神様の話を行いました。

前日にバナナトラップをしかけましたが、カブトムシやクワガタを捕まえる事は出来ませんでした。紙芝居では、「大蛇退治」を読み聞かせいたしました。

午後からは、工作教室(マジックスクリーン)・雅楽演奏、子供神楽鑑賞・カレー作り体験を行いました。

古くから伝わる雅楽や子供神楽を鑑賞した事は、子供達にとってとても良い経験になったと思います。
カレー作りの際に、雷雨に見舞われましたが美味しいカレーを作ることが出来て良かったです。

この行事を通して、子供たちの記憶に少しでも残っていたら幸いです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


おみくじについて

神社へ参拝されると、多くの方がおみくじを引かれると思います。
寺社によって、その内容は多少異なりますが、概ね大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶の種類があるようです。

よく、「吉凶の順番」や「結び所へ結んで帰るべきなのか」、また籤の内容に関してもよく質問をお受けしますので、ご説明致します。

まず、おみくじも占いの一種です。そしてこの占いですが、大きく分けて以下の種類があります。
①命(めい)…人の一生を判断予測するもの(四柱推命、宿曜星占術、淘宮術など)
②卜(ぼく)…占う瞬間や偶然性を利用して個々の事件を予測するもの(易、籤、式占など)
③方(ほう)…最も良い日時や方位を選定するもの(奇門遁甲、金函玉鏡など)
④相(そう)…存在する事物の形から吉凶成敗や運を予測するもの(手相、人相、家相など)

このうち、おみくじは②の『卜』にあたりますので、籤を引くにあたり、何かしらの目的が必要という事になります。
初詣などでおみくじを引く際には、「今年の運勢はどうだろう」「素敵な人に出会えるだろうか」「就職・試験はうまくいくだろうか」「今年こそ宝くじを当てたい!」…などなど、神様への質問があると思います。心を静めて籤を引き、その問いに対しての答えを求めるのが、おみくじを引くに当たっての正しい心構えです。

吉凶の順番ですが、大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶の順番というのが一般的のようです。
ですが上述の通り、吉凶の順位よりも、その内容の是非が重要ですので、あくまでも目安とお考えください。

また引いたおみくじですが、良い結果の場合はお持ち帰りになり、悪い結果の場合は結び所へお納めください。
ただし、寺社によっては引いたおみくじを結ぶのを禁じている場合もあるので、よくお確かめの上、所定の結び所へ結ぶようにしてくださいね。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


服忌について

今回は『服忌』について説明致しますね!

『服忌』とは、親族が亡くなった場合、一定期間は喪服を身にまとい、華美を慎む生活を送る心得のことです。
期間を統一し制度化されたのは、遠く上代の「大宝令」(大宝元(701)年)ですので、日本の伝統的制度と言えるかも知れません。


もともとは『服』と『忌』と別のもので、以下に詳細を書きますと…

『服』(=喪)とは、配偶者や親族の亡くなった場合、その精神的打撃が甚だしく、到底祭神に接する精神状態ではないため、祭祀及び社会的事柄を遠慮して喪服を身にまとい、慎哀の生活に入る風習のことです。
精神的なものなので、服の期間は死亡の報せを聞いた時から始まります。また服の期間が過ぎた後に訃報を聞いたときは、その日だけ服の期間となります。

『忌』とは、棺と共に喪家に籠り、忌慎の生活を送る期間のことで、故人の体と魂とが分離し、喪家の守り神として鎮まるのを待つものです。その間は門戸を閉じ、魚肉や酒は口にせず、賀弔をしないなどの心得がありました。『服』の期間と被り、また期間も短いので、制度としては明治太政官布告に制度化したものです。



さて、『服忌に関する期間変遷略表』を見て頂ければお分かりかと思いますが、昭和23年に発令された「神職服忌心得に関する件」(本庁心得)には『服』の期間の定めがなく、服も忌も一緒くたに扱われております。おそらく『服』と『忌』の区別が戦後には失われてしまったのでしょう。

しかし、故人を偲び喪に服し、忌み籠る期間を大切にする心は昔から変わらないものと思います。

表をご覧になり、神社参拝の参考にして頂けたらと思います。


参考資料:『神社祭祀の本義』(星野文彦著、正文印刷所、昭和52年)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


本日は夏越大祓式です!!

本日は17時~夏越大祓式、18時20分~神賑いが行われます!!

本日に向けて、昨日阿智神社では茅の輪作りが行われました。

朝から茅を刈ってきました。


茅で氏子総代の皆様が大茅の輪を作って下さいます。




ちなみに拝殿に設置後はこんな感じです。


今日お越し頂いた皆様にはこの大茅の輪をくぐって頂きます!


そして、本日から節分までの間、厄除けとして守ってくれる、茅の輪も作っていきます。






これを一定の長さで揃えて・・


完成です!!!


皆様、本日は人形もお持ちになって下さいね!!
本日、雨天決行で屋台なども出ますので、是非皆様お参り下さいませ^^




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )