株式会社アセラ 農薬部

農薬通信 Web版

農薬通信一般2017年12月号第50巻通刊571 ナメクジ防除薬剤②

2018-01-22 09:06:45 | 記事
|||||||| ナメクジ防除薬剤② ||||||||   農薬通信10月号(一般)ホームページ版でナメクジ防除剤「ナメクリーン3」をご紹介致しました。 引き続き今回はナメクジ・カタツムリ(マイマイ)駆除剤「スラゴ」を紹介します。 スラゴ®は、「SLUG(=ナメクジ)GO(=去る)」を意味しドイツ・ノイドルフ社で開発された環境にやさしいナメクジ・カタツムリ駆除剤です。 有効成分の燐酸第二 . . . 本文を読む

農薬通信果樹2017年11月第50巻通刊570 農薬情勢

2018-01-19 18:08:35 | 記事
||||||| 農 薬 情 勢 |||||||( 11月号 ) 国の農業施策に基づき農産物の「安全・安心」は、生産者の責任であり、必須条件となっています。 このような状況の中、農薬登録より一層厳しい安全基準が設けられてきました。 農薬取締法施行(S47)以降すでに累計約24000件もの農薬が登録され、流通する約4000農薬が現在の農業生産を支えています。 現在使用されている農薬も常に適用拡 . . . 本文を読む

農薬通信一般2017年10月号第50巻通刊569 ナメクジ防除薬剤①

2017-11-29 08:18:44 | 記事
|||||||| ナメクジ防除薬剤① ||||||||   秋の長雨や梅雨時期に被害をもたらすナメクジ…。 秋野菜の定植後、“害虫は見えないが葉っぱがかじられて困る”などの問い合わせを受けることがあります。その害虫の正体はナメクジです。 ナメクジは多湿を好み、乾燥した日中は石の下や植木鉢、畑に放置した農具の下などに隠れ、日没から明け方にかけて . . . 本文を読む

農薬通信果樹2017年9月第50巻通刊568 山梨県病害虫防除所情報

2017-11-21 08:11:37 | 記事
||||||| 山梨県病害虫防除所情報 ||||||| 本年8月25日に、山梨県病害虫防除所情報第2号「クビアカツヤカミキリの発生を警戒してください」が発表されました。 さて、この害虫は何?と思われた方も多いと思います。 「クビアカツヤカミキリ」は海外からの侵入害虫です。 カミキリムシの一種の本害虫は、幼虫期間は2~3年で蛹を経て、6月中旬から8月上旬頃に成虫となります。 体長は約2.5 . . . 本文を読む

農薬通信果樹2017年9月第50巻通刊568 時期の防除(9月号)

2017-11-21 07:52:31 | 記事
||||||| 時期の防除 |||||||( 9月号 ) 近年減少傾向となっている「ブドウトラカミキリ」ですが、薬剤防除が不十分であると生産に大きな影響を与える害虫です。 成虫の発生は8~9月の年1回。 雌成虫は新梢の節や2~3年枝の粗皮下に産卵します。 芽部や樹皮の割れ目に産み付けられた卵は10~16日でふ化し、樹皮下に食入し2~3齢幼虫で越冬します。 山梨県果樹防除暦では9月上中旬の . . . 本文を読む