acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

会越・室谷川、駒倉沢-倉谷沢下降

2011年10月06日 00時29分04秒 | 山行速報(沢)
会越・室谷川、駒倉沢-倉谷沢下降


山や沢、岩をやってると「積年の宿題」ってのがある。
その数たるや「これはもう、たぶん一生のうちでは登り切れんだろうなあ」と遠い目をしてしまうほど。
そうして「行きたい山リスト」の中から、次はどこに行こうかなあと考えるのである。

でも、でもね・・・。
結局のところ、そんな山々を差し置いて、急に行ことになる山がこれまた多い。(笑)
そう、それがこの沢旅の序章。

本来は行きたい山リストの湯檜曽川本谷に行く予定だった。
しかし、前々日になって、体調が優れず一日寝込む。
前日に回復はしたものの、泊付の山は荷が重く養生することとした。

が、

体調が戻ると、折角の連休なのだからせめて日帰りでも、と欲が出てくるのは山人としては至って健全・健康な証し?
しからば、数ある「積年の宿題」からといいたいところであったが、数日前に出逢った記録を思い出す。

「掘り出し物の沢」という触れ込みに目が留まった。
すてきなゴルジュとスラブが美しかった。
※トマの風の記録

簡素な記録に、ほかも探してみたけど、遡行図など見当たらない。
ここでsakの琴線に触れましたよ。「ココだ!」とね。

前夜、小久蔵沢近くまで。
少し寝坊し6:15出発。



大久蔵沢出合手前の巨大堰堤から入渓。
平凡な室谷川を詰めていく。流れはまるで入浴剤を入れたかのようにくすんでいる。
最初に左岸から入る流れが駒倉沢。出合すぐにゴルジュ状の様相を呈しているので明瞭。
とはいえ、最初のそれは特に問題なく、しばらくはなんてことはない。



駒倉沢の真価は、美しい造形のナメゴルジュから。
さあ、覚悟はいい?
何が出てくるかはお楽しみだよ。



やわらかな曲線で抉られたナメのゴルジュが美しい。
摺り足で進むが、早々に足が着かなくなって、泳ぐ。

流れはゆったりなので、ゆったりと行く。
出口の滑らかなトイ状滝に上がる。
最後は、薮をつかんで左岸を行く。



一旦平凡となるものの、左から入る垂直8m滝を見てから、両岸は切り立ってくる。
そして狭谷に出てくる滝と淵。

岩盤を滑らかに削られたナメが多く、釜や淵は意外と深い。
とっぷりと胸まで浸かることも。
しかし、流れは強くない。冷たさは苦痛ほどではなく、沢登をやっているなという実感、~つまりは隔世した空間と時間~が心地いい。



稜線とスラブが遠望できるようになると、沢は開ける。
開けてからはスラブ状の滝が続く。
一見すると、「エ-ッ!あれ登るの?」と慄くが、慎重さを持ってすれば、そのほとんど(1箇所だけ小さい巻き)が登れる。



正面に大きなスラブを見る三俣(2:1:3)は右へ。
いくつかの滝をこなすと、40mほどのスラブ滝に出る。
ここは水流右、薮とのコンタクトラインを行く。



このスラブ上からは駒倉沢が一望できる。
気分よく大休止。



これで大体終わりだろう・・・。と思ったのは大間違いで源頭の様相の中、ナメ床トイ状が続く。
しかも釜は意外と深い。両足ツッパリや手足ツッパリなど体全体を使って越える。



二俣は右。その奥の二股も右。
結局、ロ-プは出さず。
初心者はともかく、沢慣れた人ならば岩、薮、草を駆使して登れるだろう。

そしてとうとう水が枯れ、沢形を詰めると、駒形山と倉谷山の間、1005峰の肩に出る。
尾根を跨いで反対側へと下降すると、いくつかの沢を合わせ、しばらくで倉谷沢へと合流する。

倉谷沢は水量も多く、水のきらめきが美しい。
時に見るエメラルド色の岩や白い柱状節理がこれまた美しい。
泳ぎ、胸までは当たり前。盛夏ならば、奨んで流れに身を任せることになろう。



一カ所、直瀑(15m)での巻き(右岸)に注意が必要。
両岸とも険しい岩壁になっており、中途半端に巻き下ると岩壁中のバンドに出る。
バンドの端に懸垂跡(灌木にスリング)あり。20mの懸垂下降。
本来は右岸を巻きあがり、小尾根を乗越し隣の支沢へと下るのが安全かと思う。

下れば下るほど平凡さを増してはいくものの、流れの透明度はくすまない。
この平凡さが平穏な時の流れのように、実にいい。

行く先に堰堤が出てくる。
1つ目は巻き下るが、2つ目は両岸切り立っていて面倒そう。
左岸の林道へと這い上がりあとは駐車場所まで林道歩き。

室谷川・駒倉沢
遡行図もGPSも持たず、1/25000地形図だけの沢旅はいかがでしょう?
会越、室谷という地味さに好意を持つなら、なおさら。

時に理由もなく、直感という選択肢もいい。

sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二口山塊・石橋(しゃっきょ... | トップ | 徳本峠越え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。