acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

西上州・碧岩

2010年12月29日 23時24分42秒 | 山行速報(薮・岩)
12月29日、西上州・碧岩。

”碧”と書いて「みどり」と読む。
「碧」とはどんな色なんだろう。
好きな色はと問われれば、間違いなく「ミドリ」と答えるワタクシ。
ゴレンジャ-のなかで好きなのは「ミドレンジャ-」なのですよ。
漢字は違えども、ミドリはミドリ。
碧岩の存在を知ったからには、行かねばなるまい。

しかも、この碧岩。
これまた好物の「岩山」であるとのこと。
大好きなおかずが二品も盛ってある。こんなおいしいシチュエ-ションは、他にはないのである。


碧岩と勘違いしていたタカノス岩?

目指すは北稜・・・。と意気込んだものの、前夜と思しき数センチの降雪で三段の滝駐車場はおぼろに銀世界。
ここまでの路面も同様で、スタッドレス未装着車にはドキドキもの。
気温も低く、何とかスリップせず駐車場まで到着。

これで、北稜はどうよという話だが、時間は8:30、陽に照らされていたなら、何とか勝負できるかと淡い期待を胸に歩き出す。
このたびのメンバ-は東京の”あ”夫妻、sakの3名。
全員、碧岩は初めて。

歩き出して10~15分、明るい雰囲気の支沢にあたりをつける。
枯葉で埋まった沢筋を嫌い尾根筋に活路を見出すが、降雪と凍土でなかなか悪い。
バイルの活躍で何とか尾根まで。

しかし、岩尾根からの眺めは明らかに目指した場所ではなかった。
地形図と現況が今ひとつ一致しないものの、おそらくそこは「チョキ」と呼ばれる岩塔。目指す北稜は切れ落ちたその先にあった。
北稜には、雪も付いていた。
「西上州は雪が付いたら、まずダメだね」
碧岩、北西壁・初登を収めた当会のガストン氏の言葉だ。

考えてみれば、既に年末押し迫ったこの季節。
ワンプッシュで登れるほど、甘くはないか・・・。
そんな思いで懸垂下降準備に取り掛かる。

懸垂下降3ピッチで沢筋。
しかし、沢筋は枯葉で埋まり、その上に雪が乗っている。
こりゃ、ラッセルだよ。
なんと、枯れ葉ラッセル、胸まで(笑)

といことで、南稜のハイキングに計画変更。
ハイキングとはいえ、いわゆる破線ル-ト。
それに雪が付いている。

三段の滝

沢筋を詰めれば3段の滝。滝場を巻いて指導標に誘われ支沢へ。
少し行ったところから尾根に上がる。
概ね赤布がある。



尾根を詰めれば碧岩の肩。東壁が大きい。
そこから、フィックス頼りに岩場を2箇所通過。
登りはいいけど、下りは嫌な感じだ。
岩場をこなせば、頂は一投足。
山頂は眺望スバラシく、西上州の岩山がいくつも見えた。
北風が時に頬をかすめるが、陽光が暖かい。



帰りの岩場は懸垂下降。
先ほどつけた足跡を追って下る。

今回の山行がsakにとって2010年最後。
ともかく、今年一年、怪我や遭難・事故もなく、無事に山行を締めくくることができた。
当山岳会においても同様だ。

ガストンさんはじめ、ACC-J茨城の仲間、モチロンACC-J東京の皆様とも山行を共にできた幸せ。
感謝感激です。
ありがとうございました。
正月山行を計画の皆様も安全登山でお楽しみください。

sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西上州 マムシ岳 | トップ | 筑波山の風景<17> 願い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。