acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

那須、朝日岳東南稜

2011年03月27日 00時19分43秒 | 山行速報(アルパイン)
那須、朝日岳東南稜

3/11、この冬、二度目の那須。
目指すは、またもや朝日岳東南稜。



独りでも、仲間といっても、何度でも楽しいのが山というもの。
ということで、このたびはAさん、Iさん、お初のFさん。そしてsak。
ライトなアルパインを楽しんじゃいましょう。

晴天の中にも少々の風。
トレ-スも新雪に埋もれ、初っ端からラッセル。
こうなると那須も侮れない。
膝下、時に股下まで。
慌てず焦らず行く感じが雪山の実感。

透きとおった空気に白い息。
空は青く、目指す稜は胡麻塩模様。
下降点まで2時間を要した。

幸い、明礬沢への下降はクラストしていて快適な下降。
少しの登りをラッセルして稜に取り付く。
sakの仕事はここまで。あとはAさんに牽いていただく。



ギャップ手前の岩塔は右に支点がいくつかあった。
先日は見逃していたが、こちらの凹角が王道か。
思い思いにギャップを越え、振り返れば茶臼が大きい。

あとは朝日岳直下のスラブを、ザクザク登れば朝日岳山頂。
みんなの笑顔と嬌声が嬉しい。
ここから見る東南稜は、何度見ても見栄えがする。



峰の茶屋でゆっくり休憩してボトボトと下山。
見慣れないトレ-ス。姿は見かけなかったが入山者がいたらしい。
こんなとき、先頭を歩けた幸運は心に残るものだ。

途中、森が揺れた。
経験のない揺れだった。
ガ-ドレ-ルとその支柱がぶつかり合い、ガンガン鳴っていた。
噴火でも起こるのではないかと身の危険を感じた。
自然に意思はない。意思なくして自然現象は起きるのだ。

それからの出来事は皆に打撃を与えた。
たぶんこれからも。
不安はあるけど、それでも私は自然を愛していくのだと思う。

sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅間山 | トップ | 筑波山の風景<18> 罠 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。