sugarbrown手作り日記

かばん作り、美術、映画などについて書いています。

はちみつぱい

2007-11-29 | Weblog
前出の「焼きリンゴ」の続きで甘いものの話みたいたげど
映画「転々」の続きの話です。
「はちみつぱい」とはのムーンライダースの前身バンド。
「はちみつぱい」と細野晴臣の「はっぴいえんど」は当時は、
カリスマ的バンドだった。

鈴木慶一の声・・・ハスキー&高音ののどが詰まったような声・・・
がとても好きだ。
『センチメンタル通り』は名アルバムだと思う。
鈴木慶一の声もそうだけど、アコースティックな音とメロディがぬめっとして
(表現が難しい・・・)まとわり着く感じがする。
今も時々当時のアナログ盤を聞いている。


詩には路地や塀なんて言う言葉も出てきて
映画「転々」にこれも使ってほしかったな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船場と焼きリンゴ

2007-11-27 | Weblog
ここしばらく忙しくて船場に出かけることがなかった。
いつもなら月2回は徘徊するんだけど・・・
約二ヶ月ぶりに材料を買いに出かけた。
まるで恋人に会いにいくような気持ち・・・?
堺筋本町駅に着くくと嬉しくてわくわくした(なんか悲しいなぁ・・・笑)

やはりたまに行く方が新しい発見があるし、
その分、製作意欲も湧いてきた。
布、ボタン、糸、パーツ・・・
今日は昼間で、、と言う時間制限があったので(笑)
ダラダラせずちゃっちゃと無駄なく済ませた。
重くて泣きそうだったけど楽しい楽しい時間だった。

その思い荷物を抱え、午後からは友人と待ち合わせ。
大阪駅で旅行者のようにコインロッカーに荷物を預けた。

お茶を飲んだ店は昔からある梅田の八番街というところにある
キムラヤフルーツの中の喫茶店。
旬の本物のジュースやケーキが安く食べられる。
フルーツの盛り合わせとか、夏は氷スイカがあるし
今なら洋梨、いちぢく、柿(!)のジュースもある。

昨日は焼きリンゴを食べた。
まるまる一個の紅玉の焼きリンゴにシナモン、バター、ホイップ、バニラアイス・・・
と盛りだくさん。美味しかった~~

焼きリンゴってなんだか懐かしい童話の世界を思い出す。
ロシアの絵本に載ってるような感じかな?












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「転々」

2007-11-25 | Weblog
オダギリジョー君の映画「転々」を見てきた。
「時効警察」の三木聡監督の作品で、クスクス笑えるシーン満載、
でもしんみりさせられた。
音楽がムーンライダースなのも嬉しかった。
鈴木慶一の声はン10年前(笑)から大好きだ。
オダギリジョーが新宿の街を彷徨う時にかかる
「髭と口紅とバルコニー」がすごく良かった。

めずらしく映画グッスと言うものを買った。
東京では凄い争奪戦だったと聞いていたこのトートバッグ。
こちらではすんなり買うことができた。

実は買うつもりはなかったのについつい列に並んでしまった。
でも、買ってよかった!!可愛いバッグ!
帰りには完売していた。

横にいるのは帰りに立ち寄った「doubleday(ダブルデイ)」で
買った編みぐるみ。
うさぎ?鳥?得体の知れない風貌が気に入った。
目のアンバランスさや耳のような角なようなのがツボ!

ダブルデイでは以前見たチェックのブランケットを
買うつもりだった。
大きなチェックで生地が梳毛と言うのかな・・
ざらっとした手触りだけど固くない・・・
何種類かあったけど、どれも色がなんとも言えない組み合わせで
「もうたまらなく好き~」と抱きしめたくなった。
でも、荷物になるし我慢して「今度にしよう」と買わなかった。

それが昨日行くとすっかりなくなっていた。
「人気商品で完売しました」と。
あ~残念・・・同じ生地を使ったクッションはたくさんあったけど。
クッションの大きさではあのチェックの味が出ていない。
久々にきゅんと来た布に出会ったのに・・・
あ~あ、大荷物になってもあの時、買っておけばよかった。

本当に本当に残念。
どこかで再会できないかな・・・





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャロルキング

2007-11-06 | Weblog
大阪城ホールのキャロルキングのライブに行ってきた。

一番よく音楽を聴いていた時期は70~80年代で、
キャロルキングを特に好き、と言う訳ではなかったけど
いつも彼女の歌は聴いていたような気がする。

『キャロルキング&ファーギー&メアリーJブライジ』
のコンサートがあると聞いた時もファーギーは好きだし
「行ってみようかな・・・」ぐらいの思いでチケットを買った。
しかもメアリーJブライジは名前しか知らなかったし(汗)

二階席の後ろ方でステージはめちゃめちゃ遠い。
オムニバスなので誰が最初なのか・・わくわくしてたら
ステージにはグランドピアノが!!
そしてキャロルキングがすーっと出てきていきなりビアノを弾いて
歌いだした。そうだ~キャロルキングは弾き語りなんだ!!と、
今頃気付き感激!!(笑)

バックミュージシャンはおじさんが二人。
最初に何を歌ったかわすれたけれど、
一曲目ですでに泣けてきた。

スクリーンで映っているのはおばちゃんだけど、
昔の声よりちょっとハスキーですごく迫力があり
思いっきり声を出して歌ってる。
そんな姿に胸がいっぱいになった。

「So Far Away」「Will You Love Me Tomorrow 」など歌って
その他、知らない曲もあったけど、
いつ「You've Got A Friend 」を歌ってくれるかドキドキしてたら
イントロが流れ、会場も待ってましたとばかりに盛り上がった。
ジェームステイラーのかわりに(笑)バックのおじさんとのコーラスは
最高にすばらしかった。
(今日FM802でこの曲のライブ音源が流れた!!またうるうるしてしまった・・)

客席にいっぱい話しかけてくれたけど私には全くわからない。
でも、デビューしてから今までの幸せだったこととかを話してたんじゃないかな・・

ファーギーもこんなに歌唱力があったと改めて思ったし
メアリーJブライジの声には引き込まれた。
二人の感想は置いといて・・

ビッグな人だし、一人一人歌って、「ハイ終わり」
だと思ってたら最後三人が出てきて一緒に歌ってくれた!!
ラストの曲は聞いたことあったので検索したら
「A Natural Woman」という曲。

時々、ライブには行くけれどここまで感動したのは
初めて、かな?(昔はあったも知れないけど)
そしてここまで音楽を楽しんだのも久しぶり。
よかった・・・

今日も行きたいなぁ。
昨日が初日、これから東京もあるらしいので
ぜひぜひそちらの方は見に行って欲しい。

今でも思い出すと泣けてきます。。。。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「オリヲン座からの招待状」 と「グッドシェパード」

2007-11-04 | Weblog
「オリヲン座からの招待状」は二週間ほど前、試写会で見た。
試写会場は大好きな中ノ島にある中央公会堂。
映画の雰囲気に合わせてのことなのかな・・・

加瀬亮がお目当てだったけど、宮沢りえと二人が
この時代にぴったりで凄く良かった。
いつも思うけど加瀬くんには癒される・・
年いってからの二人・・・原田良雄と中原ひとみの方もとてもよくて
じーんと来た。
加瀬くんと原田良雄のガタイが違いすぎだけど(笑)

宮沢りえと宇崎竜堂が夫婦に見えなかったこと、
幼い頃オリヲン座に通った二人・・樋口可南子と田口トモロヲが浮いてる感じがして気持ちが伝わって来なかった。それが残念だった。

「グッドシェパード」
デ・ニーロが監督と出演と言うのでぜひ見たかった映画。
最近はミニシアターばかりで映画を見ているので
久々に見る大画面の洋画にわくわくした。
三時間近くもある作品なので前半は何度かウトウト
してしまったけど後半はしっかり見た(笑)

マット・デイモンがこんな地味な役が出来るんだ。
あまり好きな役者じゃなかったけど、ちょっと好きになった。
CIAの諜報部員の役で言葉は少なく、家族は犠牲になる。
いつも寂しげな丸い後姿が印象的だった。
国を選ぶか家族を選ぶか・・・いつもこんなつらい立場に立たされている。

デ・ニーロは凄く太っていので最初見たとき「似てるけど、これがデ・ニーロ?」
と疑ってしまった。でも笑い顔になったときは全くデ・ニーロでした!

マット・デイモンの息子役の俳優が男前でもなく、気が弱そうな青年で
凄く印象に残った。
CIAには本当にこんな人がいるんだろうか。
アメリカにも家族を犠牲にしてまで仕事仕事・・・の人がいるんだろうか。

脇がみんな存在感があってよかった。
アレック・ボールドウィン・・・すっかりおじさんになったけど
どっしりと存在感あり。
ウィリアム・ハート・・・好きです。変わりない姿が嬉しかった。
ジョン・タットゥーロ・・・この人も好きです!!この映画の中で一番よかったかも。
あと、ティモシー・ハットンも出てたらしいけど確認できなかった。

三時間は長かったし、重い映画で疲れたけど心地よい疲労でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加