acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

八ヶ岳・ショルダ-リッジ左

2016年04月04日 23時05分04秒 | 山行速報(アルパイン)

2016/4/1 八ヶ岳・ショルダ-リッジ左

「いよいよだな」と彼は言った。
それは、いよいよ登っていない八ヶ岳のバリエ-ションがなくなってきた、ということだ。
「安心してください」とsakは言う。
それは、まだ1本残っているではないですか、ということだ。

まだ1本ある。
まだ終わっちゃいないのだ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

昨日の心地いい疲労感は残しつつ、天気も上々。気分も上々。
パ-トナ-のsztさんのモチベ-ションは高い。

「行け。振り返るな」

文三郎尾根をボトボト歩く。
最初の急登が一段落したあたり、主稜取付きの一段下から赤岳沢に下降、トラバ-ス。
アタリをつけておいた尾根に乗る。

下部は急な雪斜面をノ-ザイルで。
最後、木登りを交えた小岩の登りはチョット緊張。
初心者がある場合はロ-プを出した方がいいかもしれない。

大岩壁下でロ-プを出す。
隣に主稜パ-ティ-が見える。

1P sak
大岩壁は左右どちらも登られている。

ここは岩壁基部を右へ。ミックス帯を行く。
雪もうっすらで脆いので慎重に。
小リッジを乗り越え、ルンゼ状を詰める。
脆い。そして中間支点は見当たらない。
心理的にタフなピッチ。
ルンゼ状を詰めあがった所にある残置ハ-ケンでピッチ切り。

2P szt
露岩~ハイマツ~雪壁
リッジに乗る。

3P sak
切れたリッジだが、傾斜はない。
スタンス、ホ-ルドは豊富。
リッジが立ってくるが、その基部にハ-ケンがありそこで区切る。

4P szt
立ったリッジ。
スタンス、ホ-ルドは豊富。
一ケ所、スラブっぽいところに支点がある。
スタンスが少ないが、リスにアイゼンの前爪をひっかけて立ち込んだ。
リッジを抜けるところまで。

6P sak
草付、ハイマツ、露岩のミックスをザクザク登る。

7P szt
緩傾斜の雪壁をザクザク登る。
登れば登るほど傾斜は増す。

8P sak
続けて雪壁をザクザク登る。
左右に岩尾根が見える。
登りやすそうな右に見える尾根に乗ってひと登りで登山道に出た。

下山は赤岳を越えて、文三郎尾根。

ショルダ-リッジ左は八ヶ岳にあってル-トファインディングを楽しめる貴重な一本。
マイナ-なだけに、集中して向き合えて手頃なグレ-ド。
手頃、とはいえ支点の少なさはリスクも少なくない、ということ。
そういう登攀がここにはある。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

目の前の壁を乗り越える。
そう想えたのは、幻ではない。
まだ終わっちゃいないのだ。

「行っちまったのかい」

「安心してください」

それは夢に終わりはない、ということだ。
「次の一本、付き合いますから」
遠く、西の空に語りかける。

 

sak

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八ヶ岳・日ノ岳稜 | トップ | 筑波山の風景<26> 流行歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。