おみくじについて

神社へ参拝されると、多くの方がおみくじを引かれると思います。
寺社によって、その内容は多少異なりますが、概ね大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶の種類があるようです。

よく、「吉凶の順番」や「結び所へ結んで帰るべきなのか」、また籤の内容に関してもよく質問をお受けしますので、ご説明致します。

まず、おみくじも占いの一種です。そしてこの占いですが、大きく分けて以下の種類があります。
①命(めい)…人の一生を判断予測するもの(四柱推命、宿曜星占術、淘宮術など)
②卜(ぼく)…占う瞬間や偶然性を利用して個々の事件を予測するもの(易、籤、式占など)
③方(ほう)…最も良い日時や方位を選定するもの(奇門遁甲、金函玉鏡など)
④相(そう)…存在する事物の形から吉凶成敗や運を予測するもの(手相、人相、家相など)

このうち、おみくじは②の『卜』にあたりますので、籤を引くにあたり、何かしらの目的が必要という事になります。
初詣などでおみくじを引く際には、「今年の運勢はどうだろう」「素敵な人に出会えるだろうか」「就職・試験はうまくいくだろうか」「今年こそ宝くじを当てたい!」…などなど、神様への質問があると思います。心を静めて籤を引き、その問いに対しての答えを求めるのが、おみくじを引くに当たっての正しい心構えです。

吉凶の順番ですが、大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶の順番というのが一般的のようです。
ですが上述の通り、吉凶の順位よりも、その内容の是非が重要ですので、あくまでも目安とお考えください。

また引いたおみくじですが、良い結果の場合はお持ち帰りになり、悪い結果の場合は結び所へお納めください。
ただし、寺社によっては引いたおみくじを結ぶのを禁じている場合もあるので、よくお確かめの上、所定の結び所へ結ぶようにしてくださいね。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


倉敷商がんばれ!

今日は地元倉敷商業高校の、甲子園初戦!
伊東市長も応援に行かれるようです。
相手は名門早稲田実業、相手に不足なし。
健闘を祈ってます!


(熊猫)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


節分関連の食べ物

最近、スーパーへ行くと、延々と「節分には巻き寿司食べて豆を撒く…」というテープが流れています。

コンビニなどでも、多種多様な恵方巻き(ロールケーキまで!)が予約受付中になっていますね。

恵方を向いて巻き寿司を切らずにまるかぶりする…という「恵方巻き」は、大阪のお寿司屋さん・海苔屋さんなどによって広められたものと言われています。特にここ数年全国的に広まった感がありますが、縁起を担ぐ国民性ならではなのかもしれませんね。


あと、節分といえば、豆。

そのまま食べてもおいしいですが、北関東では、その豆を鮭(新巻鮭)の頭・大根・人参や油揚げなどと一緒に細かくして、酒粕と共に煮込む郷土料理「しもつかれ」を作って、初午の日に作ってお稲荷さんにお供えするのだそうです。ご近所さんにおすそわけして、より多くの家のしもつかれを食べると無病息災なのだとか!!!

まだまだ私達にはなじみがありませんが…そのうち広まるかもしれませんね???

(熊猫)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


真夏日

ここ数日、すごく暑いですよね!

阿智神社も例外なく暑いです。
なるべく冷房をつけない…という方針により、事務をしていようが、何をしていようが汗だくです(-へ-;)

岐阜県各務原市、埼玉県熊谷市で史上最高気温40.9℃を記録したそうで、山形でマークされた最高気温の記録を72年ぶりに塗り替えたとのこと。

いよいよ日本列島亜熱帯化でしょうか…!!

とはいえ、冷夏・暖冬を近年は繰り返しているので、統計をとってみないと判断はつかないのでしょうが…異常なのは異常な気象ですね。
台風の進路などにも影響を与えているとか、いないとか。

新潟の地震をはじめ、各地で地震が頻発しているようです。

海面の上昇なども、叫ばれて久しいです。

備えあれば憂いなし。いざという時に備えておくのが大切ですね!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


くるいざき

写真にはおさめていませんが…

5月に藤の花を見れなかったそこのアナタ!!!

なんと、一部の藤棚から、藤の花が顔をのぞかせています。
暑すぎるからでしょうか…?

今がチャンス!!!

季節はずれの藤(ほんのちょっとだけど…)を愛でましょう!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )