移動支局はじまる。


27日午後、毎日新聞 倉敷・阿智神社移動支局の開局式が行われた。

当日は毎日新聞の大阪本社・東京本社などから関係者十数名が来社、阿智神社関係者とともに阿智神社の拝殿にて開局奉告の祭典を執り行い、期間中の安全と成功を祈った。その後、同社斎館に移動、倉敷市の西副市長を迎えて開局式を行った。

また、翌28日午前には「親子で入ろう倉敷川 クリーン&ウォッチング」(主催:蔵おこし湧々)が行われ、約50組の親子が倉敷川のゴミ拾いをし、岡山県立倉敷天城高等学校教諭の田賀辰也氏から、倉敷川に生息する生き物についての説明を受けた。

28日午後には「市民記者塾」(主催:毎日新聞 倉敷・阿智神社移動支局)が行われた。講師は毎日新聞東京本社社会部編集委員の萩尾信也氏と同社社長室委員の小川一氏。
萩尾講師は85年の日航機墜落事故の凄惨な事故現場での長期にわたる現場取材と、それから今に至るまで続く追跡取材について語り、生と死の混在した現場、遺された者の悲しみと知りたいという気持ちの挟間での様々な葛藤と繰り広げられる人間ドラマの様子が聴衆の胸を打った。
小川講師は厖大な文字数の新聞記事が何故あっという間に出来上がるのか、といった新聞の仕組みや記事の書き方のテクニックなどについて説明した。
その後、阿智神社の石村陽子宮司の模擬記者会見を行い、人となりや8月7日に行われる御砂持祭のこと、石村宮司が主宰する市民グループ「蔵おこし湧々」についての話を元に、参加者は記事の執筆体験を行った。
参加者は慣れないながらも熱心に記事作成に取り組んだ。




…と、「市民記者塾」の受講体験を生かして(うまく書けていないけれど)新聞っぽく書いてみました。

移動支局関連記事はコチラ…>>http://www.mainichi.co.jp/idou/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


巨大キノコ


鶴形山の至るところで、この時期、キノコが生えます。
これは芭蕉堂の近くにあるモミジの木の下に生えていたもの。
まるで「三笠山」(関西で売っている巨大どら焼き)みたいな、ずっしりとした重さとルックス。
夏休みの宿題に「鶴形山のキノコ観察」というのもアリかも…

※ 中にはシイタケなどの食べられるものも生えているようですが、見分けのつかないものもありますので決して食べないで下さいね。。。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ケータイ写真俳句の会

7月29日(日)、毎日新聞(倉敷・阿智神社移動支局)主催で、女流俳人の大高翔さん、俳人の坪内稔典さんをお迎えし、「ケータイ写真俳句」句会が催されます。

受付時間 11:00~11:30、実施時間 11:30~17:30を予定しています。

美観地区周辺を吟行し、携帯電話のカメラ機能を利用して風景を撮影、写真と俳句を楽しむという、ニュースタイルの句会です。

参加・見学希望の方は阿智神社(086-425-4898)までお問い合わせください。
※但し参加人数に制限がありますので、人数超過の場合、お断りする場合があります。ご了承下さい。
※参加にあたってはカメラ機能付きの携帯電話、またはデジタルカメラが必要になりますのでご用意ください。
※見学希望の方も、あらかじめご連絡いただけると幸いです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


市民記者塾



毎日新聞 倉敷・阿智神社移動支局のイベントとして、「市民記者塾」が開催されます。

市民記者塾とは、本職の新聞記者の方を講師にお迎えし、取材の仕方、写真の撮り方、記事の書き方などについて教わることができます。

参加費は無料ですが、席数の関係上、申込みが必要です。阿智神社(086-425-4898)までご連絡ください。

地域や会社、学校などの広報誌作りにきっと役立ちますよ!


「市民記者塾」

と き: 平成19年7月28日(土)
      受付 13:00~13:30
      講習 13:30~17:00

ところ: 阿智神社 参集殿
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


毎日新聞 倉敷・阿智神社移動支局開局のお知らせ



7月27日(金)~8月8日(水)までの13日間の間、阿智神社斎館が毎日新聞の「倉敷・阿智神社移動支局」となり、新聞記者が常駐して倉敷地域のニュースを全国に発信します。

期間中の土日には美観地区の花七夕祭があるほか、8月7日には阿智神社の夏祭(夏越大祓式&七夕祭)&御砂持祭(同時開催)があります。

また、市民記者塾、女流俳人の大高翔さんの「ケータイ写真俳句」の句会などが催されます(要申込)。

また、「支局」となる斎館の2階には、記者が情報を発信するための「記者エリア」、掲載記事や取材写真を閲覧できる「展示&掲出エリア」、一般の方がPCを利用できる「一般公開エリア」などが設けられ、自由に見学することができます。
尚、開局時間は7:00~19:00です。
取材中で不在になることもありますので、あらかじめご了承ください。

詳細については、阿智神社(086-425-4898)までご連絡ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


10年に一度の特殊神事―御砂持祭のご案内

来たる8月7日(火)は阿智神社の夏祭(夏越大祓式・七夕祭)です。

今年はそこに更に「御砂持祭」が加わります。

予定としては、

午後5時~ 夏越大祓式・七夕祭祭典、茅の輪くぐり、人形(ひとがた)焚上祭、短冊書き、布ぞうり作り、他
午後6時~ 神賑い(三女神の舞、子供備中神楽、他)
午後7時~8時頃 樽神輿が東・西参道口に集合、練り込み
午後8時~ 神賑い(倉敷観音太鼓)
午後9時~ 御砂持神事
午後9時半~ 神賑い(倉敷天領太鼓、倉敷古式消防組保存会、他)

となっております。
樽神輿の参加団体は約30団体、参加者、一般含め500名以上の人出が予想されます。
また、参道沿いはキャンドルでライトアップされます。

次にこのお祭りがあるのは平成29年。この機会にぜひお越しください!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )