acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

西上州、物語山・メンベ岩

2012年11月11日 21時03分30秒 | 山行速報(薮・岩)
西上州、物語山・メンベ岩


サンスポ-ツランドから見る物語山とメンベ岩

西上州に物語山という、何とも趣のある名の山がある。
いかにも何がしかの伝説が伝わっていそうだ。

物語山ものがたり
くわしくはこちら



ということで、今回は冷静に事の次第を確認してみよう

◆物語山の名の由来
 ・メンベ岩に伝わる戦国の悲劇を今に伝えることから「物語山」
 ・琵琶楽の語り部、琵琶法師がこの山で行をしたから「物語山」

◆物語山の伝説 
 ・メンベ岩には今でも武将の遺体、鎧、冑と刀は風雨に晒されてそのままこの岩上に残されている
 ・戦国時代、メンベ岩の頂に財宝を埋めた
 ・戦国の埋蔵伝説を聞きつけて、財宝目当てにメンベ岩を登る者は 必ず墜死の憂き目に遭う

つまり・・・。

物語山に伝説あり。伝説はメンベ岩にあり。
伝説を伝えるメンベ岩を抱く、最高峰の山が物語山。

という事なのであろう。
それでは、メンベ岩登らずして物語山を語ってはなるまい。

はたまた、かの伝説は・・・?
やはり興味はそこにあろう。


そこで・・・・。


★メンベ岩に登ってみた★


第一次メンベ岩学術登攀隊メンバ-はガストンさん、matくん、sakの3名。
「伝説検証」という学術的に興味深い、山行価値を理解されている知性派メンバ-だ。
決して「篤志家」とか、「酔狂な」とかそういうんじゃないですからね。

下仁田サンスポ-ツランドから登山道をしばらく歩く。
メンベ岩を仰ぎ見てから、少し進み沢の右岸側の支沢に入る。
しばらく進むと涸れた小滝。
この手前、右岸側のズルズル急斜面を尾根目指して行く。
当然、道はないので要注意。


右岸の支沢

尾根に小岩壁が見える。その上を目指して登る。
尾根に出たらそれを忠実に詰めていく。
ピ-クを一つ越えるとメンベ岩の基部が見えてくる。
基部を右に回り込む。

南面のクラックル-トを仰ぎ見る。
下部には支点や古ぼけたロ-プも見える。
登られてはいるようだ。


クラックル-トを行く

残置のRCCボルト、リングボルトそして古いロ-プを辿っていく。
下部のクラックには灌木もある。
思いのほか立っており、Ⅳ級クライミング。
諸々の不安も手伝って、早々にA0を決める。
 【諸々の不安①=「財宝目当てにメンベ岩を登る者は 必ず墜死の憂き目に遭う」という伝説。】
 【諸々の不安②=見えない上部への不安。】
 【諸々の不安③=岩の脆さに対する警戒。】
クラックには、キャメロット(#0~#2)が有効。残置とキャメで支点を取りながら行く。


上部を望む

クラックを終えると、フェイス。幾分傾斜もゆるむころ小バンド。
バンドを数m右にトラバ-スして浅い凹角を直上。
上に行くにしたがってハ-ケンも多く、ル-トを見出すには十分な間隔で打たれている。
しかし、先出のロ-プが通されており、クイックドロ-をセットできない。
前進用の3mmスリングが活躍する。

また、ロ-プが腐っている。テスティングすると、容易く切れた。
充分な注意が必要だ。

終了点は灌木で取れる。
1ピッチ、40m。


セカンドmatくん

セカンドmatくん、ガストンさんはフリ-で。

メンベ岩の上は物語山西峰から見たときに感じたほど広くない。
細い薮のリッジといった様相。
一番高さがありそうな西の突端はいくらか平らになっており、眺めは抜群だ。


メンベ岩から物語山西峰


影メンベ

懸垂下降で取付きに戻るが、枯れ木が多いので支点選択に要注意。
懸垂支点にスリングとビナを残置。


懸垂で下降

ピッチ数はないものの、クライミングとしては楽しめた。
西上州にしてはグズグズの脆さを感じさせない一本だ。

物語山(西峰)へはそこから急な尾根をしばらく上がり、山頂直下で右にトラバ-スすると、西峰の展望台。
メンベ岩が一望できる。


メンベ岩


物語山

西峰、本峰を経由して登山道を下山する。



◆物語山の伝説

・メンベ岩には今でも武将の遺体、鎧、冑と刀は風雨に晒されてそのままこの岩上に残されている
 →確認できず。
・戦国時代、メンベ岩に財宝を頂に埋めた
 →確認できず。
・戦国の埋蔵伝説を聞きつけて、財宝を目当てにメンベ岩を登る者は 必ず墜死の憂き目に遭う
 →安全なクライミングに留意すれば、大丈夫。


メンベ岩

結論
・鎧兜や財宝は確認できず。
・すでに持ち去られた可能性も否定できない。
・メンベ岩は財宝目当てでなければ、登れる。

物語山ものがたり。
戦国ロマンとメンベ岩の言伝え。
物語山とは良く言ったものだ。


sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西上州 大ナゲシ北稜 | トップ | 立山初滑り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。