acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

明星山P6南壁・左岩稜

2009年10月14日 09時39分35秒 | 山行速報(アルパイン)
明星山・P6南壁・左岩稜に行ってきました。


明星山P6南壁

明星山へは初見参。
12日、体育の日の夜出発すれば、高速1000円利用が可能という利点から遠征を決行。
しかし、明星はやっぱり遠かった。
前夜発の日帰りではもったいない感もあるものの、平日休の身ではそうも言ってはいられない。
いけるときに行かねば、山は逃げないけど、月日は逃げてしまうから。

天気は上々。クライミングにはもってこいの条件だ。
初見のP6南壁が大きい。
パ-トナ-のko-yaくんと慎重にル-ト読み。
幸い、小滝川は足を濡らさずに渡れた。


1ピッチ目

1ピッチ
左ルンゼから一段上がる。薄カブリながら、ホ-ルドもしっかりしており、体を横に振って角度を殺せば問題ない。


2ピッチ目

2ピッチ
右上気味に凹角を抜けると小バンド。そこをさらに右上。左フェ-スとの分岐点を少し左上。
ペツルと鎖+ステンリングの立派な支点でビレイ。
核心の前傾壁はすぐそこ。


核心の人工ピッチ

3ピッチ
核心の人工ピッチはko-yaくんのリ-ドで。
彼の人工は見ていて安定感がある。
心配していた支点は、リングボルトのリングなしには3ミリシュリンゲでタイオフ+市販のボルトで抜け防止が成されていた。
さらに、そのすぐ隣にはペツルのハンガ-ボルト。
迷わずハンガ-ボルトを利用する。
途中、ボルトがぐるぐる回ってしまうところがあったが、効いてはいるようなのでそのまま利用。
アブミ動員、10手ほど。

4ピッチ
凹状スラブ。
3ピッチで消耗したこともあり、フリ-と時にアブミで繋げる。

5ピッチ
凹角を直上。
Ⅲ+の快適ピッチ。すぐ右に松の木テラス

6ピッチ
バンドを左に行ってリッジとフェ-ス。


あとは簡単な岩登り

7ピッチ~
簡単な岩のぼりに草薮&木登りを交えたピッチを4ピッチほど。
薮が出てくるので、快適さがあまりない。
適当なところで左の一本松へトラバ-ス。
一本松で大休止。

下山は西面の薮中。
踏み後はしっかりしているものの、足元は悪い。
小滝川は導水管下を飛石で渡れた。

下部の快適さが、上部で味わえなかったのが、残念。
しかし、岩のカッチリ感やフリクションの感度は上々。
次はピッチ数もある正面壁をチャレンジしてみたい。


導水管から南壁

もうすぐ、クライミングの季節も変わる。
冬に入る前にもう一本、行けるかな?
さあ、次は何処?

・・・下山後のお約束。
山からおりたらたらふく食べなきゃ。


カツカレ-大盛


足利駅前・「やまとや」で打ち上げ。
sakはオムライス大盛。・・・デカイです。
ko-yaくんはのカツカレ-大盛。
皿に乗切らないので、これにカレ-ル-が追加となりました。
ko-yaくんの食べっぷりはすばらしい!
カロリ-は控えめにねっ!


sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北岳バットレス | トップ | スルメイカ釣り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。