acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

西上州・タカノス岩北稜

2014年12月11日 10時37分34秒 | 山行速報(薮・岩)
2014/12/8 西上州・タカノス岩北稜


何というのだろう、こういう感覚。
コ-ヒ-で表現するなら、、、


碧岩側から見たタカノス岩(2010/12撮影)



タカノス岩北稜へは、碧岩登山口(三段の滝駐車場)に車を停めて、舗装路を熊倉集落方向へ。
すぐに川へと降りる赤い階段が現れる。
これを降りて、対岸の墓地右脇の踏み跡を行くが、傾斜が強くいきなり息が切れる。
ひと登りで、岩壁が行く手を阻むが、右から回り込めば問題ない。


タカノス岩取りつき


最初の岩壁

数日前に降ったと思しき雪がうっすらと残っている。
「西上州は雪があると悪くなる。」
ガストンさんの教えを想い出しながら、「まあ、場合によっては敗退だな」と、この時点で執着を捨てる。

P1へはところどころ急斜面はありつつも特に問題はない。
むしろ、ここから見える一際高く、佇立する本峰が物凄い威圧感だ。
「マジですか。。。」

とはいえ、記録を見ると困難そうに見えるP2や本峰よりも、さえなく見えるP3が悪いらしい。


P1から本峰を望む

P1を後にP2に取りつく。
しばらくフリ-で行くが、中段からステップに雪が乗りはじめてちょっと不安。
薮はあるが、「ポキリ」といった時のイメ-ジをするに、まあ只事では済まないだろう。
ロ-プを出して、空身で行く。
ここは時間かけても、安全優先。

P2まで20m位。立木を支点にフィックス張って懸垂下降。
ザックを背負ってプル-ジックで登り返し。ロ-プがあるという心理的安心感はこの上ない。
見晴らしよく、北西壁を胸壁に擁く碧岩がその尖峰を天に突く。

P2下りは陽が当たり雪もない明るい露岩下り。
上から見ると「懸垂か?」と思ったものの弱点はありクライムダウンでコルへと至る。


P2を振り返る

問題のP3。
見た目はそれほどではないものの、言うなれば「悪い」。
薮がプアで岩も脆く泥はコチンコチンに凍っている。
まして、うっすら乗った雪で足元も悪い。
バイルを持ってこなかったことを後悔した。


P3への登り

ロ-プを出して2ピッチ(25m+15m)40mほど空身登攀、懸垂下降、登り返し。
ここも十分に時間をかける。


P3から見るタカノス岩

P3下りは問題なく、本峰取付までは”ほのぼの”とした稜線歩き。


途中、「小窓」があった


本峰最後の登りを見上げる

タカノス岩本峰基部から見上げる最後の壁は今までより一際高い。
左右を削られた垂壁に囲まれ威圧的だが、露岩や薮も多く弱点を見出していけば何とかなりそう。
ロ-プは出さなかったが、薮にしろ岩にしろ十分なテスティングしながらの登攀。
それでも、不意に剥がれおちる岩に肝を冷やす場面も。
途中、見下ろすと結構な高さに角度。
不安があれば、ロ-プを出した方が無難だ。


タカノス岩北面側

雪を払いながらの登攀で冷たさに手が痺れてきたころ、山頂。
視界が一気に広がる。


タカノス岩から碧岩

何というのだろう、こういう感覚。
コ-ヒ-で表現するなら、、、

香り(派手さ)  ★
酸味(スッキリ感)★
苦味(難度)   ★
コク(充実感)  ★★★

「香りも酸味、苦味も控えめなのに、何でこんなにコクがあるの?」という感じ。
あ、そうか。抹茶か!
和風だったのか!

ともかく、西上州特有の緊張感が実にイイ。


三段の滝下からタカノス岩(右)

下山は稜線を進み、肩を過ぎた最初のコルの左斜面を適当に下ると、10分ほどで沢床に降り立つ。
沢を下っていくと碧岩登山道が出てくる。
三段の滝を経由して駐車場へは40分程度。


sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊豆山稜線歩道 | トップ | 石割山~大平山 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すばらしい (名雪 博二」)
2014-12-11 17:56:56
久々によい山行報告、見ました、これからも気おつけて登ってください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。