acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

毛渡沢大滑沢白板スラブ

2013年09月29日 22時16分39秒 | 山行速報(アルパイン)
はじまりはあの時だ。
ガストンさんのあの一言。

「あのさ、白板スラブってのがあんだよね。」

話はこう続いた。

「ちょ----っと興味あんだよね。」

すでにその時、今日という日は約束されていたわけだ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2013/9/27 毛渡沢大滑沢白板スラブ


土樽PAで車中泊。
翌朝、ゆっくり起きて大滑沢まで車で移動。
アプロ-チゼロ。
身支度を整えたら、即入渓。



メンバ-はガストンさん、sak、hagくんの3名。
なんとhagくんはバリエ-ションデヴュ-。



薮の気になる平凡な沢を遡ること約1時間。
右岸に広がるそれが、白板スラブ。
前日の雨の影響で、幾分濡れてはいるが概ね状態は悪くはない。



白板スラブは真中に薮の尾根状があり、右スラブ、左スラブを分ける。
登攀するなら断然、すっきりとした右スラブだろう。



右スラブへ上がる沢には滝がかかる。
1段目はsak、hagは左岸ルンゼ、ガストンさんは右岸草付を巻く。
1段目を越えるとすぐに2段目の滝。
ココも左岸を巻く。
その上からがスラブの始まり。



ロ-プを出して水流右目を行く。
しっとりと濡れたところでもアクアステルスはフリクション抜群。
フラットソ-ルを出すまでもなく、快適に登れる。
支点はないので、右の薮に求めて薮とのコンタクトラインをいく。



4ピッチ目でスラブ中央へ左上するところがとても快適。
この登攀で唯一見つけた残置支点、リングボルトが打たれていた。
大バンドに出て休憩。



そこから、ほぼ直上。
クラックに草が生えているのでつないで行く。
それが途絶えてからが、核心。



あそこまで行けば・・・
という数歩で逡巡したが、わずかな草とフリクションを頼りに・・・。
なんとかカチに届いた。

支点をとれていないので、しばらくは緊張感漂うものがあったが、ハ-ケンを打てる場所を見出し一安心。
あとは快適なフリクションクライミング。
って、思ったらロ-プが足りない!!
上段バンドの薮まで届かず、途中ハ-ケンとカムで支点構築。

sakの苦労した場所もhagくんは淀みなく上がってくる。
なかなか、やるじゃないの。



上部バンドからは、
①左岸尾根に上がる
②左スラブ-右岸尾根へトラバ-ス
③直上してスラブ上部の滝を巻登る
という選択肢。

見回してみると①が距離もなく容易そう。
②は距離もあり、なにより幾分立って見える左スラブのトラバ-スはちょっと避けたい。
そこで、ここまで来たならと③を行く。

1ピッチ伸ばして滝下。
そこから滝を左から回り込んで、薮を手掛かりに強引に尾根に上がる。
ここでロ-プを解いて登攀終了。



一休みしてから、薮尾根を直上。
ちょっとくらい踏み跡あるんじゃない?
という淡い期待は裏切られ、なかなか手強い。
空中戦を交えた、薮漕ぎは久方ぶりだ。



次第に視界も開けて来て、谷川の山々を見通せる。
そこが下降路に想定していた右岸尾根とのジャンクションピ-ク。

やれやれ、これでヤブコギも幾分、楽になろうかいのぉ・・・。
という淡い期待も裏切られ、なかなか手強い。
空中戦に次ぐ、空中戦。
これでもかと、言わんばかりの輪舞曲。



薮に気をとられ、細い尾根を踏み外すような場面も。
ガストンさんの判定、薮グレ-ドⅣ+。

それでも淡々と薮をこなしていくが、すでに陽も傾き加減。
薮の尾根を放棄し、進行方向左の沢筋へ下降。
ロ-プを出すことなく降りるが、草付を灌木頼り、時にシリセ-ドのようにして高度を下げる。

傾斜もゆるくなると、沢床が出てきてしばらく沢沿い、薮の薄い樹林を拾って下る。
最後に10mほどの滝を巻き下って林道に至る。
大滑沢の入渓点から、わずか5分位の場所だ。

アプロ-チもなしに、容易な沢登、快適な登攀も楽しめる。
薮は、この際忘れるとして(!)この満載感。

白板スラブ、おすすめです。


sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東黒沢白毛門沢遡行 | トップ | 佐武流山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。