acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

甲斐駒ケ岳-鋸岳

2015年08月04日 08時34分32秒 | 山行速報(ハイキング)

2015/7/14-15 甲斐駒ケ岳-鋸岳


中央道から見るたびに、いやぁ、いいねぇ。
そう唸る。

行ってみたいねぇ。
そう思う。

そこで、思い出す。
チリチリ痛む胸の傷跡に効くクスリはどこにあるのだろうか?
もしかしたら、あそこにあるのかもしれない。


---戸台・仙流荘前---

北沢峠へのバスは8:10
ハイシ-ズン直前の平日。山屋としてはちょっと遅めだが致し方ない。
早朝バスを期待してきた人は、仕方ないから帰るという。
お疲れ様でございます。

このたびのメンバ-はkei2さん。
待ち時間は二度寝したり、柔軟体操したり。あとは適当にブラブラして過ごす。


---北沢峠---

バスから降りた面々は各々のル-ト目指して行く。
砂利道をそぞろ歩いてテント場を横目に見る。
長衛小屋をすぎるとようやく登山道らしくなってくる。


---仙水峠---

ゴロ石がそこらじゅうを埋め尽くす。なんか、いいなぁ。
仰ぎ見る摩利支天。すごく、いいなぁ。

さすがアルプスだなぁ、などと唸っていると荷揚げだろうか?
頭上をヘリコプタ-が飛んで行った。


そこで思い出す。

ヘリコプタ-のロ-タ-回転数より
扇風機の羽根の回転のほうが速いんだよ。


【歩程に想う小噺-sakの場合-】


じゃあ、扇風機も飛ぶのかい?

いやいや、それはないだろ。事実、飛んで行かないじゃないか。

どうしてだろうね?

いろいろ「理由」ってものがあるんだと思うよ。

えーと、それはさ、扇風機とヘリコプタ-の力関係で、とか、
扇風機が「俺が飛んじゃまずいだろ」ってヘリコプタ-に遠慮してる、みたいなこと?

そういう叙情的なものではないと思うよ。絶対に。

じゃあ、やっぱり・・・。

ん?

自分が自分じゃない。

お?深いねぇ。

扇風機が飛んじゃったら、それはもう飛行機だろ。ってことか。


【歩程に想う小噺-sakの場合-】-おしまい-


---駒津峰---

仰ぎ見る甲斐駒。
突き出た石灰岩と砂礫の峰は夏の青空が似合う。


---摩利支天---

ココから見る甲斐駒がまたいい。
このリッジを登ってみたいなぁ。


---甲斐駒ケ岳---

いやぁ、やっぱりいいねぇ。
そう唸る。

そしてその先の縦走路。

行ってみたいねぇ。
そう思う。

そして今日、一歩踏み出してみる。


---六合目石室---

この日の宿泊は我々だけ。
念のためと持ってきたテントは無駄となってしまったが、やはり小屋泊は快適だ。

つまみを作ってみたりしながら一杯。
途端に酔いが回り、ひと寝入り。

頭が痛い。
高山病の症状か。

そこで思い出す。

山のレシピは登山経験の化学反応。
如何に安く美味しく、そして意外性が感動を呼ぶんだよね。


【山仲間との対話】

山のご飯って、山仲間のレシピに刺激、受けるよね。
みんなのアイデアとか発想とか。

そうそう。

買い出しに行くとス-パ-でずいぶん時間をかけちゃう(笑)。

前に山にケ-キを持っていったことがあって。

え?ええっ。ケ-キ?

うん。

それはすごいよ。感動ものだよ。

でも、なんか邪道だといわれた記憶が。。。

いやいやいや。聞いただけで素直にカンド-したよ。
ちなみに、その方の正道というのは?

コッヘルを洗った汁は棄てないで、飲む。・・・らしいです。

あぁ、エコ、、、ですか。

そうそう。地球にやさしい。

それで、自分に厳しく、と。
山の世界は刺激的だなぁ。


【山仲間との対話】-おしまい-

 

---第二高点---

石室を夜明けとともに出発。


踏み跡をトレ-スしていき、中ノ川乗越。
ガレザレの斜面を行くが、上部が悪い。

登りきるとそこが第二高点。
眺望がすばらしい。


---鹿窓---

第二高点から稜線を外れ、信州側へと高度を下げる。


踏み跡を下っていくとキレットから落ちるガレ沢を渡る。
渡った先を少し下るとガレのバンド。
ガレのバンドを進み、岩のバンドへとつなげる。
ここで落ちると、とても痛そうなので、慎重に。

岩のバンドから草付へ
そこから見上げると、鹿窓。

ぽっかりと空いた小さな岩穴。
こころに空いた針孔のよう。
小さな胸の傷跡が疼く。

適当に登っていくと、鎖がある。
それより、不安定なガレ場なので慎重に。
ひと登りで鹿窓を潜る。


---第一高点---

小キレットは鎖もあり問題ない。

緩い傾斜を鎖のある脇、草付を下り、最後だけ鎖を使う。
登り返しは傾斜があるが、足がかりも多く鎖もあるので問題ない。

ぼちぼち行くと小ピ-クを過ぎ、二つ目が第一高点、鋸岳のピ-ク。

南アルプス林道を走るバスを眺めたりしながら大休止。
遠く御嶽山に噴煙を見る。


---角兵衛沢---

不安定なガレ場が続く。
ガレ場好きにはたまらない場所だが、生憎そういう趣味はない。


---大岩下ノ岩小屋---

まさにオアシス。
染み出る石清水がまさに沁みたっス。


---戸台川---

角兵衛沢出合から対岸に石伝いで行く。
しばらくは左岸の河原をいく。
二つ目の堰堤を左岸から下ったが、ここは右岸。しっかりとした砂利道がある。
しかし次第にその砂利道も河原と化してしまう。

あわよくば、靴をぬらさぬようにと、時に悪いヘツリなどしてみるが、だんだん面倒になってきて、靴のまま渡渉。
そのほうが、早いし安全。
どうやら、右岸の道は流失し、寸断しているようだ。

沢としては何の変哲もないが、渡渉を嫌ってずいぶん苦労してしまった。


---戸台大橋---

駐車場について、戸台大橋への舗装路をボトボト行く。
ここから、バスに乗ろうと思ったが、次のバスまで2時間ほど。
仕方ないので、空身で車を取りに行く。

時にRUN。
木陰で蝉時雨に打たれながらも心地よい。

そこで思い出す。

中央道から見るたびに、いやぁ、いいねぇ。
甲斐駒、行ってみたいねぇ。

-想うにありき遠い場所-

本当は決して遠くはないのです。
煩雑な日々を言い訳に省みる。
自分が自分じゃない。
チリチリと胸が痛むのはそういう時。
「どうにかなる」どちらかと言えば、そっちの範疇だと、行ってしまえばすぐわかる。

もっと、自分に優しくて。
エコじゃないけど、いいんじゃない?


sak

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八ヶ岳・小同心クラック | トップ | 八ヶ岳 東天狗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。