節分関連の食べ物

最近、スーパーへ行くと、延々と「節分には巻き寿司食べて豆を撒く…」というテープが流れています。

コンビニなどでも、多種多様な恵方巻き(ロールケーキまで!)が予約受付中になっていますね。

恵方を向いて巻き寿司を切らずにまるかぶりする…という「恵方巻き」は、大阪のお寿司屋さん・海苔屋さんなどによって広められたものと言われています。特にここ数年全国的に広まった感がありますが、縁起を担ぐ国民性ならではなのかもしれませんね。


あと、節分といえば、豆。

そのまま食べてもおいしいですが、北関東では、その豆を鮭(新巻鮭)の頭・大根・人参や油揚げなどと一緒に細かくして、酒粕と共に煮込む郷土料理「しもつかれ」を作って、初午の日に作ってお稲荷さんにお供えするのだそうです。ご近所さんにおすそわけして、より多くの家のしもつかれを食べると無病息災なのだとか!!!

まだまだ私達にはなじみがありませんが…そのうち広まるかもしれませんね???

(熊猫)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


とんど祭


本日、とんど祭を行いました。

旧正月頃を中心に行われ、正月のお飾りなどを焼くお祭りで、地域によって「どんど焼き」「左義長」など呼称は様々です。

当社では、三が日中随神門前に飾られた福柳をご参拝の方におわかちしたり、甘酒やお餅をおふるまい致しました。

初天神・節分・初午など、まだまだ新年関連の行事が続きますが、このとんど祭が終わると、ようやく正月の慌ただしさから解放されたような気がいたします(笑)

(熊猫)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


十日戎でした。


今日、1月10日は十日戎、私の奉務するお宮には、事代主命(ことしろぬしのみこと)をお祀りする末社が2社(境内と参道)あり、時間差で祭典を執り行いました。

えべっさんのお祭り…といっても、西宮神社のような賑わいではありませんが…


えべっさん、こと事代主命は赤い鯛を抱えた姿で知られる七福神の一柱で、大漁満足・商売繁盛・福徳円満などの御利益をもたらすと言われています。

父の大国主命も大黒天と習合し、七福神の一柱に数えられています。

阿智神社の主祭神は宗像三女神、そのうちの一柱である市杵嶋比賣命は弁財天ですので、すなわち七福神のうち三柱までがお祀りされていることになります。


阿智神社周辺には現在も「えびす」の名を冠する商店街やお店があり、また、廃されてしまいましたが、かつては「大黒町」という地名もあったとか。往時は結構な賑わいをみせたようです。


現在は中心市街地からの人口流出・高齢化、郊外型大型店の増加によりなかなか商店街は苦戦を強いられているようですが、味のある商店街、ぜひずっとがんばってもらいたいものです。

商売繁盛のえべっさんのご利益により、商店街が元気になりますように…

(熊猫)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


節分祭に豆を撒きませんか?【一般参加のご案内】


2月3日(火)の節分祭の一般参列者(年男・年女)を募集しております。

倉敷市内在住で、丑年生まれの方であれば、どなたでもご参加いただけます。


日程と致しましては、

《着付が必要な方》 午前8時にお集まりいただき、男性は裃(かみしも)または紋付(羽織・袴)、女性は着物に更衣していただきます。

《着付が必要でない方》 午前8時40分に阿智神社拝殿前にご集合下さい。

午前 9時   祭典
午前 9時40分 豆撒き
午前10時   厄除弓射神事
午前10時30分 記念撮影
午前11時~  直会(なおらい=お食事会)
終了後、更衣をして解散

となります。


また、参加記念品として、御神札・柊(ひいらぎ)・福豆・福餅などを授与致します。

どうぞ奮ってご参加下さい。



※ 参加費(初穂料)として5000円以上をご志納願います。
※ 足袋(白)は、男女共、各自ご用意下さい。
※ 女性は自前の着物でお願い致します。
※ 先着10名様と致します。
※ 1月18日までにお申込み下さい。
※ 参加のお申込み、詳細のお問い合わせは、阿智神社(086-425-4898 achikura@amber.plala.or.jp)まで。

(熊猫)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


明日は十日えびす

明日、1月10日は十日えびすの日です。

商売繁盛の神様である、事代主命(ことしろぬしのみこと=えびす様)の前で、祭典を執り行います。

境内の戎大黒火産霊社(本殿西側)では午前10時より、西参道(えびす通り商店街と本通り商店街の間から入る参道)の入口にある戎社では午前10時半より行います。

商売をなさっている方は、どうぞご参列下さい。

甘酒のおふるまいなどもあります。

(熊猫)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


あけましておめでとうございます。

遅ればせながら、新年の御祝詞を申し上げます。

三が日中ご参拝頂いた皆様、ようこそお参り頂きました。


ようやく社頭も落ち着きを取り戻しはじめました。

今日から、仕事始めの団体の参拝がはじまりました。


不況…と言いますが、牛の様にゆっくりと、しっかりと歩を進め、地元経済・日本経済が危機を乗り越え、皆様方にとってこの一年が良い年となりますようにお祈り申し上げます。

(熊猫)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )