acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

富士山

2013年05月30日 09時07分18秒 | 山行速報(ハイキング)
2013/5/24 富士山




あの季節が来る前に、
考えたり感じたりすることは多いのです。

そうだ 富士山、行こう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


富士山に登る。
これは日本人である以上、なんとなく義務感?いや、憧れであろう。

日本国民の誰しも一度は行ってみたいランキング上位の富士山。
シ-ズンには外国人観光客もがその頂を目指すらしい。

その富士山が世界文化遺産となることが有力視されている。
ここ数年の富士登山の過熱ぶりはもはや周知の事実。
となると富士の環境保全も一層強化されることだろう。
つまり、気軽に行く山ではなくなる。

また、登山が趣味の方なら必ず聞かれたことが有るだろう。
「富士山は登ったことがあるんですか?」と。

sakはその最高所、剣ヶ峰を踏んだ時がない。
富士山は登って楽しい山と思わんので決して悲願ではないのだが。

しかしながら、先出の問に「火口の縁には行ったんだけどね、山頂(剣ヶ峰)に行ってないんだよね」と
答えようものなら、ささやかな期待外れの表情が胸に突き刺さるのである。

かといって、夏の雑踏に登る気にはならんし、世界遺産登録後など登山するには論外の事態となろう。
そして、こう思うのだ。

そうだ 富士山、行こう。




前夜、富士宮口5合目まで入る。
朝は4時5時。春山装備で出発するが、ガチャ類が全くないので、荷物が軽い。
なんとなく物足りなさと不安が半々。



今年は雪が少ないらしく、7合目までは砂礫の夏道。
その後、雪は出てくるが概ね夏道を行く。





ボトボトボトボト・・・・。
変化のない砂礫と溶岩石の登山道。それでも常に次の山小屋が見え、いい指標となる。
空気の薄さを感じながらじっくりと行く。
最後は急な雪渓を直登して山頂の一角、浅間神社本宮へと飛び出す。





さすがに、山頂は風が強い。
頬に当たる風は、冬山の様相。剣ヶ峰まで我慢しようかとも思ったが、目出帽とゴ-グルを装着。
やっぱり、この方が安心だ。
強い風の隙間を縫いながら、剣ヶ峰到達。





下山は雪渓を直下降。
ズボンが痛むのを嫌い、シリセ-ドは封印。
山スキ-はいかにも快適そうである。
それでも登りの半分以下で駐車場。
鹿児島ナンバ-、広島ナンバ-を横目で見ながら荷物を解く。

時計は、まだ13:30。
高山病で頭痛がするので、少し昼寝。
あとは、帰りの算段。
東名を使わず、山中湖から道志みちを行くことにした。


圧倒的な裾野の広さと、台形シルエット。
これぞ、日本の顔。

やっぱり、納得しちゃいます。


sak
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山高所訓練 | トップ | 御神楽・御神楽岳前ヶ岳南壁V... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高山病 (Nak)
2013-05-30 16:34:01
私もこのところ、2000m以上のところへ行って泊まると決まって頭痛になります。この前の北の俣岳、室堂、泊まっていないけど昨年の富士山も頭痛でした。高いところへは行けないタチなのかな、と少々失望的です。
頭痛 (sak)
2013-05-30 21:14:07
以前から、そういう傾向はあったので体質とか適応体とかがあるのでしょうね。
でもほとんどは一晩もすれば治ります。

海外などの高山には気を付けた方がいいかもしれません。
しかしながら、人間も意外とタフなもので、順化対応能力は程度の差はあるにしろ時間をかければ対応できるようです。

↓参考サイト
http://www.patagonia-guide.com/acn/acn-info/acn-alt.html

とはいえ、8000mともなればそうはいきません。
今のところ予定はありませんが・・・。

お鉢巡り (sato)
2013-05-31 10:59:51
ご無沙汰です。お鉢巡りはしなかったのですか?あたくし富士山は3度登っているのですがお鉢巡りと火口への滑降(ダジャレみたいですね)は未経験なのでそのうちやってみたいと思っています。山行自体ご無沙汰なので・・はぁ(遠い目)
お鉢巡り (sak)
2013-05-31 22:53:22
姐さん、お久しぶりです。
お努め、お疲れ様でございます。

穏やかでしたら、一周しようと思っていましたが、ずいぶんな強風で、やめにしました。
浅間神社までで、剣ヶ峰をあきらめる人もいらっしゃいました。

カコ-へカッコウ。(笑)
十分駄洒落です。

火口からの眺めは、また一興でしょう。
ということで私は、火口に下降(!)を次の目標にします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。