acc-j 茨城 山岳会日記

acc-j 茨城
山でのあれこれ、便りにのせて


ただいま、acc-jでは新しい山の仲間を募集中です。

白毛門沢

2014年09月26日 14時42分39秒 | 山行速報(沢)
2014/9/12 白毛門沢

当初、泊つきで東黒沢からウヅボギ沢、ナルミズ沢の計画。

しかしながら天気が微妙な面持ち。
9/11にハナゲの滝手前で雨に降られて、まあ何とかなるか・・・と思ったもののそこは自重する。
9/12に計画縮小して白毛門沢に入ることとする。


白毛門登山口は暗いうちから1パ-ティが用意している。
時計は4:00
馬蹄形1dayか。
こちらはもう一眠りしてからゆっくり出発。6:00



昨日ハナゲの滝までは沢通しで歩いていたので、両岸の踏み跡を行く。
ハナゲの滝はキャニオニングが有名なスポット。
ツア-ではココを歩いていくのだろう。



ハナゲの滝は特に問題ないが、ところによりヌメがすごい。
スラブ系の沢ということでアクアステルスで行ったが、下部で大いに滑った。
意外と油断ならんのだ。

上部で右岸から左岸にトラバ-ス。
ここでのスリップや水量に飛ばされると痛い目を見るだろうなぁ---。
慎重に行く。
不安なら右岸に巻きの踏み跡がある。

そのうえは適当に小滝をこなしていくと東黒沢との出合
左の白毛門沢に入る。



感触を確かめるようにいくつかの滝をこなしていく。
まあ、特に悪場はない。

大滝手前の5m滝は水流左を行くがちょっとクライミング。
抜け口に残置ハ-ケンもある。



大滝は右岸を巻く。
そのうえは左岸、水線とのコンタクトラインを行くとナメ大滝。
ここぞって時にスベラナイように。





大岩を越えると水流は細くなりジジ岩、ババ岩も見えるようになり、非常に明るい。
秋の雰囲気をまとった青空に、こういう雰囲気はとても気分がいい。



奥の二俣は、おおよそ本流と思われる方に進んでいく。
草紅葉の頃はとても美しいことだろう。

だんだんと、傾斜も増して息も上がるころ水流は消える。
1Lほど汲んで下山に備える。
あとは岩と草付の窪みを、それらしい方向に進んでいく。



目の前の尾根に上がると、白毛門の山頂。
ツメはヤブも薄く、山頂に出るというなんともお買い得な感じで嬉しくなる。



下山は谷川の岩場を遠望しながら。



昼頃、登山口。
日差し強く、熱された車の扉を開けると、一気に現実に引き戻される。
それでも、帰らねばならんのだ。



白毛門沢はコンパクトに楽しめる、オススメな1本。
こんどは、ジジ岩とババ岩の間を詰めてみても面白そうだ。
そんな風に思いながら、流れる雲を見上げた。


sak


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大井川西俣~小西俣~内無沢... | トップ | 紅葉の湿原 田代山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。