acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

谷川岳 一ノ倉本谷下部

2016年10月18日 19時01分14秒 | 山行速報(沢)

谷川岳 一ノ倉本谷下部


今年はさ、あれだよね。
一ノ倉沢のさ、あれ。

たぶん、もうないよね。
幻の滝が出てるだろうよね。

9月の中頃から、山仲間に囁かれていたものの、
折からの天候不順で計画は延期、延期を繰り返して10月に入ってしまった。
そして、ようやく秋空の好機が。

S子さんと、いざ一ノ倉本谷。

「幻の滝」 幻とはいえ、実際にはないものが、あるように見えるたりするわけではない。
むしろ、それは恐ろしい。

((((;゜Д゜)))ガクブル


「万年雪」といわれる本谷の雪渓が消えた時にのみ姿を現す。
つまり、存在の確認が難しく稀有なこと。有り難い現象。

(´∀`*)))ハイ、正解ィ★★


一ノ倉出合から沢通し。
衝立前沢の滝は腰まで水に浸かって、チョックストンを越える。

フィックスを伝って滝上まで
このスラブからロ-プを出してテ-ルリッジ下部まで。

沢床に降りて右岸バンドを上がり、草付手前で右にトラバる。
岩ドロな斜面をトラバ-ス。結構いやらしい。

ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!


あとは、乾いたナメとスラブを快適に。
足を突っ張ったりしながら。
水線を右に左に、思い思いのトレ-スを引く。

幻の大滝は、左壁に取りつく。
結構、クラック、リス、バンド状が目立つものの、なかなかどうして。
S子さん、ナイスリ-ドです。

クライミングシュ-ズにすべきだった。ちょっぴり後悔。

( ;_;)ヾ(・ω・`*)ナカナイデェ

 


あとは、ワイド画面のようなスラブを行く。
左に滝沢下部。右に衝立岩。
見慣れたテ-ルリッジからの景観とは違う世界が広がる。

゚+。感:.゚(O*p´∀`q*)゚.:激。+゚


本谷バンド到着が想定時間を越えていたので、ここは潔く4ルンゼを諦め、南稜テラスへ。
撤収です。

撤収ッー!! (-o-\) λλλλλ,,,,,ゾロゾロ

 


幻に想う。

『人の生を享くるは難く、やがて死すべきもの、今いのちあるは、有り難し』

仲間とともにある、幸せ。
去り難き、幸せ。
有り難し。


sak

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日光男体山 | トップ | 登川・米子沢~巻機山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。